お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

脇の黒ずみの原因は?重曹やスクラブで取れるの?

   

脇 黒ずみ 原因暖かい季節にお出かけするとなると、ノースリーブやタンクトップを着るなど、腕を出す機会も多くなるかと思います。オシャレして外出するのは良いのですが、脇の黒ずみが気になる方もいらっしゃるかも知れません。

そこで今回は脇の黒ずみの原因について。さらに重曹やスクラブで脇の黒ずみを取る方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

脇の黒ずみの原因は?

脇の黒ずみの大きな原因は、メラニン色素にあるといいます。このメラニン色素は有害な刺激からお肌を守るために発生するそうで、例えば日焼けや、物理的な刺激によっても活性化されてしまい、お肌が黒ずんでしまうそうです。

他にも、脇の毛の処理をするために使用しているカミソリや電気シェーバー、除毛クリームや家庭でできる脱毛器なども間違った使い方をしてしまうと、毛根や肌細胞がダメージを受けてしまうそうです。するとダメージを受けたことで角質が厚くなってしまい、お肌も黒ずんでいくといいます。

また、お肌に摩擦や負担がかかるお手入れ方法を長く続けていくと、お肌の新陳代謝の低下や、清潔さが保たれていない状態になることで毛穴も詰まることから、黒ずみの原因となってしまうそうです。

脇の黒ずみを予防するためにも刺激はあまり与えず、清潔にするのが良いそうですが、実は黒ずみには「脇のくすみ」「脇のブツブツ」という2つの種類があるといいいます。

◆脇のくすみ
脇がくすんでしまう大きな原因は、摩擦によるものだといいます。普段の生活では必ず腕を動かしますので、どうしても脇の摩擦は起きてしまいます。また、下着のサイズが合わないものを着ていると、強い摩擦力によってメラニン色素も活性化してしまうそうです。

他にも脇がダメージを受けてしまうのが乾燥だといいます。乾燥によってお肌は、乾燥=外的刺激から皮膚を守ろうとするために、お肌が厚くなることから、くすみになってしまうようです。脇は、表面上は皮脂や汗によってベタベタしているように見えますが、実は脇の内側はとても乾燥しやすく、インナードライ肌になりやすいといいます。

脇のブツブツ
脇がブツブツになるほとんどの原因は、毛抜き処理によるものだといいます。他の皮膚と比べて脇の皮膚はデリケートなので、毛抜きをする際のダメージも他の皮膚よりも大きいといいます。

脇の毛を抜いた刺激によりお肌に炎症が起こることで、ブツブツになりやすくなるそうです。また毛抜きを繰り返すことで色素が定着し黒ずんでしまうようです。他にも汚れや、消臭クリーム・スプレーなどによっても毛穴が詰まってしまう場合もあるといいます。

脇のくすみやブツブツを抑えるためにも、清潔な状態や保湿することを意識するのが良いそうです。

脇の黒ずみは重曹で取れるの?

脇の黒ずみは、美容皮膚科やエステなどでも対処できますが、自宅で手軽にできる方法として、重曹で取る方法があるそうです。

まず市販されている重曹と水を混ぜてペースト状にします。※ペースト状にするには重曹に水を少量ずつ加えていくとなるそうです。重曹がペースト状態になりましたら、重曹を脇に優しく塗ります。塗った後は軽くマッサージをして、5分ほどそのままの状態にします。

5分ほど経過した後は洗い残しがないように、しっかり洗い流せば完了です。

脇の黒ずみを取る効果を発揮するためにも、重曹を塗る際は皮膚も柔らかく、毛穴が開いている状態である入浴中に行うのが良いといいます。入浴後も保湿力をキープするために美白成分の入ったクリームやローションを塗るとさらに効果が得られるそうです。※重曹を塗るのを週一回行うだけでも、少しずつ黒ずみも取れていき、美しい脇になるそうです。

また重曹よりも強力に黒ずみを落としたい場合には、「重曹ピーリング」という方法もあるそうです。

重曹ピーリングの作り方は、普段使用している石けんやボディソープに重曹を小さじ1杯ほど混ぜるだけです。その重曹ピーリングで脇を洗えば重曹のタンパク質を溶かす力によって、脇の黒ずみやくすみを取ることができるそうです。

重曹も500円以下の値段で購入できますので、週一を目安に試していけば、人によって効果のバラつきはあるものの、約1ヶ月後くらいから効果が出るそうです。※重曹を使う際は、粒子が細かい食品用がおすすめです。

スポンサーリンク

脇の黒ずみはスクラブで取れるの?

脇の黒ずみを取るには、重曹よりもスクラブの方が高い効果を得られるといいます。しかし、スクラブについては使用方法や量を間違えると脇を痛めてしまう可能性もあるそうです。

脇の黒ずみには、お肌が新陳代謝する際に古くなった角質が、うまく剥がれ落ちないことも原因の1つだといいますが、角質ケアのスクラブを使うことで新陳代謝を促し、古い角質を落とす効果があるといいます。

スクラブはドラッグストアやネットでも購入でき、お値段も1000~5000円ほどだそうで、角質ケアのスクラブなら毎日塗ることで、古い角質を落とし黒ずみを取ることができるようです。※スクラブを塗る際は商品に書いてある使用容量に注意しながら、脇に優しく塗って、軽くマッサージをしてください。

スクラブは毎日使用できますが、効果が実感できるのは重曹と同じく1ヶ月後くらいだといいます。

市販されているスクラブよりも、より自然な原料で使いたい場合は、まずオリーブオイルと塩を・・・オリーブオイル4、塩3の割合で用意します。(塩を使う際は、すり鉢などで細かく砕いた状態で使います)

用意したオリーブオイルと塩を瓶などに混ぜるだけで、あっという間にスクラブが作れてしまうそうです。自宅で作ったスクラブを使う際は、お風呂に入り皮膚が温まった状態になったら、脇に塗って軽くこすります。

お風呂から出た後は保湿を忘れずにしておき、週一回のペースで自宅で作ったスクラブを塗ると良いそうです。

こちらも続けることで効果があるそうで、約1ヶ月ほどで効果が実感できるといいます。

まとめ

夏に向けて脇の黒ずみ対策はしておきたい所ですが、重曹やスクラブでも効果が出ない場合は、他のトラブルの可能性もありますので1度、皮膚科で受診されるのが良いと思います。さらに病院では、ドラッグストアなどでは購入できない医療用の美白塗り薬を処方してもらえますので、こちらを塗るのもおすすめです。

それでも自宅でできる重曹やスクラブでも少し時間は掛かるものの、効果は得られますので、根気よく黒ずみを消していきたいですね。

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット