お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

鯉のぼりをこどもの日にあげるのは何故?起源や色の意味は?

   

鯉のぼり こどもの日5月5日のこどもの日に、端午の節句として鯉のぼりをあげる方もいらっしゃると思います。子供の頃は、鯉のぼりをあげるのは普通のことと思っていたのですが、大人になってからふと、どうして鯉のぼりをあげるんだろう?と疑問に思いつつ。

そこで今回は、鯉のぼりをこどもの日にあげる理由や起源、色の意味について調べてみました。

スポンサードリンク

鯉のぼりをこどもの日にあげるのは何故?

屋根より高い 鯉のぼり~♪と童謡にもなり、日本の歌百選にも入っている「こいのぼり」ですが、こどもの日に鯉のぼりを何故あげるのでしょうか?

歴史をさかのぼっていくと、江戸時代に武士の家では、跡取りとなる男の子が生まれると、玄関先に鯉のぼりを飾る習慣があったといいます。この習慣も元は、徳川幕府の将軍に男の子が生まれると旗指物(はたさしもの)と呼ばれる家紋のついた旗や幟(のぼり)などを立てて祝う風習があり、それが武士の間にも広まっていったそうです。

そして、このときはまだ鯉のぼりではなく、のぼりを立ててお祝いていたそうで、

・男の子の無事や健康、成長を神様にお願いする。
・男の子が生まれたことへの感謝の気持ちを神様に伝える。

などの願いをこめて、のぼりを立てていたといいます。そして、武士から次第にこの風習は庶民の間にも広がっていき、のぼりが鯉のぼりに。そして素材も紙から布へと変わっていったのでは?と考えられています。

こどもの日に鯉のぼりをあげる理由については、端午の節句である5月5日は別名、菖蒲(しょうぶ)の節句とも言われているそうで、強い香りで厄払いの効果があるとされる菖蒲やよもぎを家の軒につるし、そして菖蒲湯に入ることで無病息災を願ったといいます。 また、菖蒲を尚武(しょうぶ:武道や武勇を重んじること)という言葉にかけ、男の子の誕生と健やかな成長を祝う「尚武(しょうぶ)の節句」でもあるといいます。

実は、端午の節句は奈良時代から古く続いていた行事だそうで、当時は月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味から、5月が端午の節句ではなかったそうです。しかし、午(ご)と5月の五(ご)が同じ発音だったことから、毎月5日を指すようになり、それがやがて5月5日になったと伝えられています。

そして江戸時代になると、徳川幕府にとって重要な日が5月5日に定められ、戦後に5月5日はこどもの日=祝日となったそうです。

現在でも、子供の健康・成長を願う日として、鯉のぼりをあげる風習は続いているといいます。

鯉のぼりの起源は?

鯉のぼりの起源の起源については、鯉のぼり(鯉幟)は別名、皐幟(さつきのぼり)や鯉の吹き流しとも言われるそうで、実際の形はのぼりではなく、吹流しの形をしています。そして、江戸時代に武士の風習であった旗指物(はたさしもの:鎧の背中にさし、戦場での目印にしていたのぼり旗)が起源となり、鯉のぼりが誕生したと言われています。

武士の間では、端午の節句に戦場で使っていた旗指物を虫干し(むしぼし:日光に当てることで、カビや湿気、虫くいを防ぐこと)をかねて飾る風習があったそうです。やがてこれが庶民の間にも広がっていき、端午の節句には「節句のぼり」として立てられるようになったようです。

また、武士が飾ったものは家紋のみの、非常にシンプルなのぼりだったそうで、これとは反対に庶民ののぼりは、子供の健康・成長を願う意味がこめられ、武者の絵が多く描かれたことから、「武者のぼり」とも言われるそうです。

さらに、武者のぼりから進化した、立体表現の鯉のぼりが明治・大正時代に主流となっていき、その理由に、明治維新が起きた以降は、伝統的な画法を持っていた絵師が減ったことが影響しているようです。しかし現在でも、鯉のぼりはもちろん、武者のぼりも、日本の伝統文化を守るものとして、長く受け継がれてきたといいます。

スポンサードリンク

鯉のぼりの色の意味は?

江戸時代の中期頃になると、のぼりは武者の絵から「鯉の滝昇り」になったといいます。鯉の滝昇りは、数多く存在する魚のなかで滝を昇ったとされる鯉が、やがて竜になったとされる中国の伝記「登竜門」にちなんだ、立身出世のシンボルとされています。そして、鯉が滝に昇る・竜になって天に昇るという意味からも、子供が立派に育ってほしいという願いも込められているそうです。

鯉が描かれるようになると、のぼりの形も吹き流し形に変わっていき、武者のぼりとは違う、鯉のぼりとなっていったそうです。また、鯉のぼりを飾ったときの、1番上の部分にある吹き流しの色には、赤・青・黄・白・黒の5色がありますが、色の意味については中国古来の「陰陽五行説」に関係があるといいます。

陰陽五行説には、この世は陰と陽の2つの気や、木・火・土・金・水の五行で、全てが成り立っていると考えられており、吹き流しで使われている色を陰陽五行説にあてはめると、赤は火、青は木、黄は土、白は金、黒は水を意味するそうです。

また、陰陽五行説は色の他にも、季節や方角、人間の人徳や感覚器官などのさまざまな事が関係しているようで、

◆五行
木・火・土・金・水

◆五色
青・赤・黄・白・黒

◆五方
東・南・中・西・北

◆五時
春・夏・土用・秋・冬

◆五常
礼・仁・義・智・信

◆五感
目・舌・口・花・耳

◆五獣
青龍・朱雀・麒麟・白虎・玄武

吹き流しで使われる5色は、色彩認識や染料の関係により、黒は紫、青が緑になる場合が多いようで、赤・緑・黄・白・紫になることもあるそうです。

鯉のぼりの色の意味については、

◆真鯉(黒)=父親
五行説で黒は冬で、水を表しています。冬は堅く閉ざされた寒い季節でもあるので、生物のほとんどが活動を停止する時期です。水は生きる物にとって絶対に必要な命の源であります。そして、この寒くて辛い時期でもどっしりと構え、家族の大黒柱としての父親=真鯉を表しているそうです。

◆緋鯉(赤)=母親
赤は夏で、火を表しています。夏は生命をはぐぐむ季節であり、人間が手に入れた火によってもさまざまな文明や知恵を生み出していきました。このことからも火は知恵を象徴するものとして、家庭を守る・子供を生み育てる存在として母親=緋鯉(ひごい)を表しているそうです。

◆子鯉(青)=子供
青は春で、木を表しています。春は、生命が伸び伸びと活動し始める季節で、その中でもすくすくと真っ直ぐに育っていく木に、子供もすくすく育つようにとの願いを表したものが子供=子鯉になるといいます。

ちなみに江戸時代の鯉のぼりは、真鯉だけしかなく、緋鯉はもともと錦鯉を真似たもので、明治時代から出始めたといいます。しかし、当時の緋鯉は母親ではなく、子供を表していたそうで、昭和時代に入ってから母親=赤、子供=青となったようです。

※鯉のぼりの色自体は、真鯉=黒色と決まっているだけで、他の色は絶対に赤・青でなければいけない!という決まりはないそうです。

まとめ

昔から子供を想う親の愛情は変わらず、それが今でも日本の伝統文化として受け継がれている素敵な風習ですので、鯉のぼりをあげる際は、ぜひ子供にも、鯉のぼりの起源や意味なども一緒に伝えていきたいですね。

スポンサードリンク

 - 5月の行事