お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

豊田おいでんまつりの日程や花火大会の時間は?アクセスは?

      2017/04/15

豊田おいでんまつり 日程毎年、『有名花火師が選ぶ花火大会10選』にも選ばれる、東海地区で最大級の花火大会が愛知県豊田市の豊田おいでんまつりにて開催されます。

1万3000発もの芸術的で迫力ある打ち上げ花火が、夏の夜空を美しく彩る豊田おいでんまつりですが、詳しい日程や花火大会の時間。さらに花火が見やすいおすすめスポットや、アクセスについてお伝えさせて頂きます。

スポンサーリンク

豊田おいでんまつりの日程は?

愛知県豊田市で毎年6月になると開催される豊田おいでんまつりですが、日程については、実は6月中旬頃から市内各地で踊りを楽しむ「マイタウンおいでん」というイベントが約1ヶ月間開催されるといいます。

そして7月下旬になると、マイタウンおいでんから選抜された踊りのチームが魅せる踊りを披露し、おいでん祭りの総踊りとなる「おいでんファイナル」が開催されるそうです。※花火大会については、豊田おいでんまつりの最終日に行われるようです。

2017年度の豊田おいでんまつりは、6月17日(土)の「マイタウンおいでん」を皮切りに、ほぼ毎週「おいでんまつり」が開催されます。そして、「おいでんファイナル」が7月29日(土)に開かれ、花火大会は翌日7月30日(日)の日程で開催されます。

2017年で49回目を迎える豊田おいでんまつりですが、もとは1968年から始まった「豊田まつり」が起源となっているそうです。

この頃の豊田市といえば、街が吸収合併を繰り返していた時期でもあり、さらに自動車で有名な「トヨタ自動車」が大きく飛躍した時期でもあったといいます。そして豊田まつりは、新しく街に引っ越してきた方や、昔から住まれている方たちの交流の場のお祭りであったといいます。

しかし、豊田まつりが20回を迎える頃になると、祭りに対して、今一度原点に立ちかえり見直してみようという話が持ち上がったそうです。そして、話し合いの末にお祭りは見直され、そこでは新たな企画である、みんなで楽しく踊る「総踊り」も考案されたことで、名称も「豊田おいでんまつり」として生まれ変わっていったといいます。※豊田おいでんまつりになった頃から、お祭りの最終日に花火大会も開催されるようになったそうです。

また、豊田おいでんまつりの「おいでん」は、三河地方の方言で「おいで」という意味があるといいます。※豊田まつりから、豊田おいでんまつりに生まれ変わるときに考案された、踊りの企画である「マイタウンおいでん」や「おいでんファイナル」も、この“おいでん”から名付けられているそうです。

お祭りの開催期間中には、豊田市内では『おいでん民謡調』という曲が流れるそうですが、

ポップな歌と踊りで、歌詞には方言である「おいでん(おいで)」、「おどろまい(おどろうよ)」、「みりん(みてね)」など独特な言葉も楽しめるといいます。

さらに『おいでん民謡調』には、ディスコ調の踊りもあるそうです。

豊田おいでんまつりの花火大会の時間は?

長い期間、開催される豊田おいでんまつりですが、特に見どころの1つである、マイタウンおいでんの総踊り「おいでんファイナル」は7月29日(土)に名電 豊田市駅東側一帯(17時~20時30分頃)で開催されます。

お祭り最終日を飾るにふさわしい「豊田おいでんまつり花火大会」は、7月30日(日)に矢作川河畔の白浜公園一帯で花火が打ち上げられますが、時間については19時~21時で開催されます。※雨天での延期はないそうです。

毎年、熟練の花火職人が打ち上げる花火は、その花火もとても芸術的で、中でもメロディに合わせて打ち上げられる「メロディ花火」は感動的だといいます。

また、ラストでは夜空を埋め尽くすほどの花火が広がる「ワイドスターマイン」や「ナイアガラ大爆布」は、

ぜひ生でみてほしい、見ごたえ十分な迫力だそうです。

スポンサーリンク

花火が見やすいおすすめスポットは?

例年、豊田おいでんまつりには花火見学を含め36万人もの方が訪れるそうで、花火大会も毎年混雑するといいます。

花火が見やすいスポットとしては「白浜公園」が有名ですが、こちらは前日から場所取りができるものの、すぐに良い場所は確保されてしまうそうです。また、少し離れた場所から花火を見学するにしても、良い場所はやはり人で溢れてしまうといいます。

そこで、地元の方たちが「穴場」と呼んでいるおすすめスポットが、

◆矢作緑地川端公園
打ち上げ会場である、矢作緑地白浜公園の土地と続いている「矢作緑地川端公園」は、花火も見やすく、メロディ花火の音楽も聴こえるそうです。

※矢作緑地川端公園には遊具もありますので、花火を待つ間はお子さんの遊び場には最適だといいます。

◆桜城址公園
豊田信用金庫本店前にある桜城址公園は、園内はさほど大きくありませんが、花火はとても見やすいそうです。

※桜城址公園には遊具の他にも、トイレが設置してありますので、穴場としてはおすすめなスポットとなっています。

◆毘森公園
花火の打ち上げ会場や、豊田駅よりもやや西側に毘森公園があるため、見える花火は小さくなってしまうそうです。

それでもこの公園は穴場中の穴場なそうなので、人混みを避けてゆっくり見たい場合はおすすめスポットだといいます。

豊田おいでんまつりのアクセスは?

豊田おいでんまつりのアクセスは、

◆電車でアクセスする場合
名鉄豊田市駅から徒歩で約10分

◆車でアクセスする場合
東名高速豊田ICから国道153号経由で約15分

豊田おいでんまつりに車で向かわれる際は、特に花火大会の当日は交通規制が行われ、さらに無料や有料で停められる駐車場もすぐに満車となってしまうようです。

また、渋滞にハマってしまうと抜け出すのが難しくなってしまうため、できるだけ公共機関を使って移動するのが良いそうです。

※どうしても車で向かいたい場合は、豊田駅より前の「上挙母駅」または「梅坪駅」の駐車場に停めて、電車で現地まで行くのがおすすめだといいます。

・住所:愛知県豊田市
・お問い合わせ:0565-34-6642
(豊田おいでんまつり実行委員会事務局)

まとめ

国内屈指の花火職人の技が見られる花火大会ですが、それ以外でも豊田おいでんまつりは、市街地を中止にパレード形式による踊りが楽しめる「おいでんファイナル」など、誰でも踊りを楽しめる参加型のお祭りとなっています。

他にも、豊田大橋西側一帯では17時~21時の間は屋台も出ているそうなので、美味しいグルメも食べながら夏のお祭りを楽しみたいですね。

スポンサーリンク

 - 6月の行事 , ,