お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

富山 山王祭の日程や見どころは?屋台やアクセスは?

   

富山 山王祭 日程富山市にある日枝神社で毎年開催される山王祭(さんのうまつり)。2015年には北陸新幹線が開通したことで、さらにたくさんの観光客が訪れ、大きな盛り上がりをみせているそうです。

祭りでは神輿や数多くの屋台など、見て・食べても楽しめる富山 山王祭ですが、詳しい日程見どころ。さらに屋台の営業時間アクセスについてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

山王祭の日程は?

富山市の日枝神社で開催される山王祭ですが、毎年決まった日程で開かれ、大きな台風など余程の悪天候ではない限り、必ず開催されるそうです。

山王祭は毎年、5月31日~6月2日の日程で開催されます。

祭り本番は5月31日からですが、前日には「宵祭り(よいまつり)」と呼ばれる、巫女の奉納舞や祭りの無事や成功を願う祈願も行われますので、前日の30日もおすすめだといいます。

また、春の例大祭として行われる山王祭ですが、山王祭と言えば・・・東京にある日枝神社でも「山王祭(天下祭)」があり、さらに滋賀県にある比叡山の日吉神社でも「山王祭」があることからも、実は富山市の山王祭は、日枝神社と日吉神社にゆかりのある祭りになっているそうです。

5月31日~6月2日の日程で開催される富山市の山王祭ですが、祭りが始まったのは1690年に、当時の富山藩主であった前田正甫が日枝神社に二基の神輿を寄付したことにあるといいます。すると、神輿をかついで城下町で巡行する風習が生まれ、やがて祭りとして発展していったそうです。

現在でも、山王祭は「山王さん(さんのさん)」の愛称で呼ばれ、富山市民に最も親しまれている富山随一の祭りだといいます。

山王祭の見どころは?

山王祭の1番の見どころは、6月1日に見ることのできる神輿の巡行だといいます。法被(はっぴ)姿と褌(ふんどし)姿の男たちが豪快にかつぐ神輿の他にも、女性がかつぐ女神輿も見どころだそうです。

神輿は歩行者天国になった道路を進むそうですが、実はこの神輿は有料(3600円程)ではあるものの、一般の方でもかつぐ事ができるそうです。※神輿は「とやま山王市運営委員会」のHPから申し込みができるようです。

特に初めて参加される方には、神輿をかつぐ際に必要な一通りの道具がもらえ、黒足袋は用意しなければいけませんが、お弁当や何かあった際の傷害保険は付いているといいます。

他にも、山王祭の期間中の見どころや時間は、

◆5月31日
・7:30~獅子舞出社 (西側)
・7:45~神輿発輿式 (西側)
・19:30~神輿獅子舞還幸祭

◆6月1日
・7:00~山王講春季大祭式
・7:30~獅子舞出社 (東側)
・15:30~山王氏子御輿巡行祭
・19:30~神輿獅子舞還幸祭

◆6月2日
・8:30~あらか神社春祭
・10:00~春季例大祭式並びに表彰式・感謝状贈呈式
・14:00~献華式
・21:00~大祭成就祭 (本社・末社・三末社)

また、富山市の山王祭の期間中には、総曲輪グランドプラザ周辺でもさまざまなイベントやLIVEも開催されるそうです。

そして富山に訪れたなら、絶対に食べて欲しいのが6月1日に食べると無病息災で過ごせるという「朔日(ついたち)まんじゅう」だといいます。※酒まんじゅうである「朔日まんじゅう」を6月1日の朝に食べることで、無病息災や家内安全を願う縁起物だそうです。

朔日まんじゅうは、1日の早朝から富山市内の和菓子店で一斉に売り出されますが、午前中には全て売り切れてしまうほどの人気だといいます。

スポンサードリンク

山王祭の屋台の営業時間は?

富山 山王祭で神輿と並び、多くの人で賑わうのが「屋台」だといいます。日枝神社の境内や周辺道路には約600~700ほどの屋台が出ており、1番多い時では1000ほどの屋台が出ていたそうです。

屋台ではたい焼き・たこ焼き・焼きそば・はしまきなどのB級グルメや、輪投げ・金魚すくいなど定番の遊技も楽しめるようです。

また、昔から富山 山王祭と言えば境内にある「お化け屋敷」も有名だそうで、お子さんにはちょっぴり怖いかも知れませんが、こちらも人気があるそうです。

屋台の営業時間については、

・5月31日 15:00~22:00
・6月1日 9:00~22:00
・6月2日 9:00~21:00

までとなっていますが、屋台の中には営業時間よりも早く開いていたり、23時頃まで営業している出店もあるそうです。※祭りピークである2日目、6月1日の9時~22時は特に盛り上がるようです。

ちなみに屋台で人気の食べ物が、

1位:たこ焼き
2位:焼きそば
3位:かき氷
4位:お好み焼き
5位:チョコバナナ

となっているそうです。

山王祭のアクセスは?

富山 山王祭へのアクセスは、

◆新幹線でアクセスする場合
北陸新幹線で、東京からは約2時間10分~2時間40分ほどで富山まで行けるそうです。※北陸新幹線を利用する際は、山王祭の期間中は座席が取れない可能性もありますので、できるだけ早めにチケットを確保しておくのが良いそうです。

また、富山駅から山王祭が行われる日枝神社までは徒歩で20分以上かかりますので、市電(ライトレール)に乗り換え、西町で下車し徒歩5分ほどで会場に到着するそうです。

◆電車でアクセスする場合
JR富山駅から徒歩で約20分

◆車でアクセスする場合
東京からは、八王子JCTから高速道路に乗り、中央自動車道→圏央道→関越自動車道→上信越自動車道→北陸自動車道を経由し、富山ICを下車。その後は約10分程で富山市街に入ることができるそうです。

山王祭の期間中は街の中心部にある駐車場は、どこも満車状態にあるそうなので、日枝神社よりも離れた駐車場に停めるが良いようです。

中でも、市電が停まる国際会議場前が近くにあり、日枝神社までのアクセスに便利な「富山市営城址公園駐車場」なら、24時間営業+124台程の車が駐車できるので、おすすめだといいます。

住所:富山県富山市西町・山王町周辺
お問い合わせ:076-421-6318(日枝神社)

まとめ

2015年に開通した北陸新幹線もありますので、旅行を兼ねて山王祭に行ってみるのも良いですよね。

神輿の他にも、数多くの屋台や楽しいイベントも開催されますので、お子さんを連れて、家族みんなで訪れてみたいですね。

スポンサードリンク

 - 5月の行事, 6月の行事 , ,