お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

セロトニンが増えると幸福感が高まる?増やす方法は?不足すると・・・

   

セロトニン 幸福感人が幸せを感じたときには、「幸せホルモン」と言われるセロトニンが分泌され、私達の幸福度に大きな影響を与えているといいます。そして現在の社会の中で、うつ症状になる方が増えているのは、このセロトニンが不足していることに原因があるとも言われているそうです。

そんな生きていくうえで欠かせないセロトニンについて、これが増えると本当に幸福感が高まるのか?セロトニンを増やす方法や、逆に不足するとどうなるのか?ご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

セロトニンを増やすと幸福感が高まるの?

幸せホルモンとして注目されているセロトニンですが、一体どんな物質なのでしょう?

実はセロトニンは、神経伝達物質の一種で人間の体内に存在しているといいます。そしてセロトニンが存在しているのは、胃・腸などの消化器系に約90%、血管内に約8%、残りの2%は脳内に存在しており、これが幸福感を高める役割をしているそうです。

また、セロトニンが作られる原材料は、トリプトファンという必須アミノ酸の一種であると言われています。トリプトファンは大豆製品や乳製品などに多く含まれており、ビタミンB6と結びつくことで、セロトニンに変化するそうです。※脳内に2%しかセロトニンがないのは、トリプトファンが脳へ届く量が少ないのが原因だそうです。

神経伝達物質の役割についても、人間が持っている感情は、脳にある神経細胞で電気信号が発生することで、感情が生まれるそうですが、この電気信号はとても複雑な組み合わせで出来ているそうです。まさに人間の脳は、とても高いスペックを持ったスーパーコンピュータのようですが、神経細胞で発生した電気信号は、実はそのままの状態では感情にならないといいます。

※私達が表す感情になるためには、神経伝達物質が他の神経細胞に感情を伝える必要があり、逆に神経伝達物質がない状態だと感情は生まれなくなるそうです。

感情がないと幸福感も生まれず、人間には絶対に必要な物質ですが、セロトニンを増やすとやる気・前向きな気持ちになるといいます。神経伝達物質にはもともと、前向きな感情を伝達する役割もあるそうなので、セロトニンを増やすことで、思考力や感情も前向きに明るくなることから、自然と幸福感が高まるといいます。

さらにセロトニンは、ある一定時間が過ぎるとメラトニンという睡眠ホルモンに変化するそうです。これにより、睡眠の質が良くなる・寝付きが良くなるといいます。また、セロトニンからメラトニンに変化する時間は、目覚めてから約15時間が経過した頃だそうで、例えば朝7時に目が覚めれば、夜10時を過ぎた頃からメラトニンに変化しはじめ、眠くなるといいます。しかし、起きる・寝る時間がバラバラな不規則な生活を送っていると、セロトニンの変化のバランスも崩れ、不眠などに繋がってしまうそうです。

他にも、脳にあるセロトニンが安定していると、性格も落ちついて穏やかになるそうで、人間の感情に大きな役割を果たしている神経伝達物質の中でも、特に重要な物質がドーパミンノルアドレナリンだといいます。

喜びや快感など、攻撃的な感情を起こすドーパミン。そして怒りや恐怖、不安といった感情を起こすノルアドレナリン。この2つの物質にセロトニンがあることによって、ドーパミンやノルアドレナリンが暴走しないようにブレーキの役割をしているといいます。また、セロトニンが増えることで脳内=感情のバランスも取れ、ドーパミンやノルアドレナリンの影響で感情が不安定にならず、気分も落ち着くそうです。

このことから、セロトニンが増えると幸福度が高まるのは本当のようです。

セロトニンを増やす方法は?

セロトニンを増やす方法は、誰でもすぐにできるそうで、

◆朝日を浴びる
朝目覚めたら、すぐに朝日を浴びます。朝の日差しを目で感じることで、目に近い脳も刺激され、セロトニンの働きも活発になるそうです。またセロトニンが増えやすい時間帯も、朝起きてから夕方頃だそうで、太陽が出ている時間に作られていき、夜は作られないようです。朝日を浴びる時間も4、5分でも良いので、なるべく起きた直後に浴びると効果があるそうです。

◆運動をする
運動をする中でも、一定のリズムを行うリズム運動が特に効果があるそうで、ウォーキングするにも同じテンポで歩く、あるいは同じテンポでペダルを回すような自転車運動も効果があるそうです。他にも、踏み台昇降運動もリズム運動なのでおすすめですが、こられのリズム運動も朝起きてすぐにやると、さらに効果が期待できるようです。

また、運動をする時間がない場合は、腹式呼吸も一定のリズムで行える運動になるのでおすすめです。腹式呼吸は腹筋を使い、地味な運動ではありますが見た目以上にハードです。ゆっくりとお腹を膨らませることを意識して息を吸い込み、ゆっくりと息を吐き出します。これをテンポ良く行うことで、体や頭もスッキリすることから、セロトニンを増やす方法として効果があるそうです。

◆人に会う
嫌いな人では、逆にストレスになってしまいますが、仲の良い人や好きな人と会うことで、セロトニンも活発になるそうです。※人と会う以外でも、ペットや動物と触れあうことでも効果があるそうです。

セロトニンを増やす方法には、運動以外でもビタミンB6やトリプトファンなどのセロトニンを作るための栄養素を摂取する必要もあるそうで、

◆ビタミンB6が含まれる食べ物(100gあたり)

・マグロ 0.85mg
・かつお 0.76mg
・牛レバー 0.89mg
・鶏胸肉 0.54mg
・ニンニク 1.50mg
・胡麻 0.54mg
・唐辛子 3.81mg

これらの食べ物は100gあたりの量ですので、例えば唐辛子を一気に100gも食べるのは無理なので、うまくバランスを取りながら、少しずつ食べていくのが良いそうです。

◆トリプトファンが含まれる食べ物(100gあたり)
人間の体を作るうえで大切な20種類のアミノ酸の中で、体内で合成できない物質に必須アミノ酸がありますが、トリプトファンはこの必須アミノ酸の一種だそうです。

体内で合成できない分、食べ物から摂取する必要があり、トリプトファンがなくなってくると、体調を崩す原因になるといいます。

トリプトファンが含まれる主な食べ物には、

・かつお 310mg
・すじこ 330mg
・牛レバー 290mg
・豚ロース 280mg
・鶏胸肉 270mg
・卵 211mg
・ナチュラルチーズ 320mg
・プロセスチーズ 290mg
・牛乳 40mg
・豆乳 55mg
・胡麻 370mg
・納豆 270mg

などがあり、肉や魚類には多く含まれていますので、運動と栄養を意識しながら、しっかりセロトニンを増やしていきたいですね。

スポンサードリンク

セロトニンが不足するとどうなるの?

セロトニンが増える分には良いですが、逆に不足するとどうなるのか?

まず不足してくると、怒りっぽくなる・キレやすくなるなど、セロトニンのブレーキがなくなるために、感情のバランスがうまく保たれなくなるそうです。

他にも、感情のバランスが崩れてくると、悩みや恐怖などの感情が出てしまい、このような状態が長く続き悪化するとになる可能性もあるそうです。しかし、鬱になるのはセロトニン不足だけが原因ではないそうですが、それでも鬱や精神的な病には、脳内のセロトニン不足が原因であることも多いといいます。

さらに、自分がやりたいという気持ちが抑えられなくなると、例えばお酒やギャンブルに走ってしまうなどの依存症になる恐れもあるそうです。感情が抑止できない理由も、やはりセロトニンが不足することで、ドーパミンが活発に働いてしまいます。その結果、快感などの攻撃的な感情を起こすドーパミンが、楽しかったことへの依存度をさらに深めてしまうのです。

セロトニンを不足させるのは、デメリットしかありませんので、できるだけ増やすことを意識するのが良いですよね。

まとめ

セロトニンは、ガムを噛むことでも、咀嚼(そしゃく)のリズム運動としてセロトニン神経が活性化されるそうです。よくスポーツ選手などが試合中にガムを噛んだりするのも、噛むという咀嚼運動によってセロトニンの分泌を促し、ネガティブになる気持ちを解消する目的があるといいます。

また、バナナにはトリプトファンやビタミンB6の両方が含まれていることから、バナナヨーグルトにして食べてもセロトニンの分泌を促してくれるそうです。

毎日の生活の中で朝日を浴びる。リズム運動をする。を意識しながら、食べ物からでもしっかりと栄養を摂って、セロトニン神経を活性化させていきたいですね。

スポンサードリンク

 - 生活・ライフスタイル , ,