お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

ひろしまフラワーフェスティバルの日程や見どころは?アクセスは?

      2017/03/28

ひろしまフラワーフェスティバル 日程5月のゴールデンウィークには、全国でさまざまな楽しいイベントが開催されます。中でも広島県広島市で毎年開催されるひろしまフラワーフェスティバルには毎年160万人以上の観光客が訪れ、日本の祭りの中でも最大級の動員数を誇るイベントだといいます。

そんな春の広島を代表するお祭り、ひろしまフラワーフェスティバルについての詳しい日程や見どころ、アクセスについてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

ひろしまフラワーフェスティバルとは?

2017年で41回目を迎えるひろしまフラワーフェスティバルは、1977年から広島市で始まり、今や「博多どんたく」と並ぶ、最大級の動員数を誇るイベントだといいます。

毎年、ゴールデンウィークの期間中に平和記念公園や平和記念通りをメイン会場として開催されますが、ひろしまフラワーフェスティバルが始まるきっかけとなったのは、「広島東洋カープ」にあるそうです。

1975年にセリーグ優勝を果たした広島東洋カープは、平和大通りにて優勝パレードを行い、なんと30万人もの人が集まったそうです。そして、この動員数を見た中国新聞社が中心となり、商工会や市側と話し合いを重ねた結果、1977年に第1回目のひろしまフラワーフェスティバルが開催されたといいます。※この年のイベントでも、3日間でおよそ125万人以上もの人が集まり、大成功を収めたそうです。

また、フラワーフェスティバルという名称だけあって、開催当初はミスフラワーとして3人の美女を選出し、イベントに花を添えていたそうですが、1991年以降はミスコン批判が高まったことにより、フラワークイーンという名前に変わったようです。

ひろしまフラワーフェスティバルの日程は?

毎年、ゴールデンウィーク期間中の5月3日~5日の日程で開催されるひろしまフラワーフェスティバルですが、

2017年も5月3日(水)~5日(金)の日程で開催されます。

イベントは、広島平和記念公園と平和大通りをメイン会場として行われ、ひろしまフラワーフェスティバルには開催当時から、

・ 広島を花と緑と音楽のあふれる都市にしよう
・ 平和に生きることのすばらしさと尊さを、参加者みんなで分ち合おう
・ 広島から世界へ、豊かな生活文化と、温かい人間関係の交流を呼びかけよう

との理念があるそうで、全ての人が笑顔に、そして幸せであって欲しいと願う平和の街・広島の願いでもあるといいます。

また、ひろしまフラワーフェスティバルでは毎年、一般公募によって年ごとのテーマを決めているそうで、第6回目から始まった1982年には「躍動美の創造」というテーマで、そして2016年のテーマは「未来へつなぐ、花と笑顔の40年」という素敵なテーマになっています。

スポンサードリンク

ひろしまフラワーフェスティバルの見どころは?

ひろしまフラワーフェスティバルの1番の見どころは、5月3日の初日に行われる「花の総合パレード」だといいます。

午前11時頃に、平和記念公園に作られた花の塔にて、平和の炎が灯されるのを始まりとして、豪華に装飾されたパレードカーや、鮮やかな衣装や演出に花をあしらった89団体・約9000人がおよそ1.2キロの平和通りをパレードするそうです。

毎年、見ている人を巻き込んでの大盛り上がりで、まさにフェスティバルにふさわしい、見どころいっぱいのパレードだといいます。

そして、もう1つの見どころで5月5日の最終日に行われる「きんさいYOSAKOI」では、午前11時頃から平和大通りと、平和記念公園のカーネーションステージで演舞が行われ、毎年100チームほどが参加してイベントの最終日を盛り上げてくれます。

他にも、ひろしまフラワーフェスティバルの期間中には、さまざまイベントが企画されており、例えば平和記念公園のステージにて、歌や吹奏楽の演奏会などが披露されるそうで、他にも80以上ものイベントスペースの中には、美味しい物が食べられる試食会や試供品がもらえるなど、楽しいイベントが盛りだくさんだそうです。また、広島カープで活躍する選手のトークショーも開催されるそうです。

※ひろしまフラワーフェスティバルでは毎年、スペシャルゲストとして芸能人もゲストとして来るそうで、過去には長州小力、ベッキー、三倉茉奈・三倉佳奈、ジェロ、Perfume、May J.、奥田民生などがイベントを盛り上げたそうです。

2017年は誰が来るか?まだ発表されていませんが、今回で41回目を迎える伝統のイベントですので、どんな豪華なゲストが来るのか?非常に楽しみですよね。

ひろしまフラワーフェスティバルのアクセスは?

ひろしまフラワーフェスティバルのアクセスは、

◆東京発の飛行機でアクセスする場合
羽田空港~空路~広島空港~連絡バス~JR広島駅~路面電車~袋町駅。
※袋町駅で降りるとすぐの場所に平和大通りがあります。

◆新幹線でアクセスする場合
・名古屋発:名古屋駅~新幹線~広島駅~路面電車~袋町駅。
・大阪発:新大阪駅~新幹線~広島駅~路面電車~袋町駅。
・福岡発:博多駅~新幹線~広島駅~路面電車~袋町駅。

車でアクセスする場合は、ひろしまフラワーフェスティバルの会場となる平和大通りは、イベント開催中は歩行者天国となるために、駅前通り付近~西平和通り付近までの間は、朝10時45分~夜7時頃まで、車の通行はできないそうです。

そのため、できるだけ車を使うよりも公共機関を利用して移動するのが良いようです。

住所:広島県広島市 平和大通り
お問い合わせ:082-294-4622(ひろしまフラワーフェスティバル実行委員会企画実施本部)

※どうしても車で行きたい場合は、広島市の中区基町にある有料駐車場に停めるのが良いそうで、

・基町市営駐車場(朝7時30分~夜12時まで)
30分180円(最大料金1800円)で約476台駐車可

・中央市営駐車場(朝6時30分~夜12時まで)
30分180円(最大料金2000円)で約406台駐車可

それでも、歩行者天国の時間には注意して車で行くようにしてくださいね。

まとめ

広島を代表する5月の一大イベントとして、ひろしまフラワーフェスティバルが毎年行われますが、パレード終了後は歩行者天国にもなるそうで、たくさんのステージやパフォーマンスも開催されるといいます。

また、きんさいYOSAKOIやパレード中は、普通に歩くことができない程に混雑するそうなので、小さいお子さんや赤ちゃんを連れて行く際は、パレードがない2日目なら、比較的余裕をもって歩くことができるそうです。

とにかくパワフルで楽しいひろしまフラワーフェスティバルに、ぜひ1度は足を運んで参加してみたいですね。

スポンサードリンク

 - 5月の行事 ,