お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

足が臭い原因は?ミョウバンや重曹で消臭できるの?

   

足 臭い 原因靴下を脱いだときに、ふと気になるのが足の臭い。毎日お風呂でしっかり洗っていても、中には臭いが取れない!と気にしている方もいらっしゃるかも知れません。

そこで今回は足が臭い原因や、ミョウバンや重曹で消臭できる話があるそうですが、それって本当なのか?さらに足の臭いを予防する方法について調べてみました。

スポンサードリンク

足が臭い原因は?

足が臭い原因は「汗」にあると思いがちですが、実は「汗は無臭」だといいます。

人間の汗腺にはアポクリン腺という、ワキや乳輪、陰部などの部分にしかない汗腺があるそうで、脂肪酸・中性脂肪・アンモニアなどが主な主成分となっており、これらは臭いの元となる物質を分泌するといいます。また、汗腺には他にもエクリン腺という成分(99%が水分で残り1%が塩分)を分泌する汗腺があるそうですが、こちらは臭いの元となる成分はほぼ分泌されないそうです。

そして、足の裏にはエクリン腺が集中しており、足の裏=体の中でも多く汗をかく部分(1日平均で約200cc程の汗をかく)ではありますが、エクリン腺はほぼ水で構成されていることからも、無臭に近いといいます。

では、足の裏の汗が無臭なのにも係わらず、臭くなってしまう原因は何なのでしょうか?臭いの大きな原因には「雑菌」によるものがあり、分厚い足の裏の皮膚は、表面が剥がれ落ちやすいことから、それが垢となってしまうといいます。

垢は、雑菌を繁殖させる原因にもなり、皮脂腺にも分泌液や汗が混ざることで、クサイ臭いを発してしまうそうです。※雑菌は、バクテリアや白癬菌などが繁殖するそうです。また、バクテリアや白癬菌などの雑菌は、繁殖するにも条件があるそうで、湿度・温度などの環境によって繁殖するといいます。

臭いの原因となるバクテリア・白癬菌などの雑菌は、湿度70%以上・温度15度以上になると活動が活発になり、どんどん増殖していくそうです。そして、活動が活発になった状態で皮膚に付着すると、さらに増殖を続けて角質層に入りこみ、臭いや水虫の原因になってしまうようです。※特に、靴を履いている状態の足の裏は、湿度70%以上・温度30度以上と、雑菌が繁殖する条件が揃っているそうです。

靴も、同じものを履き続けていたり、ゴムやビニール素材などの通気性が悪いもの、さらに靴下が湿ったままの状態で履き続けるのも、臭いの原因となってしまうといいます。

他にも、足の臭いの原因には「ストレス」による影響もあるそうで、ストレス以外にも緊張する場面に遭遇したとしても、手の平や足の裏は大量に汗をかいてしまうそうです。このようなストレスなどによる発汗のことを「精神性発汗」と呼ぶそうで、他にも驚いたとき・痛みを感じたとき・環境の変化があったときなどでも、発汗しやすくなるといいます。

足の臭いはミョウバンや重曹で消臭できる?

足の臭いにはミョウバンや重曹で消臭できるそうですが、調べてみたところ・・・効果があるといいます。

ミョウバンや重曹の効果にはそれぞれ、

・ミョウバン(酸性)
酸性であるミョウバンには、殺菌作用や制汗作用、アンモニア臭を中和する効果があるそうです。

・重曹
弱アルカリ性である重曹には、足の臭いの原因物質の1つであるイソ吉草酸を中和する効果があるそうです。

ミョウバンや重曹を使って足の臭いを消臭する際は、それぞれ粉を購入し、そのまま使用しても効果はあるそうですが、水に溶かして使うのが良いといいます。

◆ミョウバンの使い方
水1.5リットルに対して、焼きミョウバンを50グラム入れて溶かします。その後は水が透明になるまで2日間程放置し、その後は20倍ほどに薄めて使います。

薄めて使う際は、入浴後や足浴後にスプレーして、そのまま乾くまで待つか、タオルで軽く拭くだけで、制汗効果や雑菌が増えるのを防いでくれるそうです。

◆重曹の使い方
水1リットルに対して重曹大さじ3杯ほどを入れて溶かして足浴する。または、水200ミリリットルに対して重曹小さじ2杯ほど入れて溶かし、スプレーボトルに入れた後は、靴に直接吹きかけて乾かす。※他にも、足浴して使った残り湯の中に靴下を入れておくと、靴下の臭いも取れるそうです。

さらに、重曹を紙コップの中に入れて靴箱に置くだけでも、消臭効果が得られるようです。※ティーツリーなどのアロマオイルを数滴入れることで殺菌効果が高まるそうです。

スポンサードリンク

足の臭いを予防する方法は?

足の臭いを予防するには、やはり同じ靴を履き続けないことや、多汗症で汗の量が多い場合などは、外出時には靴下の変えを持って行くと良いそうです。※ストッキングの場合は脱ぎにくいので、デオドラントシートなどで足の裏をこまめに拭くと良いそうです。

靴は1日履くだけでも水分・湿気などが吸収されてしまいますので、1日履いた後は最低でも、2日ほど休ませるのが理想だといいます。※靴の雑菌を除去する1番手っ取り早い方法に「冷凍庫」に入れてしまう方法もあるそうです。バクテリアなどの雑菌は冷凍庫のような低い温度の中では、ほとんど生き残ることができないために、冷凍庫に靴をジップロックなどの袋に一晩入れておくだけでも、臭いが取れるようです。

また、足の臭いを予防するには、入浴時などで臭くなりにくい洗い方をするのが1番だといいます。

足の洗い方としては、

1.浴槽につかるか、または洗面器に張ったお湯の中に、足をつけて水分を充分に吸わせます。(最低3分以上はお湯につける)

2.足の皮膚が柔らかくなるので、石鹸を泡立てた手で優しく洗います。洗う際は、ボディーソープだと保湿成分が含まれている場合が多いので、固形石鹸を使うのが良いそうです。

3.足を洗いながら、特に指や爪の間は汚れが溜まりやすいので、念入りに洗います。※爪の間はブラシで洗うと、汚れをしっかり落とせるそうです。

4.石鹸を洗い流した後は、タオルで水分を拭き取ります。その後に、かかとや足の指の付け根などをヤスリ、軽石などで優しく擦ります。ヤスリなどを使う際は、水分を拭き取ってからのほうが、必要な角質を取りすぎないといいます。(ヤスリや軽石などのケアは週1度でも良いそうです)

5.ヤスリなどを使った後は、もう1度足を洗い流し、清潔なタオルを使って水分を充分に拭き取ります。※水分を拭き取った後は、足がちゃんと乾くまで何も履かないのが良いそうです。

まとめ

足の臭いの原因は、バクテリアや白癬菌などの雑菌によるものなので、普段から菌を繁殖させないように注意しつつ、足を清潔にケアしていきたいですね。

あとはミョウバンや重曹を使って、足の臭いをしっかり解消していきたいですね。

スポンサードリンク

 - 美容・健康・ダイエット ,