お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

赤ちゃんの花粉症は何歳から発症するの?予防や治療法は?

   

赤ちゃん 花粉症目の痒み・鼻水など、花粉が飛ぶ時期はとても辛い症状が続きます。私たち大人にとっても発症したくない花粉症ですが、最近では子供の花粉症も増えているといいます。特に生まれて間もない赤ちゃんも花粉症になるのでは?と心配される親御さんも多いと思います。

そこで今回は、赤ちゃんの花粉症は何歳から発症するの?予防する方法や、もし花粉症になってしまった場合の治療法について解説させて頂きます。

スポンサードリンク

赤ちゃんの花粉症は何歳から発症するの?

生まれて間もない赤ちゃんが花粉を吸ったとしても、一般的には花粉症にならないと言われているそうです。

しかし、花粉が体内に入ってしまうと、花粉に対して免疫機能がこれを退治するために「IgE抗体」という、アレルギー反応に関わる物質が作られるといいます。このIgE抗体が過剰に反応してしまうことで、花粉症のアレルギー反応が起きてしまうようです。※体内でIgE抗体が作られるかどうかについては、遺伝・環境の変化など、人によって違うそうです。

もともとアレルギー抑制遺伝子を持っている方なら、IgE抗体が作られるのを抑えられるために、花粉症などのアレルギー症状が出にくくなるそうで、逆にアレルギー抑制遺伝子を持っていない方は、アレルギー体質ということで花粉症になりやすいといいます。それでも、花粉が体内に入り、IgE抗体が作られたからと言ってすぐに花粉症になる訳ではなく、IgE抗体が体内に少しずつ蓄積されていき、ある一定量を超えることで花粉症になるそうです。

体内でIgE抗体が蓄積され、一定量を超えることで花粉症になることから、生まれたばかりの赤ちゃん(0歳児)なら1度の花粉シーズンを迎えただけでは、花粉症は発症しないそうです。

ただ、最近では花粉症を発症するサイクルが早くなっているそうで、1歳を過ぎた赤ちゃん(乳幼児)でも花粉症の症状が出てしまうケースもあるといいます。

赤ちゃんの花粉症を予防するには?

大人でも花粉症になると辛いですから、可愛いお子さんが花粉症になってしまったら大変ですよね。

そこで赤ちゃんを花粉から守るための予防策として、

◆室内で予防する
花粉は室内に居ても入ってきますので、窓を開けて換気する場合はできるだけ短時間にしておき、加湿機能付きの空気清浄機があると、さらに花粉症を予防することができるそうです。花粉は空気が乾燥している状態だと舞いやすくなるために、加湿機能付きの空気清浄機で室内を50~60%ほどの湿度に保つことで、花粉が舞いにくくなるようです。※床に花粉が落ちていますので、こまめに部屋の掃除を行うのも大切だといいます。

また、洗濯物や布団を外に干した場合も、花粉は付いてしまいますので、室内に取り込む前には必ず、よく払っておくのが良いそうです。

◆服で予防する
外出する際は、できるだけ花粉が付きにくい、表面がツルツルしたナイロン・ポリエステルなどの素材の服を着るのが良いそうです。逆にウール素材のものは毛羽立ち・摩擦によって静電気が発生し花粉が付きやすくなるそうで、フードやファーがある服も花粉をためてしまうため、避ける必要があるといいます。

外出する時間についても、なるべく午前中が良いといいます。理由は、花粉は「晴れた日の午後」に飛ぶ量が多い傾向にあるようで、他にも風が強い日も飛びやすいことから、午前中や風が強い日はなるべく外出は控えたほうが良いそうです。※帰宅した際は玄関先で、服や帽子についた花粉をパパッと払って、必ず手洗い・うがいをして花粉をできるだけ室内に持ち込まないようにします。

◆乳酸菌で予防する
乳酸菌には、花粉症の症状を和らげる働きがあるといいます。特に離乳食が始まった赤ちゃんには、ご飯やおやつの時にヨーグルトを食べることで、花粉症になりにくいと言われているようです。※授乳中の赤ちゃんの場合は、乳製品を摂るとノドに詰まりやすいため注意してくださいね。

スポンサードリンク

赤ちゃんの花粉症の治療法は?

赤ちゃんが花粉症になってしまうと、目の痒み・充血、鼻詰まりや鼻水など、大人と同じような症状が出てしまうそうです。しかし、赤ちゃんが花粉症になっても言葉を話せないため、例えば花粉が飛ぶ時期になると目を痒そうにこする、外出した途端にクシャミが多くなるなど、親御さんはお子さんの仕草を普段から注意して、見てあげる必要があるといいます。

赤ちゃんに花粉症の症状が見られる場合は、アレルギー科のある病院で診察してもらうのが良いそうです。治療の前には、本当に花粉症かどうか?調べるために血液検査をする場合もあるようですが、小学生以下のお子さんになると、花粉が原因なのか特定するのは難しいために、検査自体を行わないことがほとんだといいます。

検査をしない場合でも、治療法として目の痒みには点眼薬。鼻詰まりや鼻水には点鼻薬などの対症療法ができるそうなので、病院で処方された薬で治療を行うのが良いと思います。

※ご家族にアレルギー体質の方がいる場合は、赤ちゃんにも遺伝している可能性もあることから、医師にも一応、そのことを伝えておくと良いそうです。

まとめ

お子さんが花粉症にならないためには、できるだけ花粉に触れさせないことが重要だといいます。

日頃から花粉症予防を心がけておけば、それだけ花粉症を発症するリスクも抑えられますので、花粉が飛ぶ前から早急に、対策や予防をしておきたいですね。

スポンサードリンク

 - 生活・ライフスタイル, 美容・健康・ダイエット ,