お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

シアバターって何?効能は?副作用はないの?

   

シアバターって何?乾燥したお肌に効果があると言われているシアバターですが、海外などの一部の地域によっては、赤ちゃんの体に塗る習慣があるそうです。日本ではハンドクリームに配合されていたりと、スキンケアに関心がある方ならシアバターという言葉を目にする機会も多いかも知れません。

そこで今回は、シアバターってそもそも何?効能や副作用はないのか?お伝えさせて頂きます。

スポンサードリンク

シアバターって何?

シアバターって何?については、アフリカ諸島(ガーナ・ナイジェリア・マリなど)に生息している「シア」という木の種子から採取された、非常に保湿力の高い植物性油脂がシアバターだといいます。(シアの木から採れる、梅の実くらいの大きさの種子を割ると、中にはアーモンドくらいの大きさの種が入っており、この種から油脂を抽出したものがシアバターになるそうです。)

※シアバターは常温の状態では固形となるためにオイルではなく、バターと呼ばれるそうです。

また、シアバターが摂れる地域では、古くから薬として愛用されおり、火傷・ケガの治療や痒み止め、他にも日焼け止めに使われるなど、まさに万能の薬として使われているようです。日本で使われるシアバターは、ハンドクリームに配合されているものが多いですが、なかにはシアバターを100%使った商品もあるそうです。

100%に近い未精製のシアバターになると、薄い茶色ががった色をしていて、ココナッツのような甘い香りがするそうです。それとは反対に精製されたものになると、不純物を取り除く過程で、色・香りも取り除かれてしまうために色も白くなってしまうようです。

特に100%のシアバターは、香りの好みが人によって分かれますので、香りが苦手な方は白いものを使うのが良いそうです。

シアバターの効能は?

シアバターは「ステアリン酸」や「オレイン酸」という物質が主成分となっており、他にも脂肪酸であるパルミチン酸やリノール酸という物質も含まれているそうです。

効能についても脂肪酸は、人間の皮脂によく似た成分であることから、お肌に塗っても馴染みやすく、さらに保湿力も長時間キープできるといいます。

また、ステアリン酸は抗酸化作用があり酸化しにくく、乾燥からお肌を守る効果が。オレイン酸はお肌に馴染みやすく、乾燥肌のせいでなくなった皮脂を補う効果があるそうです。※ステアリン酸やオレイン酸には紫外線を防止する効能も、多少ですがありますので、敏感肌な方の日焼け対策にもなるといいます。

さらに微量美容成分として、

◆トコフェロール
天然由来のビタミンEであるトコフェロールが含まれていることから、美容効果やお肌の老化防止が期待できるそうです。

◆カロチノイド
乾燥や荒れてしまったお肌を元の健康な状態に戻す手助けや、皮膚・粘膜の再生を促してくれるそうです。

◆トリテンペンアルコール
お肌を柔らかくして、保湿性にも優れているそうです。

◆アラントイン
肌荒れの自然治癒力を高める効果があり、さらに保湿しながら肌荒れを治してくれるそうです。

シアバターにはさまざま効能が多く含まれていますが、実はお肌以外にも、髪の毛や頭皮に塗っても効果があるといいます。

シアバターに含まれる成分は、髪の毛にも浸透しやすく、パサつく髪に塗ることで潤いが生まれ、しっとり感も長くキープできるそうです。また、頭皮の乾燥によって出てしまうフケ対策にも、シアバターを塗ることで頭皮も潤い、フケも出にくくなるといいます。

スポンサードリンク

シアバターの使い方は?

シアバターの使い方については、まず少量を手にとり、少し手で温めてからお肌に薄く塗るのが良いそうです。また、シアバターは少量で十分なので、つけ過ぎないように注意しながら、薄く塗り伸ばします。※顔に塗るときの目安としては、1円玉ほどの大きさを目安にして、少しずつ塗っていきます。

シアバターを使うタイミングは、いつでも大丈夫ですが、特に効果的なのが入浴後に使うのが良いそうです。お風呂からあがった後のお肌は乾燥しやすいために、できるだけ早く塗るのが良いそうです。

特に頭の臭いなどが気になる場合は、シアバターをお風呂に入る前の濡れていない頭に1円玉ほどの大きさを塗って優しくマッサージします。さらに髪にシアバターがなじんできたら蒸しタオルを頭に乗せて、約10分ほど置いておけば、頭皮の毛穴が開くことで、皮脂の汚れが落やすくなるそうです。

入浴後も、髪をタオルでふいた後に少量のシアバターを頭皮全体に塗ってから軽くマッサージをしてあげると、頭皮が保湿されることからケ予防にもなるそうです。※つけ過ぎは頭皮が脂っぽくなりますので注意してください。

髪の毛もタオルでふいた後に、髪の先端5~10センチ程を目安にして、シアバターを少量塗ってなじませます。それからドライヤーをかけて乾かしても、ドライヤーの熱から髪を保護しつつ、しっとり髪になるそうです。しかし、髪に塗る場合もつけ過ぎには注意してくださいね。

シアバターの副作用はないの?

シアバターには高い保湿力がありますが、他にも抗炎症作用もあることから、ニキビなどのお肌トラブルにも効果や、他にもお肌の酸化を防止する作用により、シミ予防の効果もあるそうです。

色々な効果が期待できる反面、シアバターを使うことによって副作用はないの?と心配になる場合もあるかも知れませんが、副作用の心配は限りなくゼロだといいます。

もともと天然の植物由来しかシアバターには含まれておらず、お肌に副作用が出ることは、まずないそうです。それでも注意点としては、シアバターでも保存料が含まれているものを使用した場合、多少ですが副作用が出てしまうリスクもあるといいます。

特にアトピー性皮膚炎などの症状がある方は、もともとの皮膚の抵抗力が弱まっていますので、症状が悪化する場合があるそうです。また、乾燥を防ぐために顔に塗った場合でも、お肌の状態によっては痒みなどの症状が出てしまうケースもあるようです。

しかし、100%のシアバターを使っている方の中で副作用が出た!という報告はないそうなので、気になる場合はできるだけ100%のものを使うのが良いと思います。

まとめ

シアバターを使う際は、塗り過ぎだけには注意しつつ、少量でもかなりお肌に伸びますので、敏感肌であまりスキンケアが行えない方でも、100%のシアバターであれば大きな効果が期待できるそうです。

特に乾燥する季節はお肌や髪にも塗りつつ、しっかり体を保湿しながらケアしていきたいですね。

スポンサードリンク

 - 美容・健康・ダイエット ,