お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

花粉症の治療にレーザーや舌下免疫療法は効果あるの?副作用は?

   

花粉症 治療花粉が飛ぶ季節になると、クシャミや鼻水など本当に辛い日々が続きます。薬局などでは症状を緩和するための薬は売っているものの、治療によって症状自体を解消することはできないのか?と調べてみたところ、花粉症の治療としてレーザー治療舌下免疫療法という方法がありました。

そこで今回は、レーザーや舌下免疫療法は本当に効果があるのか?それぞれの値段や副作用はないのか?についても調べてみました。

スポンサードリンク

花粉症にレーザー治療は効果あるの?

花粉によってクシャミや鼻水、目の痒みなどの症状を緩和するために、薬を飲んだりマスクやメガネをかけたりと、色々と対策をしている方もいらっしゃると思います。

花粉は毎年飛んできますので、辛い症状をなんとか解消することはできないか?と調べてみたところ「レーザー治療」なる方法がありました。※レーザー治療は花粉症の他にも、ダニ・ハウスダストなどのアレルギー物質にも効果があるといいます。

鼻の粘膜にレーザーを照射する治療法ですが、まず鼻の中に麻酔を染み込ませたガーゼを入れて表面麻酔をした後に、レーザーによって毛細血管をつぶしながら焼くといいます。しかし、焼くということで痛みがあるのでは?と心配されるかも知れませんが、痛みや出血はほとんどないそうです。

治療の時間も麻酔をする時間を含めて、両方の鼻でおよそ30分ほどで終わるために外来だけで良く、さらに治療後の痛み・出血もほとんどないそうです。

レーザー治療により鼻の中の粘膜を固め、変性させることで鼻水やクシャミなどのアレルギー症状を緩和させる効果があるといいます。

しかし鼻の粘膜は、時間が経つにつれて少しずつ再生されることから、100%花粉症が完治するわけではないようです。それでも花粉が飛ぶシーズン前にレーザー治療をすることで、個人差はあるものの約1~2年は効果が持続するそうです。

※レーザー治療は耳鼻咽喉科の他にも、美容皮膚科でも行っている所もあるそうです。

花粉症に舌下免疫療法は効果あるの?

舌下免疫療法(ぜっかめんえきりょうほう)と、何だか聞き慣れない言葉ではありますが、この治療法は花粉症の元となる、アレルギーを含んだ液体を舌の下に滴下させることで、それに対する抵抗力をつける方法だといいます。

少しずつ体内にアレルギー物質を入れることで抵抗力がつき、花粉症の症状が軽減される効果があるそうですが、治療法はとてもシンプルなようです。

耳鼻咽喉科やアレルギー科で、医師から舌の上に液体を落としてもらい、そのまま2分ほど待ちます。待った後は液体を飲めば終わりですが、舌下免疫療法は1回だけの治療では効果はないといいます。

効果が出るには毎日、液体を投与する必要があるそうで、毎日病院に通う必要が出てくるの?と思われるかも知れませんが、1回目は医師にやってもらう必要がありますが、2回目からは自分で投与して良いそうです。

自宅で簡単にできる舌下免疫療法ですが効果については、レーザー治療と違って即効性はなく、さらに長期間に渡って体質改善を目的とした治療法ですので、約2~5年という長い期間での継続治療が必要になるといいます。

また、治療で使う液体は新薬ということで、厚生労働省からは発売後約1年間は2週間分しか処方ができない決まりとなっているそうです。このことから、薬をもらうためには2週間に1度の通院が必要となり、その後も月1回の通院が必要になるといいます。※薬も医師の処方が必要になるため、薬局では購入できません。

スポンサードリンク

レーザー治療や舌下免疫療法の値段は?

レーザー治療や舌下免疫療法は共に、保険適応が認められていることから、

◆レーザー治療
治療自体は9000円(保険適用3割負担)程。検査費用や診察代を含めると、15000円程。

◆舌下免疫療法
保険適用3割負担の場合なら、初診時では診察とアレルギー検査が必要なために5600円程。1回目の治療(初診から1週間以降)は、再診料と薬代を含めて1070円程。2回目の治療以降(治療1回目から1週間後)は、再診料と薬代を含めて2060円程。

となるそうです。それぞれ保険が適応されますので、家計にも安心な治療法だと思います。

レーザー治療や舌下免疫療法の副作用は?

一見するとメリットの多いレーザー治療や舌下免疫療法ですが、副作用の心配はないのか?調べてみたところ、

レーザー治療による副作用については、レーザー照射によってできたカサブタが大きくなってしまい、鼻づまりの原因になる(カサブタは病院で除去してもらえるそうです)。また、人によっては焼いた粘膜がすぐに再生してしまうなどもあるようですが実は、レーザー治療は医師の腕にも違いが出てくるといいます。

鼻の中の鼻涙管という部分に間違ってレーザーを照射してしまうと、涙が止まらなくなるなどの副作用が出る場合もあるそうで、できるだけ経験のある医師にやってもらうのが良いといいます。

また、各病院によっては使っているレーザー機器の種類によっては、痛み・出血などを伴うこともあるそうです。そして、術後は人によっては鼻の粘膜が癒着してしまうケースもあることから、定期的な通院も必要になるといいます。

他にも、鼻の中にレーザーを照射することから、もし失敗したら臭いを嗅ぐ機能が低下してしまうのでは?と心配される方もいらっしゃるそうですが、こちらは臭いを感じる部分とレーザーを照射する部分は離れた位置になるそうなので、臭いがなくなる心配はないといいます。

舌下免疫療法による副作用については、人によっては舌の下・口の中の腫れや口内炎、喉・耳の痒みなど。また注射に比べて少なく、ごくまれに呼吸困難・嘔吐・じんましん・ショック症状などの副作用があるといいます。

舌下免疫療法は効果が出るまで長期間かかりますが、途中でやめてしまうと効果は出ず、さらに全ての人に効果が出るわけではなく、効果がない方もいるそうです。

※途中でやめた場合は、最初からやり始めになるそうですが、投与し忘れた場合なら、その日に気付いたらすぐに投与し、翌日に気付いたのなら前日の用量を改めて服用するそうです。

しかし投与する期間が空いている際は、自己判断で再開・中断しても効果が得られないのはもちろん、最悪の場合は副作用が出る危険性もあるといいます。特に再開するときは、医師に相談してからのほうが良いそうです。

まとめ

レーザー治療や舌下免疫療法にも、それぞれメリットやデメリットは存在するものの、花粉症の症状が特に重い場合は試してみる価値はありそうです。

レーザーはちょっと・・・という場合は、時間は掛かってしまいますが舌下免疫療法で花粉に対する抵抗力をつけて、根治を期待したいですね。

スポンサードリンク

 - 美容・健康・ダイエット ,