お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

おでこニキビの原因は?予防や治し方は?オロナインは・・・

   

おでこニキビ 原因おでこにもできるニキビは、思春期の頃は特にできやすいそうですが、大人になってもおでこニキビに悩まれている方も多いといいます。

炎症が酷くなると跡に残る場合もあるそうで、しっかりケアするためにも今回は・・・おでこニキビの原因予防法治し方について。さらにオロナインが効果的っていう話は本当なのか?調べてみました。

スポンサーリンク

おでこニキビの原因は?

おでこなどTゾーンにできるニキビは、思春期の頃によくできるといいます。原因は角栓によって毛穴が詰まり、さらに毛穴内部に溜まった皮脂にアクネ菌が増殖し、炎症を起こしてしまうそうです。そして、おでこニキビは治りにくく、炎症が長期化するとニキビ跡が残りやすくなるといいます。

おでこニキビの原因をもっと詳しく、年代別で見てみると、

◆10代
10代のような思春期の頃は、多くの方がニキビを経験しているかと思います。1番の原因に男性ホルモンが大量に分泌されるからだそうで、体や心を大きく成長させるために自然とホルモンの分泌量も多くなるといいます。ホルモンの分泌量の影響により、ニキビができやすくなりますが、女性の場合でも男性ホルモンは分泌されますので、ニキビができてしまうそうです。

また、10代の方はホルモンの影響により、皮脂の分泌量が多くなることで、ニキビができても治りにくくなってしまうそうです。

◆20代
成長期が過ぎたあたりの20代の方は、10代の時ほどニキビに悩まされることが少なくなると思います。しかし、学生時代が終わり社会人として社会に出る頃になると、学生時代には感じることのなかった社会的ストレスにより、ニキビができてしまうことも多いそうです。

生活習慣や食生活の乱れも20代ニキビの原因にもなるそうで、1度できたニキビも原因をしっかり取り除き、改善していかないとなかなか治らないといいます。

◆30代
30代のニキビも1度できてしまうと、治りにくくなるといいます。この原因は、加齢とともに体内の治癒能力が低下し、さらに食べ物を摂取した際に、新陳代謝も落ちてくることから、摂取した脂分が体内でちゃんと消化されずにニキビとして顔にでてしまうことが多くなるようです。

また、中年期を迎える頃になると、顔の一部に皮脂が多くなることがあるかも知れません。皮脂はニキビができる原因になりますが、この皮脂を洗い流そうと何度も洗い過ぎてしまうのも、洗い落ちた皮脂を補うために体が余計に皮脂を分泌するという、悪循環になる可能性もあるといいます。

他にも、おでこに前髪がかかることで、髪の毛の脂や整髪料が原因でニキビが悪化してしまうことも多いそうです。※おでこニキビを隠すために、前髪をおろすのもニキビが悪化する原因になるそうです。

おでこニキビを予防するには?

おでこニキビを予防するには、やはりストレスをできるだけ溜め込まないようにして、不規則な生活や睡眠不足、食生活などの生活改善を心がけるのが1番だといいます。

顔の洗い過ぎは良くないですが、洗顔する際はオイルタイプのクレンジングを使ってしまうと、角質内に余分な油分が残ってしまうそうです。そのため、お肌への刺激が少ないクリームタイプの洗顔を使って洗い流すのが良いといいます。

特におでこニキビができる方は、洗顔をした後でも髪の生え際に洗顔料がついていたり、お湯の温度を高くしてしまうことで、顔に必要な潤い成分まで洗い流しているケースが多いそうです。

洗顔をする際は、お湯の温度は30度ほどのぬるま湯で洗い、髪の生え際までしっかり洗い流すのが良いそうです。※洗顔を終えた後は、すぐにお肌の保湿を行うとさらにニキビ予防ができるそうです。

スポンサーリンク

おでこニキビの治し方は?

おでこニキビの治し方については、赤く炎症が起きてしまい、その部分に痒みや痛みがある場合は、早く治すためにも皮膚科で治療するのが良いそうです。

皮膚科に行けば、ほとんどの場合はステロイド軟膏を使って炎症を鎮めてから、面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)と言われる、毛穴の中の皮脂やアクネ菌を排出させる治療を行うそうです。しかし、これらの治療法は対症療法でしかなく、根本的なニキビの発生を抑える効果はないようです。

根本からニキビを治すのなら、ニキビの原因である角栓発生を誘発する男性ホルモンを抑えるための「ホルモン療法」を行うのが効果的だといいます。

まだ炎症を起こしていない早期の段階のニキビなら、保湿ケアをしっかり行い、衛生状態をキレイに保つことで自然に治ることが多いそうです。衛生状態を保つためも、やはり洗顔・シャンプーなどの洗い残しや、前髪がおでこに付かないようにするなどの配慮が必要だといいます。

それでも赤く腫れて炎症を起こしたニキビには、皮膚科の専門治療を受け、ニキビの原因である男性ホルモンの過剰分泌を抑えるホルモン治療がやはり効果が高いそうです。

おでこニキビにオロナインは効果的なの?

おでこニキビにはオロナインが効果的という話もあるそうですが、これって本当なのでしょうか?オロナインは正式には「オロナインH軟膏」と呼ぶそうで、大塚製薬が販売している皮膚用抗菌軟膏薬だといいます。

オロナインは殺菌作用に優れ、皮膚疾患の他にも外傷の軟膏としても使えるようで、肝心のニキビに対しても効果があるそうです。しかし、ニキビに効果があるものの、できはじめの初期の白・黒ニキビのような状態でオロナインを塗っても効果はないといいます。

オロナインが効果を発揮するのは、毛穴に詰まった皮脂にアクネ菌が増殖し、皮膚が炎症を起こしてお肌が赤くなる「赤ニキビ」の状態だそうです。

アクネ菌を殺菌・炎症を鎮める効果がオロナインにはありますので、赤ニキビのときに塗ることでニキビが収まっていくといいます。赤ニキビに効果があるオロナインではありますが、おでこにできたニキビを赤くなるまで放置しておくのは良くないそうです。

また、ニキビができたらできるだけ早く処置するように心がけて、オロナインはニキビ専用の薬ではなく、あくまで家庭用の応急処置的なものですので、症状が酷くならないように気をつけてくださいね。

※おでこニキビが炎症を起こすと、痒みが出る場合もあります。毛穴に皮脂がつまることで炎症が起きてしまいますが、皮脂にはもともとお肌の潤いを守る、ホコリ・雑菌などから皮膚を守る働きがあるといいます。しかし、皮脂がつまるとお肌の潤いもなくなることから乾燥していき痒みが出てしまうようです。

しかし痒いからと言って、かいてニキビを潰してしまうと傷が残ったり、余計に炎症が悪化してしまう可能性もありますので、洗顔した後は必ず保湿をするようにして、まずは炎症を抑えるのが良いそうです。

炎症が治まれば痒みもなくなりますので、できるだけ清潔な状態を保ちながらニキビケアを行ってくださいね。

まとめ

ニキビは免疫力が低下していても、通常の健康状態であれば撃退できるアクネ菌が毛穴に進入し、過剰に繁殖することが多いそうです。

おでこニキビに悩まされないためにも、日頃のストレスや生活習慣や食生活に気を配りつつ、ニキビケアもしっかり取り組んでいきたいですね。

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット