お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

歯のホワイトニングを自宅でやる方法は?持続期間はどれくらい?

   

歯 ホワイトニング毎日、歯磨きをしていても歯は黄ばんできます。最近では歯医者さんに行けば手軽にホワイトニングができるのですが、自分で手軽にできる方法はないのでしょうか?

そこで今回は、歯のホワイトニングを自宅でやる方法やホワイトニングの持続期間はどれくらいなのか?さらに歯の黄ばむ原因について解説させて頂きます。

スポンサーリンク

歯のホワイトニングを自宅でやる方法は?

自宅で歯のホワイトニングをする前に、まず大事なことが「歯が黄ばまないように予防すること」が大事だといいます。コーヒーやタバコなど、色素沈着しやすいものを口にした後は、すぐに水を飲む・うがい・歯磨きをするなどをして、ステイン(歯の表面につく汚れ)が付着しないようにします。

自宅でできるホワイトニングする方法については、

◆美白用歯磨き粉を使う
ドラッグストアやネット通販でも手軽に購入できる、美白用歯磨き粉で歯を磨けば、多少ですが歯が白くなるそうです。歯の表面についている汚れを落とす研磨剤、そして付着したステインを浮き上がらせる成分が美白用歯磨き粉に含まれているといいます。販売されている各商品の成分の違いによって、売り文句が変わっている場合もあるそうですが、ホワイトニングの効果的にはほぼ大差はないそうです。特に歯医者さんでホワイトニングを行った後の歯の白さを長く保ちたい場合や、もともと歯が白い方には効果があるようです。

◆重曹を使う
キッチンやお風呂場などの掃除に使われる重曹は、歯の汚れを落とす効果もあるといいます。重曹は弱アルカリ性で、なおかつ研磨作用がありますので、少しずつ歯が白くなっていくそうです。他にも重曹には、口臭・歯垢を取り除く効果もあるそうなので、試してみる価値はあると思います。

◆メラミンスポンジを使う
100円ショップでも購入できるメラミンスポンジを使うことで、歯の表面についている汚れを落とすことができるようです。メラミンスポンジは研磨スポンジで、メラミン樹脂という素材でできており、重曹がスポンジについているタイプの商品もあるそうです。

◆バナナの皮を使う
実はバナナの皮の内側には、カリウムやマグネシウムなどのミネラルが多く含まれており、これらのミネラルは歯を白くする効果があるようです。歯にバナナの皮の内側をあてて、ゴシゴシやると良いそうです。

◆リンゴを使う
リンゴを食べることで、これに含まれるリンゴ酸の働きによって歯の汚れを分解し、除去してくれる効果があるようです。リンゴ酸はリンゴ以外にも、イチゴ・梨・梅・トマト・ナツメなどにも含まれているそうです。

他にも自宅で手軽にできるホワイトニング方法として、ネットなどで購入できる「歯の消しゴム」を歯にこするだけで効果があるといいます。歯の消しゴムにはシリコンゴム・研磨剤などの成分が含まれているそうですが、歯の黄ばみを少し取る程度なら効果がある反面、ゴシゴシとこすり過ぎてしまうと歯の表面に傷がつくことで、より着色しやすい=黄ばみの原因になるといいます。

荒目の研磨剤が入った歯磨き粉を使うことで、一時は歯が白くなりますが、歯の表面に傷がつきやすく、すぐに着色しやすくなってしまうそうです。そして、レモンや漂白剤もホワイトニング効果があると言われているそうですが、レモンや漂白剤で磨いてしまうと歯の表面が酸によって傷んでしまい、表面のエナメル質が溶け歯がギザギザになる酸食症(さんしょくしょう)になる危険性もあるといいます。

歯が黄ばんでしまう大きな原因は変色・着色にあるようですが、実は歯磨きによって歯が黄ばんで見えてしまうことがあるそうです。理由は、歯の磨きすぎによってエナメル質が薄くなり、これによって象牙質の色がより目立ってしまうからだといいます。

歯を磨く際は、強くゴシゴシしないように、できるだけ優しく磨いてあげるのが良いそうです。

歯のホワイトニングの持続期間はどれくらい?

歯をホワイトニングできたとしても、白くなったエナメル質は自己修復しようとするため、時間が経てば元の色に戻ってしまうそうです。しかし、ホワイトニングした歯が元の色に戻ろうとするのは、歯の再生機能が正常に働いている=健康な歯の証拠でもあるといいます。

歯のホワイトニングの持続期間については、白くなってから人によって差はあるものの、自分でやる場合は約6~12ヶ月程は持続し、歯医者さんでやってもらった場合は約3~10ヶ月ほどで元の色に戻るそうです。

しかし、ホワイトニングを長く持続させるためには普段の生活から、歯に着色しやすい色の濃い食べ物・飲み物は控える。タバコは吸わないなど、できるだけ長くホワイトニング効果を持続できるように意識したほうが良いそうです。※ホワイトニングした直後の1時間以内は特に要注意で、歯に着色しやすい物は口に入れない方が良いようです。

歯を磨く際も、以前は食事をしてから30分以内に磨くのが良いと言われていましたが、最近ではエナメル質を保護するために、食事をしてから30分後が良いといいます。※食事を終えた後の30分間は、エナメル質が柔らかくなった状態にあるため、通常の硬さになる30分後が理想なようです。

また、歯を磨くときは通常、歯ブラシを水で濡らしてから磨くと思います。しかし、水で濡らし泡立ちがよくなることで磨いた気にはなるものの、実際はしっかり磨かれていない場合が多いそうです。泡立ちが早まると、歯磨き粉に含まれる有効成分なども効果を発揮する前に、うがいによって流されてしまいますので、かなり違和感があると思いますが、乾いた歯ブラシを使って歯を磨くのがホワイトニング持続に効果があるそうです。

スポンサーリンク

そもそも歯が黄ばむ1番の原因は?

歯が黄ばむ1番の原因は、歯のエナメル質の外側に汚れが付着することで、色がついてしまうことだといいます。

歯の表面に付着する汚れのことを「ステイン」といいますが、ステインがつく原因はやはり、食べ物・飲み物・タバコにあるようです。

歯が黄ばみやすい食品には、

・コーヒー
・コーラ
・ウーロン茶
・紅茶
・赤ワイン
・醤油、ソース、ケチャップ
・ブルーベリー、赤ぶどう
・人工着色料を使用した食品
・たばこ、葉巻
・イソジンなど色の濃いうがい薬
・カレー

特にカレーは、色素沈着の原因になるようです。他にも、エナメル質に1度染みこんでしまうと、普通の歯磨きではなかなか取ることができない、タバコのヤニに含まれるニコチン・タールも厄介なので注意が必要だといいます。

また、歯の表面からエナメル質、象牙質、歯髄、歯肉セメント質、骨、血管、神経という順番で歯はできているそうで、エナメル質と歯髄の間にある「象牙質」の色の変色によって体に起きている変化が分かるといい、

◆虫歯による変色
虫歯になると初期の段階では、歯が白く濁ったような色になりますが、虫歯が進行するにつれ、黒や茶褐色っぽい色に変化するといいます。

◆歯髄内出血による変色
虫歯の悪化や外傷により、歯の神経を抜いた際に歯髄内が出血すると、歯の内部から変色することがあるそうです。また、歯が内部から変色してしまった場合は、ホワイトニングするために歯磨きやエナメル質をクリーニングしても落とすことはできず、歯医者さんでのホワイトニング治療が必要になるようです。

◆テトラサイクリン(抗生物質)による変色
象牙質ができる年齢(7歳くらい)までに抗生物質であるテトラサイクリンを服用していると、歯が黄ばむなどの副作用がでることもあるようです。※お腹の中に赤ちゃんがいる時期に服用した場合でも、同様の副作用が起きることもあるそうです。他にも、漢方薬やうがい薬などの服用によっても歯が変色することがあるといいます。

◆加齢による変色
加齢によってエナメル質がすり減り薄くなり、象牙質の色が濃くなることで歯の黄ばみが濃くなってしまうそうです。

まとめ

普段の生活から、黄ばみの原因となるステインの付着を防ぎつつも、色のつきやすい食べ物や飲み物にも充分注意しながら、歯もゴシゴシやらずに優しく磨いてホワイトニングしていきたいですね。

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット ,