お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

紫外線は抜け毛の原因になるの?対策法や紫外線量が多いのは夏以外にも・・・

   

紫外線 抜け毛シミ、そばかすの原因になる紫外線ですが、外に出れば必ず浴びてしまいます。それでも紫外線からお肌を守ってくれるUVカット効果のあるクリームを塗るなどをすれば効果的に紫外線をカットすることができます。しかし、お肌以外に実は、紫外線は抜け毛の原因になると言われているそうです。

そこで今回は、紫外線が髪に与える影響や対策する方法について。さらに紫外線量は夏以外にも多い時期があるそうなので、詳しく解説させていただきます。

スポンサードリンク

紫外線は抜け毛の原因になるの?

お肌に悪い影響を与える紫外線に含まれる、エネルギーの高い光の中で、髪に悪い影響を与えるのがUV-B波という光だといいます。このUV-B波を浴びることで、髪に含まれるメラニン色素が分解されてしまい、

・髪が抜ける
・髪が赤茶色になる
・抜け毛を光にあてて透かしてみると弱々しく、白っぽい色になる

などの影響が出てしまうそうです。

また、UV-B波によって染めていない黒髪も変色しやすくなり、ヘアカラーやパーマをしている方は特に、抜け毛の原因になりやすいそうです。カラーやパーマ液を使った髪は傷んでいることから紫外線に弱く、何もしていない髪と比べると変色や、毛が抜ける速度が早くなるといいます。そして、変色くらい大したことない!と放置していると、白髪が増える原因にもなり、注意が必要だといいます。

髪の毛は、アミノ酸システイン(タンパク質の一種)が結合することで生成され、紫外線はアミノ酸システインを分解してしまう効果があることから、髪に悪い影響を与えてしまうそうです。さらにアミノ酸システインの分解が加速すると、髪が弱くなる・枝毛・切れ毛の原因になるといいます。そして髪が弱くなると、抜け毛も増えてしまい、薄毛になってしまうそうです。

※紫外線に含まれるUV-B波は、髪に与える影響も大きいですが、頭皮にも大きな影響を与えてしまうそうです。

頭皮もお肌ですので、紫外線による日焼けは起きます。すると日焼けにより、頭皮が黒くなることもありますが、酷い状態になると日焼けのせいで赤く腫れてしまい、ヤケドのような症状になることもあるそうです。頭皮が傷つき、荒れてしまうと当然、毛根も傷んでしまうことから、新しく生える毛も弱くなるといいます。

抜け毛の原因を作らないためにも、髪はもちろん、頭皮にも気を使っていきたいですね。

紫外線対策はどうしたら良いの?

紫外線から髪を守るための紫外線対策としておすすめなのが、

◆UV対策のヘアケア用品を使う
UV対策効果の高い、スプレータイプのヘアケア用品はドラッグストアなどで手軽に購入できますので、髪にシュッと吹きかけておけば紫外線を防ぐことができるそうです。

◆頭皮に日焼け止めを塗る
そもそも頭皮に、体に塗る日焼け止めは使っても良いの?と思われるかも知れませんが、頭皮はお肌ですので、日焼け止めを塗っても問題はないようです。ちなみに日焼け止めは、肌が荒れにく成分で作られているので、頭皮にも優しいといいます。

しかし、日焼け止めを使う際の注意点として、顔や体用の日焼け止めには、紫外線の光を反射する紫外線散乱剤という成分が含まれていることから、白浮きしてしまいます。そしてこの成分が髪に付いてしまうと、白っぽくなることから日焼け止めを髪に直接塗るのは避けたほうが良いそうです。

塗る際は、髪の生え際・分け目などの地肌の部分に、顔用の日焼け止めを塗るのがおすすめです。

※お風呂で洗い流すときは、顔用タイプの日焼け止めは落ちにくいので、普段よりもシャンプーを泡立たせて、しっかり洗い流すようにしてくださいね。

◆帽子をかぶる
日焼け止めや、ヘアケア用品を使いたくない場合は、外に出るときは帽子をかぶることで紫外線対策ができるそうです。(髪や顔を守るために、ツバの広いタイプの帽子がおすすめです。)

また帽子をかぶる際は、髪をできるだけ帽子の中に入れるようにして、髪の長い方はまとめ髪にしてから入れると良いそうです。

※帽子だけでは紫外線を防ぎきれない日差しの強い日には、日傘を使うことで髪や顔の他にも、上半身の紫外線対策になるといいます。

スポンサードリンク

紫外線が多い時期はいつ?

紫外線が多い時期といえば、夏のイメージが強いと思います。夏でも特に、夏至といわれる1年の中で最も昼間が長く、太陽が最も高く上がる日は、太陽光も強くなりますので、紫外線量も多くなります。※ちなみに夏至は6月21・22日あたりだそうです。

そして、夏至以外でも5月~9月にかけても紫外線量は強いそうなので、注意が必要だといいます。また、紫外線量が多い時間帯については、朝9時~昼2時頃が特に多く、太陽の出ている位置が高ければ高いほど、紫外線は多く降り注ぐそうです。

また、天気が曇っているときや、雨が降っている場合でも、紫外線は降り注ぐといいます。雲によって紫外線量が軽減されることもあるそうですが、薄い雲ではあまり効果は期待できず、雨雲などの分厚い雲であれば、紫外線量はかなり軽減されるといいます。

それでも雨が降っている場合は、晴れている日の20~30%ほど、曇っている場合は晴れている日の50~60%ほどは紫外線が出ていますので、たとえ曇り・雨が降っていた場合でも、日焼け対策は必要だといいます。

まとめ

顔などの日焼け対策はしていても、髪や頭皮までの紫外線対策は忘れてしまいがちです。お肌の状態を美しく保つためにも、外に出る際はUV対策や帽子・日傘などを持って、紫外線を防いでいきたいですね。

スポンサードリンク

 - 美容・健康・ダイエット ,