お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

小学校の入学祝いのお返しは必要?する場合の相場や時期は?

   

小学校 入学祝い4月から小学校にあがるお子さんの為に、親しい方や親戚の方などから入学祝いを頂くことがあると思います。しかし、お祝いを頂いた後のお返しについては、「必要ない」という一方で「ちゃんとお返しはするべき」という意見もあります。

そこで今回は、小学校の入学祝いのお返しは本当に必要なのか?もし、お返しをする場合の相場や時期についても調べてみました。

スポンサードリンク

小学校の入学祝いのお返しは必要?

小学校にあがるお子さんが入学祝いを頂いた際は、基本的にはお返しは必要ないといいます。

入学祝いそのものも、小学校にあがるお子さんに対してのお祝いですので、頂いたお子さんは経済的にお返しができないことから、お返しは必要ないとされているようです。

また、お祝いをしてくださるのも親戚などが多いと思いますので、入学祝いを頂いた際は、お返しは必要でなくてもお礼の言葉を、お子さん本人の声で伝えるようにすると良いそうです。

メールでお礼を伝える手段もあると思いますが、できるだけ電話をして本人の口から感謝の言葉を伝え、さらに入学式で撮った写真や短い言葉でも良いので、お礼の手紙を添えて後日送れば、より喜ばれるかと思います。

※基本的には、小学校にあがるお子さんの入学祝いは必要ないとされていますが、地域や各家庭の習慣によっては、お祝いを頂いた感謝の気持ちとして、お返しをする場合もあるそうです。

お返しをした方が良いのか?迷われる場合は、周りの意見などを参考にしつつ、決めるのが良いかと思います。

※知人などから頂いた場合でも、その方にも近い歳のお子さんがいるのなら、その場でお返しはしなくても、その方のお子さんが小学校に入学された際にお祝いを贈れば良いそうです。

入学祝いのお返しをする場合の相場は?

入学祝いのお返しをする場合の相場については、頂いた金額の半額~3分の1程度を目安にして、品物を選ぶと良いそうです。

お返しをする品物を選ぶ際は、家庭用品のセットなどの消費しやすい物や、クッキーなどのお菓子で日持ちする物を選ぶのがおすすめだそうです。※最近ではバラの花束に手紙を添えて贈るのも人気があるといいます。

しかし、入学祝いを頂いた金額が高額だった場合は、いくら相場が頂いた金額の半額~3分の1程度だとしても、お返しの品物を選ぶのが大変になってしまいます。このような場合は、ギフトカードでお返しをするのが良いそうです。

基本的には、入学祝いのお返しは必要ないとされていますので、あくまでお礼の気持ちとして、プチギフトという感覚で選びつつ、相手先が喜んで頂けるような品物を贈るのが良いかと思います。

スポンサードリンク

入学祝いのお返しをする場合の時期は?

入学祝いのお返しをする場合の時期については、お祝いを頂いてから1週間前後が理想だといいます。

それでも遅くとも、お子さんの入学式が終わった1週間以内にはお返しをするのが良いそうです。

また、入学祝いのお返しを贈る際は、商品に「のし」をつけるのを忘れないようにして、のしには「内祝い」と「お子さんの名前」を書いておきます。

のし

※水引きは、白赤の蝶結びのタイプの物を使用します。

まとめ

入学祝いのお返しをする際も、最低限のマナーや形式はあるかも知れませんが、お子さんの成長を見守ってくれたことへの感謝の気持ちを伝えるのが1番ですよね。

言葉で「ありがとう」と伝えつつ、感謝の気持ちを手紙に書いて贈れば、さらに気持ちが伝わると思います。

スポンサードリンク

 - 4月の行事, イベント ,