お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

葛根湯はインフルエンザに効くの?妊婦さんが飲んでも大丈夫?

   

葛根湯 インフルエンザ風邪のひきはじめに飲めば、効果があるという葛根湯(かっこんとう)ですが、発症するとやっかいなインフルエンザには効果があるのでしょうか?

さらに妊婦さんが葛根湯を飲んでも大丈夫なのか?白湯(さゆ)で飲むと効果がある話についても本当なのか?調べてみました。

スポンサーリンク

そもそも葛根湯って何なの?

ドラッグストアでも風邪・インフルエンザが流行する時期になると、葛根湯エキスが配合された風邪薬などが並んでいます。過去にはインフルエンザ治療薬として、タミフルが話題になったこともありますが、副作用があることから、今はできるだけ副作用の少ない漢方薬のほうに注目が集まっているそうです。

数ある漢方薬の中でも葛根湯には、葛根・桂皮(けいひ)・麻黄(まおう)・大棗(たいそう)・生姜(しょうきょう)・甘草(かんぞう)・芍薬(しゃくやく)の7種類もの生薬が配合されており、風邪のひきはじめに良く効くといわれています。

他にも効能として、肩こり・頭痛・中耳炎・結膜炎・扁桃炎・蓄膿症や、発汗作用や鎮静作用、さらに下痢をともなう風邪にも効果があるといいます。※葛根湯は風邪薬と違い、眠気などの副作用もないそうです。

漢方薬は、副作用のリスクが少ないと言われていますが、全くないかと言えば、そんなことはないそうです。飲む前には、事前に薬剤師さんとしっかり相談した上で服用しないと、葛根湯が体質に合わない人が飲んでしまった場合に、食欲がなくなる・胃のムカムカ・吐き気。さらに酷くなると動悸息切れ・多汗・肝臓の障害などの副作用が出てしまう可能性があるといいます。

葛根湯はインフルエンザに効くの?

風邪のひきはじめによく効く葛根湯ですが、インフルエンザに効くの?については、飲むタイミングを間違わなければ効くそうです。※葛根湯は風邪の場合でも、あくまで体力がある、風邪をひいた初期の段階に飲むことで、効果を発揮してくれるそうで、熱が上がった段階で飲んでも効果はないといいます。

インフルエンザも風邪と同じように、初期段階で飲むことで効果があるそうです。※風邪やインフルエンザの初期段階に効く葛根湯ですが、予防効果は全くないそうです。

ちなみに、漢方医学の世界では、風邪やインフルエンザは分けずに、一緒のものとして考えているようで、風邪・インフルエンザになった人が葛根湯を飲む際に、まずは体質をみたうえで、どんな症状なのか?そしてどの症状の段階(初期・中期・後期)なのか?によっても、処方される漢方の種類も変わるそうです。※インフルエンザにかかった人によっても、体力がある・体力がない人によっても漢方薬の効き目が違ってくるといいいます。

他にも漢方医学は、季節によっても違いがあり、例えば葛根湯は冬になることが多い風寒型の風邪やインフルエンザにはよく効きますが、冬に飲んで効いたからと言って、夏の風邪やインフルエンザにも効くのか?と言えば、そうではないといいます。

夏の風邪やインフルエンザは、寒気がなく汗がにじむ。といった症状が出る場合が多いので、この症状のときは、葛根湯は使わないほうが良いそうです。また、インフルエンザの症状は初期段階か?熱が出る中期段階か?治りかけている後期段階か?によっても飲む種類も変わってくるといいます。※もともと漢方薬は、症状に合わせてオーダーメイドで作っていきますので、飲み方やタイミングさえ間違わなければ、非常に高い効果を発揮してくれるそうです。

インフルエンザに葛根湯を飲む際には、

・体力がある
・汗が出ていない
・胃腸が丈夫

のような状態で、寒気がする・肩や首がこる・頭痛などの、かかりはじめの初期段階に飲むと非常に高い効果を得られるといいます。(初期に葛根湯を飲んで、体が熱くなった状態ですぐに布団に入って寝たら、一晩で治ってしまう人も多いそうです)

逆に、体力がなく、汗が出ており、高熱が出てしまっては効果は得られないそうなので、飲む前にまずは、葛根湯を飲んでも良い状態なのかを、しっかり見極めることが大切だといいます。

スポンサーリンク

葛根湯は妊婦さんが飲んでも大丈夫?

妊婦さんの場合は、お腹の赤ちゃんへの影響を考えると、葛根湯を飲んでも大丈夫なのか?心配になると思いますが、飲んでも大丈夫だそうです。

葛根湯は比較的に効き目も穏やかで副作用も少なく、妊婦さんや授乳されている方が飲んでも大丈夫だといいます。※授乳中の方は、授乳が終わったあとに飲むようにして、4時間くらいは間を空けてから、また授乳するのが良いようです。

しかし、葛根湯を購入する場合は、種類によっても成分量などに違いがありますので、ごく稀に吐き気・発汗過多・食欲不振などの症状が出てしまうことがあるといいます。このような副作用が出た場合は、すぐに飲むのをやめて、病院で診てもらってくださいね。

また、葛根湯には発熱や発汗を促してウイルスを撃退する作用もあることから、妊娠された初期の体調がまだ不安定な時期は、飲まないほうが良い体質の方もいるそうです。

ドラッグストアなどで手軽に購入できる葛根湯ですが、種類やメーカーによっても成分や配合量が微妙に違っていますので、妊婦さんは特に、自分だけの判断で購入しないように、必ず病院の医師に相談して処方してもらったほうが良いといいます。

葛根湯は白湯で飲むと効果があるの?

風邪薬を飲む場合は、食後に飲むのが一般的ですが、葛根湯は食時をする30分前か、食事と食事の間に飲むのが一般的な飲み方です。特に葛根湯は、胃に食べ物が入っていない状態で飲むほうがより吸収され、効果が高くなるそうです。

また、葛根湯は風邪薬と一緒で、白湯で飲むのが良いと言われており、飲み方は、やかんに水を入れて10~15分ほど沸騰させます。(しっかり沸騰させることで、水に含まれる雑菌・不純物を除去することができるそうです)

その後は白湯に葛根湯を入れて、しっかり溶かすことで体への吸収を促進し、効果が高まるそうです。

白湯に入れる際は、まずは少量の白湯に葛根湯を入れて、ドロドロのペースト状になるまで溶かします。そして、残った白湯を入れて、しっかり溶かせば完成です。※白湯の温度が熱すぎる場合は、少し時間を置いて冷ますか、少し冷たい水を入れるなどの調整をして飲むと良いそうです。

お湯を沸騰させるだけで、簡単に飲むことができる葛根湯ですが、風邪薬と一緒に飲んでしまうと、効果がなくなってしまったり、ときには効き目が強く出すぎてしまう場合もあるそうなので、注意が必要です。

ちなみに、解熱鎮痛作用のあるロキソニンは、一緒に飲んでも大丈夫と言われていますが、それでも他の薬と一緒に飲む場合は、薬剤師や医師と相談してから服用するのが良いと思います。

まとめ

葛根湯はインフルエンザでも、ひきはじめの状態でこそ効果を発揮してくれます。それでも飲む前は、自分の体調が今どんな状態なのか?把握してから飲んで、しっかりと治していきたいですね。

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット ,