お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

葛飾菖蒲まつりの開催日は?見どころやアクセスは?

      2017/04/15

葛飾菖蒲まつり 開催日花菖蒲が開花を迎える梅雨の時期には、東京都葛飾区では毎年、葛飾菖蒲まつり(かつしかしょうぶまつり)が開催されます。江戸時代から多くの人々に愛されてきた花菖蒲は、この時期になると約1万4000株もの美しい花を咲かせ、訪れる人を楽しませてくれます。

そんな花菖蒲が見られる葛飾菖蒲まつりの開催日や見どころ、アクセスについて解説させて頂きます。

スポンサーリンク

葛飾菖蒲まつりの開催日は?

毎年、6月上旬~25日頃まで開催されている葛飾菖蒲まつりは、

2017年度は、5月30日(火)~6月18日(金)の日程で開催されるそうです。

葛飾菖蒲まつりは緑豊かな自然が残る、葛飾区で開催されますが、まつりの目玉である花菖蒲の名所が2つあることから、「堀切菖蒲園」「水元公園」の2つの会場で開催されるそうです。

1つ目の会場である堀切菖蒲園は、葛飾区堀切にある動植物園ですが、その歴史は古く、室町時代からあるといいます。当時の堀切に住む地頭(じとう:荘園などを管理するために設置した職)が花菖蒲の美しさに魅せられ、その足で奥州(現在の岩手県である)に行って種を採取し、持ち帰ったといいます。そして花菖蒲を栽培すると、堀切一帯に花を植えたそうです。

また、江戸時代の堀切には菖蒲園と始めとする、数多くの菖蒲園があったそうで、その美しい景観は安藤広重や歌川豊国などが錦絵の題材にもしていたといいます。

2つの目の会場である水元公園は、埼玉県と葛飾区の境にありますが、この公園の広さは東京23区の中でも最大規模を誇るといいます。そして、遊水地に沿って作られた水元公園の広い敷地内には自然の緑が溢れ、他にも植物園やお子さんが遊べる遊具にドッグランも併設されており、家族みんなで楽しめる公園として親しまれているそうです。

葛飾菖蒲まつりの見どころは?

葛飾菖蒲まつりの見どころと言えば、白、桃、青、紫、黄など、色とりどりに咲く美しい花菖蒲(はなしょうぶ)ですが、堀切菖蒲園では約200種類・600株もの花菖蒲を見ることができ、中には珍しい品種もあることから、園芸通の方々からの評価も高いようです。

また、水元公園では約100種類・1万4千株もの花菖蒲が見られ、川岸に沿って咲く美しい景色を楽しむために、全国からも数多くの観光客が訪れるといいます。

他にも、葛飾菖蒲まつりの見どころとして、夕方6時30分~夜9時頃の間にはライトアップもされるそうです。

※2017年のライトアップは6月10日~6月11日で行われたことから、2017年は6月9日(金)~6月10日(土)になるのでは?と予想されます。

他にも葛飾菖蒲まつりでは、両会場で様々な楽しいイベントが用意されるそうで、まつり期間中に堀切菖蒲園では、和太鼓や音楽隊、ブラスバンドなどの演奏。お子さんを対象とした写生会や野菜の即売会などが開催され、

水元公園ではお茶会・フラダンスやモノマネショー、こちらでも野菜の即売会などが開かれ、見どころいっぱいの楽しいまつりとなっているそうです。

花菖蒲の見頃は?

花菖蒲の見頃については、この花は5月中旬頃から開花するそうで、花が咲く期間も6月下旬頃と長く、菖蒲まつりが開催される時期が1番の見頃になるそうです。

また、葛飾菖蒲まつりで見られる花菖蒲は、堀切菖蒲園と水元公園と共に、6月上旬頃に開花する品種が多いことから、全ての花が咲き誇るピークの時期は、毎年6月10日頃になるといいます。

スポンサーリンク

葛飾菖蒲まつりのアクセスは?

葛飾菖蒲まつりのアクセスは、

◆堀切菖蒲園にアクセスする場合
・電車
JR上野駅から京成電鉄 京成本線に乗り、堀切菖蒲園駅で下車し、徒歩で約10分。

・バス
JR亀有駅前から京成タウンバス(有01)に乗り、堀切菖蒲園駅停留場で下車し、徒歩で約10分。

・車
首都高速 四ツ木出入口から約3キロ

車で向かわれる際は、堀切菖蒲園には駐車場はないそうですが、葛飾菖蒲まつりの期間中は「荒川河川敷の堀切橋駐車広場」に臨時駐車場が設置されるようです。

利用時間:平日8:00~18:30 土日5:30~18:30
利用料金:500円
駐車台数:普通車のみで約50台

また、まつり期間中の土・日曜には「かつしか菖蒲めぐりバス」が臨時運行され、堀切菖蒲園~しばられ地蔵(都立水元公園)~金町駅~柴又帝釈天~堀切菖蒲園のコースで約30分おきに、1時間に2本運行されるそうです。

◆水元公園にアクセスする場合
・電車
JR常磐線 東京メトロ千代田線 金町から京成バス(戸ヶ崎操車場または西水元三丁目行き)で水元公園を下車し、徒歩で約7分

・車
東京外環自動車道 三郷南ICから約5分

車で向かわれる際は、水元公園には駐車場があるそうです。

利用時間:24時間営業
利用料金:普通車は1時間まで200円(以後30分おきに100円)。
バスは2時間まで1000円(以後30分おきに500円)。
バイクは1回200円。

※駐車場は2千円・5千円・1万円札は使用できないそうです。また愛の手帳や療育手帳、身体障害者手帳や精神障害者保健福祉手帳を持っている場合は駐車料金が免除されるそうです。

◆お問い合わせ
03-3838-5558(葛飾区観光課)
03-6758-2222(葛飾区コールセンター)

葛飾菖蒲まつりに車で向かわれる際は、土日は特に混雑するそうなので、できるだけ公共機関を利用するのが良いといいます。

まとめ

堀切菖蒲園と水元公園の2つの会場で花菖蒲を楽しむことができる葛飾菖蒲まつりですが、各会場では魅力的なイベントも開催されていますので、時間がある場合はどちらも見に行ってみたいですよね。

水元公園からは東京スカイツリーも見えるそうなので、各所を散歩しながらゆっくり過ごすのも良いかも知れませんね。

スポンサーリンク

 - 6月の行事 ,