お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

湯西川温泉かまくら祭の日程は?バーベキューの値段は?アクセスは?

      2016/09/21

k20151114毎年、秋田・長野・岐阜県など、雪の多い地域では冬になると「かまくら祭り」などのイベントが開催されます。

そんな中でも平家時代から有名な秘湯、湯西川温泉で開催されている「湯西川(ゆにしかわ)温泉かまくら祭」についての日程やアクセス。さらにかまくらの中で出来るというバーベキューの値段についても詳しくご紹介していきます!

スポンサードリンク

湯西川温泉かまくら祭の日程は?

栃木県日光市で1993年から始まり、2017年で24回目を迎える湯西川温泉かまくら祭ですが、

日程については、2017年度は1月28日(土)~3月5日(日)まで。

メイン会場となっています沢口河川敷へは朝9時~夜9時まで入場できます。

約1ヶ月ちょっとの日程で開催される湯西川温泉かまくら祭は、福島県との境にある山奥(標高743m)の温泉郷ですが、この場所は平家ゆかりの地としても有名で、平家時代に「壇ノ浦の戦い」で敗れた平家が、追いかける源氏から逃れるために、全国各地へ散らばっていきました。

そして当時、平清定の子であった平忠実が湯西川に逃れ、その後温泉を掘り当てたことから、次第に湯西川は温泉街へと発展したといいます。

他にも、かまくら祭の時期になると湯西川温泉街の旅館や店先には個性的な雪だるまが飾られることから別名「ゆきだるま街道」ともいわれているそうです。

湯西川温泉かまくら祭のバーベキューの値段は?

唯一、かまくらの中でバーベキューができることでも有名な湯西川温泉かまくら祭ですが、

お値段については、
◆1人前1500円(2人前から)。牛肉や野菜、舞茸付き。
◆かまくら貸出料1500円(1棟)。

バーベキューができる時間は、お昼11時~3時までとなっているようです。

なお、バーベキューは予約が必要ですので電話で予約する場合は、
◆1月5日から→TEL090-9381-4141
◆1月24日から→TEL0288-98-7005

(営業時間は朝10時~夕方4時まで)

バーベキューの他にも湯西川温泉かまくら祭の最大の目玉であります、河川敷に広がるミニかまくらに灯る約1000個のキャンドルライトが幻想的かつロマンチックな世界を演出してくれるといいます。

夕方5時30分頃から灯されるキャンドルライトですが、日本夜景遺産「歴史文化夜景遺産」の認定イベントになっているそうですが、早めに見に行くとキャンドルライトを灯す手伝いができるようです。

さらに湯西川温泉かまくら祭は朝10時~夕方5時の間で、子供たちが喜びそうな雪のすべり台もありますので、こちらは1時間200円(ソリの利用代金)で、大人でもスリル満点の体験が味わえると大人気のようです。

スポンサードリンク

湯西川温泉かまくら祭へのアクセスは?

湯西川温泉かまくら祭へのアクセスは、

◆車でアクセスする場合
日光宇都宮道路今市ICから国道121号経由で約60分。
(車で向かう際は、必ずスタッドレスタイヤやチェーンの準備が必要です。)

※湯西川温泉かまくら祭駐車場は無料で約50台とめられます。

他にも、専用のシャトルバスが出ていますので、
・10:00~15:30(かまくら祭の期間中毎日運行、3月は土日のみ)
・19:30~21:00(水・木・土・日、3月からは土日のみ)

雪道が不安な際は、公共機関を利用するのがオススメです。

◆電車でアクセスする場合
野岩鉄道湯西川温泉駅から日光交通バス湯西川温泉行きで約27分。
本家伴久旅館前で降り、徒歩で約15分。

まとめ

昼間は真っ白な景色の中で、バーベキューやソリ、すべり台と楽しく遊ぶことができる湯西川温泉かまくら祭ですが、ミニかまくらで輝く約1000個のキャンドルアップはボランティアの人が1個1個、手で点火しているといいます。

毎年、県外からもたくさんの観光客が訪れる湯西川温泉かまくら祭ですが、ぜひ生でみてその美しさを目に焼きつけてみたいですね。

スポンサードリンク

 - 1月の行事, イベント , ,