お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

一心行の大桜の由来は?開花状況やアクセスは?

   

一心行の大桜 由来熊本県にある一心行の大桜(いっしんぎょうのおおざくら)は、桜の名所の1つとして、満開になる時期には全国から大勢の観桜客が訪れるそうです。

毎年見事な花を咲かせ、樹齢400年以上と言われる日本屈指の名木である一心行の大桜ですが、詳しい由来や開花状況、アクセスについて解説させて頂きます。

スポンサードリンク

一心行の大桜の由来は?

熊本県阿蘇郡南阿蘇村(旧白水村)にある一心行の大桜は、ヤマザクラという品種の桜で、樹齢400年以上、高さは14メールほど。長く伸びた枝張りは東西に21.3メートル・南北に26メートルも伸びており、幹の周りも7.35メートルという、まさに名木と呼ぶにふさわしい大きな桜です。

1991年の11月11日には「ふるさと熊本の樹木」に登録された一心行の大桜ですが、多くの観桜客が訪れるようになったのは、1999年にテレビ朝日の『ニュースステーション』で、一心行の大桜が夜桜中継として放送されたことがきっかけとなりました。そして放送されて以来は、たくさんの人が来るようになったそうで、今では毎年約20万人以上もの人が訪れるという桜の観光名所となったそうです。

全国的に桜の名所として有名な一心行の大桜ですが、この桜の木が誕生した由来には、戦国時代に峯村(みねむら:現在の南阿蘇村)を治めていた武将・中村伯耆守惟冬(なかむらほうきのかみこれふゆ)にあるといいます。

当時、中村伯耆守惟冬は峯村に築城された鶴翼城(かくよくじょう)に住み、さらに熊本県の三角にある矢崎城の城代(じょうだい:大名から城や周辺の領土の守りを任された家臣のこと)を兼任していたといいます。ところが1580年(天正8年)に起きた、薩摩の島津氏との戦いにより、中村伯耆守惟冬は矢崎城にて戦死。

これにより残された妻子や生き残った家臣たちは、密かに故郷である峯村に戻り、戦死した中村伯耆守惟冬や家臣の御霊を弔うために、桜の苗木を植えたそうです。その際に、「一心に行をおさめた」ということから「一心行」の名前がつき、それが一心行の大桜の由来となっているそうです。

また、昭和初期になると落雷により、一心行の大桜の幹が6本に裂けてしまったそうですが、その結果、ドーム型に広がる現在のような美しい形となったといいます。

しかし、2004年に上陸した台風16号、18号の影響により、4本の主幹のうちの2本が折れてしまい、ドーム型ではなく現在はM字型となってしまったそうです。他にも台風被害などによる傷や空洞化、腐食菌による被害が多発しており、少しでも被害を抑えるために「くまもと緑の財団」による養生が行われているそうです。

※現在は、中村伯耆守惟冬の直系の子孫が墓地と共に、一心行の大桜を所有しているそうです。(一心行の大桜は、中村伯耆守惟冬が眠る墓地内の菩提樹になっています)

一心行の大桜の開花状況は?

一心行の大桜の開花状況は、年々開花する時期が遅くなっているという話もありますが、

例年でみると3月下旬~4月上旬が1番の見頃となるようです。

近年の開花状況を振り返ってみると、

2011年:開花日4月6日 満開日4月10日
2012年:開花日4月4日 満開日4月10日
2013年:開花日3月23日 満開日3月29日
2014年:開花日3月28日 満開日4月2日
2015年:開花日3月30日 満開日4月3日

以前は、一心行の大桜の開花状況はRKK熊本放送のライブカメラにて、桜の様子をチェックすることができましたが、現在はカメラを見ることはできないようです。

詳しい開花状況を知りたい場合は、『サクラ情報テレホンサービス:0967-67-3321(問い合わせ時期は3月上旬~4月中旬まで)』で確認できるそうです。

スポンサードリンク

一心行の大桜の見どころは?

一心行の大桜の見どころは、やはり大きな一本桜に咲くヤマザクラの迫力ある景色や、この場所は菜の花が同時期に咲くことから、菜の花が落ちて美しい絨毯を作り出し、その真ん中にそびえ立つ一心行の大桜の風景はまさに見どころ十分だといいます。

他にも一心行の大桜の開花時期に合わせ、毎年「南阿蘇さくら植木まつり」が開催されるそうです。まつりは例年3月下旬~4月上旬に開催され、満開になった3日間は19時~21時まで夜桜が見られるように、ライトアップも実施されるそうです。

また、一心行の大桜がある周りは、現在は公園となっており、桜の木がある周辺は広い芝生がありますので、レジャーシートなどを広げてゆっくりお弁当でも食べながら、花見をすることができるそうです。

園内にも露店・物産店が複数出店していますので、熊本の美味しい名物品を食べることもできるそうです。

一心行の大桜のアクセスは?

一心行の大桜のアクセスは、

◆電車でアクセスする場合
南阿蘇鉄道中松駅から徒歩で約15分

◆車でアクセスする場合
・九州道熊本ICから国道57号・325号経由で約1時間
・九州道益城熊本空港ICから約1時間

駐車場は、桜が咲く期間中は臨時駐車場を含め、およそ500~700台ほど停められるそうです。また、園内への入場料は無料ですが駐車場は協力金として、普通車500円・バイク200円・マイクロバス2000円・大型バス4000円が掛かるそうです。

車で一心行の大桜を見に行く際は、やはり開花の時期は渋滞が予想され、できるだけ混雑を避けたい場合は、午前中の朝一番に現地に着くのが良いそうです。※平日でも朝10時を過ぎる頃には渋滞するようです。

住所:熊本県阿蘇郡南阿蘇村中松3226-1
お問い合わせ:0967-67-1111(南阿蘇村役場)※月曜~金曜日 8時30分~17時15分(祝日・年末年始を除く)

まとめ

台風などの被害により、大切な幹の部分が折れてしまったりと大変な時期もありましたが、それでも毎年見事な花を咲かせてくれる一心行の大桜。

地元の方々も、この大切な宝を見守り保護してくださっていますので、見に行く際は感謝の気持ちを忘れないようにしつつ、美しい姿を見学したいですね。

スポンサードリンク

 - 3月の行事, 4月の行事 , ,