お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

節分厄除大祭はいつやるの?福豆まきの時間は?アクセスは?

      2016/05/16

m20151113「鬼は外、福は内」と節分の日といえば豆まきですが、全国の神社でも節分の日には邪気を払い、福をよぶ豆まきが執り行われています。なかでも滋賀県にある立木神社で毎年開催される節分厄除大祭には、福にあやかろうと多くの人が訪れているようです。

今年も福をよぶであろう節分厄除大祭ですがいつやるのか?福豆まきの時間やアクセスについて、早速ですがみていきましょう。

スポンサードリンク

節分厄除大祭はいつやるの?

1200年余りの歴史を持つ滋賀県の立木神社で、毎年2月3日に行われている節分厄除大祭ですが、

「節分」とは、立春・立夏・立秋・立冬など、季節が移り変わる前日のことを言うそうで、現在では1年のうちで最も大事だと言われている春の時期だけを「節分」と呼んでいるそうです。

さらに春夏秋冬という言葉があるように、新しい1年のはじまりである春の前日に「新しくはじまる1年が、不幸や災いのない1年にどうかなりますように」との願いを込め、毎年1年に1度、節分をこの時期にやるそうです。

節分厄除大祭の福豆まきの時間は?

節分厄除大祭では、無病息災・平穏無事な1年を過ごせますようにと、厄除御祈祷として、福銭・福餅・福豆まきが執り行われます。

時間は午後3時、5時、7時と3回に分けて福豆まきが行われます。

そもそも「豆まき」とは、京都で昔は鬼が出没し、人を困らせていたといいます。そして、神さまから「鬼の目に豆を投げろ」とのお告げがあり、鬼の目に豆を投げて退治したという話があることから、魔(鬼)を滅する→無病息災で過ごせるようにとの願いを込め、豆をまくようになったそうです。

さらに豆まきで使う豆は、煎った大豆でなければいけないようで、理由は生の豆になると芽が出てくることから、芽=魔として縁起が悪いとされているようです。

ちなみに立木神社の節分厄除大祭では、福豆まきの他にも甘酒の無料接待や地元で造ったご神酒の無料接待。さらに1枚200円で宝みくじ券が授与されるようで、こちらの券は空くじなし、豪華賞品も多数用意されているようです。

スポンサードリンク

節分厄除大祭のアクセスは?

節分厄除大祭が行われる立木神社へのアクセスは、

住所:滋賀県草津市草津4丁目1番3号(草津市役所前)

◆車で行く場合
名神高速道路から、
・栗東インターチェンジより国道1号線で約12分。
・瀬田東インターチェンジより国道1号線で約15分。

新名神高速道路から、
・草津田上インターチェンジから約20分。

京滋バイパスから、
・瀬田東より国道1号線で約15分。

◆電車で行く場合
JR琵琶湖線で
・草津駅東口より徒歩で約15分。
(東口から豆バスで立木神社前まで約8分)
・南草津駅東口より徒歩で約20分。

なお、車で立木神社にアクセスする際は40台ほど停められる駐車場があるようですが、節分厄除大祭が行われる日の境内は特に混み合うそうなので、なるべく車以外の交通機関で行くか、立木神社から少し離れた駐車場に停めておいた方が良いそうです。

まとめ

地域によっては、有名人が参加して福豆まきを行ったりと毎年、節分ならではのイベントとして盛りあがっているようですが、ご利益があるのは間違いないようなので、

ぜひ福豆まきに参加して邪気を追い払い、福を呼び込みたいですね。

スポンサードリンク

 - 2月の行事, イベント , ,