お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

父の日の予算はどれくらい?人気のプレゼントは?

   

父の日 予算5月は母の日ですが、6月は父の日があります。母へのプレゼントを考える際はカーネーションや衣類など、贈るギフトの選択肢がたくさんある反面で、父の日に贈る物といえば何があるのでしょうか?

そこで今回は、父の日に贈るプレゼントの予算について。また、人気のプレゼントやメッセージカードを添える際の書き方について、調べてみました。

スポンサーリンク

父の日の予算はどれくらい?

日頃からお世話になっている父への感謝として、父の日にプレゼントを贈りたい場合に、一般的な予算の相場はいくらくらいなのでしょうか?

平均的な父の日の予算を調べてみたところ、3000円~5000円が一般的なプレゼントの予算となっているそうです。

中には、平均予算以上でプレゼントを贈る際は、兄弟でお金を出し合って、少し豪華なものを贈るケースもあるようです。また、父の日でプレゼントを贈る場合でも、1番大切なのは感謝の気持ちですので、無理のない金額で贈るのが良いと思います。

※父の日の予算については、「プレゼントには一切お金をかけない」という声も中にはありました。しかし、これは何も贈らないのではなく、お金をかけない方法で何かプレゼントをしているからだと思われます。

では、父の日に渡すプレゼントは、どんな物が人気があるのでしょうか?早速みていきましょう。

父の日の人気のプレゼントは?

父の日にもらって嬉しかったプレゼントには、ネクタイや財布、ベルトやハンカチなどが毎年人気があるようです。

他にも、カバンや腕時計などのような、普段から仕事で使える物も人気があるといいます。

また、最近ではビールや焼酎などのお酒類も人気があるようで、特に父の日に渡すときは、普段は買わないような少し高級なお酒や、珍しいお酒なども人気があって喜ばれるそうです。

さらに父の日で人気があるプレゼントの中には、「スイーツ」があるといいます。基本、スイーツは女性が食べるイメージがありますが、男性もスイーツが好きな方は多といいます。

それでも普段から自分で買うお父さんは少ないと思いますので、父の日にスイーツを贈ることで喜ばれるそうです。※スイーツは全国的に有名なお店の物を、お取り寄せスイーツとしてプレゼントすると、さらに反応が良いそうです。

父の日のプレゼントして他には、シャツ・洋服・靴下・旅行・万年筆などの少し高級な文房具・健康グッズ・花や植物・趣味に関する物なども人気があるといいます。

その他にも、お金をかけないプレゼントとして、お父さんの要望で一緒に晩酌をする!という意見も多くありました。普段は一緒にお酒を飲むことが少ない場合は、父の日のプレゼントとして一緒にお酒を飲んだり、1日どこかに出かけるなど、親孝行をかねて一緒に過ごしてみるのも良いかも知れませんね。

スポンサーリンク

父の日にメッセージカードを添える際の書き方は?

父の日は、母の日と同様に毎年やってきますので、プレゼントも定番のものが決まってしまうかも知れません。それでも毎年、父の日にはプレゼントと一緒にメッセージカードを添えるだけでも、特別なものになると思います。

しかし、いざ書くとなると何を書いたら良いのか?迷ってしまうことがあるかも知れません。そのような場合でも基本、メッセージカードはシンプルな書き方でも、気持ちがあれば十分伝わると思います。

メッセージカードの文例として、

◆小さい子供からお父さんに対しては
・おとうさん いつもげんきでいてね
・おとうさん いつもあそんでくれてありがとう

◆子供からお父さんに対しては
・お父さん、いつもお仕事お疲れ様です。でもたまにはゆっくり休んでね。いつもありがとう。
・いつも一緒に遊んでくれるパパが大好きです。ありがとう。

◆一緒に住んでいないお父さんに対しては
・たまにしか顔を出せないけど、いつまでも元気なお父さんでいてください。
・お父さんと同じように子供を持つようになって、お父さんの偉大さを実感しています。普段は照れくさくて言えないけど、育ててくれてありがとう。

など、シンプルな文章でも良いので、手書きでメッセージカードに感謝の気持ちを書くだけでも気持ちは伝わると思います。

また、お子さんのメッセージに奥さんも「子供や私たち家族のために、いつも仕事を頑張ってくれてありがとう。これからも宜しくお願いします。大好きです。」のようなメッセージを添えるのも良いと思います。

さらに、義理の父には「お母さん共々、お父さんは私たち夫婦のお手本です。どうぞ末永くいつまでも幸せでありますようお祈り申し上げます。」などのメッセージを添えるのもおすすめです。

しかし、感謝の気持ちを書くのは、少し照れくさい部分もあると思います。それでも父の日は、普段は言えない感謝の気持ちを伝える絶好の機会でもありますので、自分の気持ちをシンプルにメッセージカードに書くのが1番だと思います。

まとめ

毎年、6月の第3日曜日が父の日ですが、実は母の日と比べると・・・忘れてしまいがちな方も多いそうなので、今年こそはいつもお世話になっているお父さんに、感謝の気持ちを父の日にしっかり伝えていきたいですね。

スポンサーリンク

 - 6月の行事