お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

博多祇園山笠の日程は?見どころやアクセスは?

      2017/04/30

博多祇園山笠 日程博多を代表する荒々しい祭りとして別名「男祭り」とも呼ばれる、博多祇園山笠(はかたぎおんやまかさ)

博多どんたくと共に、博多を語る上では欠かせない祭りですが、博多祇園山笠の詳しい日程や見どころ、アクセスについて解説させていただきます。

スポンサードリンク

博多祇園山笠の日程は?

毎年、同じ日程で開催される博多祇園山笠は、
7月1日~15日までの期間で開催されるといいます。

2017年度の日程についても、7月1日(土)~15日(土)まで開催されるそうです。

※博多祇園山笠の祭り期間中は、さまざまな行事が行われるそうで、

・7月1日~8日:子供山笠
・7月1日~9日:飾り山笠一般公開
・7月1日:注連(しめ)下ろし
・7月1日:ご神入れ
・7月1日と9日:お汐井(しおい)とり
・7月10日:流舁(ながれか)き
・7月11日:朝山笠
・7月11日:他流舁き
・7月12日:追い山笠ならし
・7月12日と15日:櫛田入り
・7月13日:集団山見せ
・7月15日:追い山

などが開催されるそうです。

また、博多祇園山笠は「櫛田神社祇園例大祭」というのが正式名で、福岡県福岡市の櫛田神社(くしだじんじゃ)の神事となっているそうです。

祭りの起源は、いくつかの説はあるものの、現在では1214年頃から開催されていたのでは?と言われているようです。1214年頃の博多では疫病が蔓延しており、その際に「聖一国師」という徳の高いお坊さんが疫病を静めるために、山笠の原型となる乗り物にのり、清めた水を撒いて「施餓鬼棚(せがきだな)」と呼ばれる、疫病退散を行ったそうです。

そして、この施餓鬼棚がやがて祇園祭や山笠へと繋がり、博多を代表する祭りとして発展していったのでは?と言われているようです。

さらに博多祇園山笠では、昔から独自の風習があるそうで、祭り開催期間中は「キュウリを食べてはいけない」という決まり事があり、この理由は、櫛田神社の神紋がキュウリを切った断面に似ているからだといいます。

また、この祭りは「女人禁制」でもあるそうで、女性には「女の子の日」があることから、神様への穢れとなり、失礼にあたると昔は考えられていたようです。※祭り自体は女性の見物はもちろん大丈夫ですが、担ぎ手が待機する詰め所への立ち入りや、山笠に触れることは禁止されているそうです。

最近では、一部の山笠のみ女児(小学生)でも担ぐことが出来るようですが、成人の女性は担ぐことが許されていないといいます。

さらに博多祇園山笠に参加する地元の方は、会社勤めの方なら有給休暇を取って参加するほどで、会社によっても「山笠休暇」として正式に認められている所もあるそうです。

博多祇園山笠の見どころは?

博多祇園山笠の1番の見どころといえば、祭り最終日に行われる「追い山」だといいます。

追い山では、人形などが豪華に飾られた山笠を男たちが担ぎ、およそ5キロの道を一気に駆け抜けるタイムトライアルが行われるそうです。

追い山出典:asakusaomatsuri.com

追い山は櫛田神社で早朝から行われ、一番山スタートを皮切りに5分おきに次々と山笠が、東長寺や承天寺付近の細い路地を駆け回り、ゴール地点である須崎町の「廻り止め」を目指すそうです。また、20数名で総重量が約1tもある山笠を担いでいるにも係わらず、平均タイムが30分前後という、まさに男の祭りだといいます。

ちなみに、追い山は早朝4時59分という、少し中途半端な時間から開始されますが、これは1番最初に走りだす「一番山笠」が、全ての山笠のチームを代表して「博多祝い唄」というお祝いの唄を歌うからだといいます。※祝い唄を歌い終える頃には5時丁度となることで、同時に一番山笠がゴールを目指し、勢いよくかけ出していくそうです。

追い山は、博多祇園山笠の見どころとして外せないイベントですが、もし祭り最終日に見に行けない場合は、7月12日に追い山とほぼ同じことが行われる「追い山ならし」を見学するのもおすすめだといいます。

追い山ならしは、追い山のリハーサルのような位置づけで、追い山より走るコースは短いものの、やることはほぼ同じのようです。開始時刻については、追い山ならしは15時59分と遅い時間から行われますので、早起きしなくても見学することができるそうです。

他にも山笠を見るのなら、13日の15時30分頃から行われる「集団山見せ」も見どころだそうで、呉服町交差点に全ての山笠が集結し、天神を経由しながら福岡市役所前の桟敷席を目指すそうです。

この集団山見せは、日中に行われることもあり、山笠が通るコースである明治通りには、毎年たくさんの見物人が集まるそうです。そして沿道は、集団山見せが開始される1時間~30分前には人で埋め尽くされてしまいますので、良い位置で見たい場合は、早い時間に現場に到着するのが良いといいます。

※集団山見せで、特に見どころスポットとしては、「西大橋の手前」がおすすめだといいます。この場所は少し登り坂になっており、山笠は登り坂を越えるために、少し手前で加速!その勢いを保ったまま橋を渡るので、山笠が通るコースの中で1番勇壮でスピードの乗った姿を見ることができるそうです。

スポンサードリンク

博多祇園山笠のアクセスは?

博多祇園山笠のアクセスは、

◆電車でアクセスする場合
福岡市営地下鉄祇園駅から徒歩で約5分

※車でアクセスする際は、博多祇園山笠の開催期間中は広い範囲で交通規制が実施されるようです。特に12日~15日までの間は街の中心部は通行止めとなるため、公共機関を利用して現地に行くのが良いそうです。

・会場:櫛田神社近辺および市内各所
・住所:福岡県福岡市博多区上川端町1-41
・お問い合わせ:092-291-2951
(櫛田神社/博多祇園山笠振興会)

まとめ

博多を代表する祭りとして、毎年7月に博多祇園山笠が開催されますが、博多といえば美味しいグルメが味わえる街としても有名です。

博多祇園山笠に参加される際は、地元の名産品も味わいつつ、法被にふんどし姿の山笠衆の迫力ある姿や熱気をぜひ、生で体感してみたいですね。

スポンサードリンク

 - 7月の行事 ,