お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

花火の捨て方はどうすれば良い?未使用の場合は?

   

花火 捨て方夏の楽しみといえば手持ち花火に打ち上げ花火など、夜に花火をする方も多いと思います。しかし、花火を楽しんでいる時は良いのですが、後片付けで捨てる際にどう捨てれば・・・と迷ってしまうことがあるかも知れません。

そこで今回は花火の捨て方や、自宅に保存したままの未使用の花火を捨てる方法。さらに保存期間や保存方法について解説させて頂きます。

スポンサードリンク

花火の捨て方はどうすれば良い?

自宅の庭や公園などで手軽に楽しめる花火ですが、実は使い終わったままの状態で、そのまま捨てるのはダメだそうです。理由は、使い終わった花火のままの状態で捨ててしまうと、火薬部分がまだ残っていた場合に、爆発する危険性があるからだといいます。

花火を終えた後の捨て方については、使い終えた花火を処分する前には必ず水につけておき、火薬部分を濡らしておく必要があるそうです。

花火を水で濡らすために、バケツなどの容器に水をたくさん入れた状態で、その中に1週間ほど漬けておくのが良いといいます。そして、1週間ほど経った後は各地域の「可燃ゴミの日」に捨てれば、爆発の心配なく捨てることができるそうです。

※花火を捨てる際は、地域によっては可燃ごみでなく、「不燃ゴミ」として捨てなければいけない場所もありますので、捨てる前に必ず各自治体に確認しておくのが良いといいます。

それでも、ほとんどの場合は家庭ゴミの日に捨てることができますが、住んでいる地域によっては回収してもらえないケースもあるようです。回収してもらえない理由には花火が「危険物」として取り扱われるからで、このような場合は「不用品回収業者」に依頼するのがおすすめだといいます。

回収業者なら危険物でも捨ててくれますので、自治体で回収してもらえない際は、検討してみるのが良いそうです。

未使用の花火の捨て方は?

未使用の花火の捨て方については、こちらもそのままの状態で捨ててしまうのは、爆発する可能性が高いので危険です。特に未使用の花火は、火薬がそのまま残っていますので、絶対に正しい捨て方で処分する必要があるといいます。

安全に捨てる方法としては、未使用の状態で処分するのではなく、せっかくの花火ですので使用し、楽しんだ後に捨てるのが1番だと思います。しかし、長い期間も未使用のままの花火だと、湿っていて火がなかなか付かなかったり、火を付けること自体怖いかも知れません。

使わなくなった未使用の花火の捨て方としては、こちらも使用した後の花火のように、バケツに水を入れた中に未使用の花火を漬けてから捨てます。※最低でも丸一日ほど漬けておくのが良いそうです。

捨てた後も爆発しないように、火薬をしっかり水で濡らしておく必要があり、ゴミに出す場合も濡れた新聞紙などで包んだ状態で捨てるとより安全だといいます。

ちなみに火薬の成分の中で、特に酸化剤は塩の成分とよく似てるために、水に溶けるそうです。そして、酸化剤が水に溶けて分離されれば、火薬の機能がなくなってしまうために爆発や燃える心配はなくなるといいます。

また、水で濡らした後の未使用花火を捨てる際の、各自治体の分別方法については、こちらもほとんどの地域は「燃えるゴミ」として出せる地域が多いようです。※各自治体の多くは、未使用の花火の場合は水に浸した後にゴミに出すところがほとんどだといいます。

参考として、燃えるゴミ(可燃ゴミ)として捨てることが可能な地域が、札幌市(有料)、いわき市、福島市、東京都町田市、神戸市、横浜市、名古屋市、小田原市、京都市、北九州市などがあるようです。

※ほとんどの地域でも燃えるゴミとして出すことができるようですが、一応確認のために捨てる前は、自分が住んでいる各市町村の自治体のホームページなどで確認しておくのが良いそうです。

スポンサードリンク

花火の保存期間は?

花火の保存期間については、実は特に決まった使用期限はなく、火薬が乾いているなら使うことができるそうです。さらに花火は経年劣化はしないとも言われおり、保存状態が良ければ10年前の花火でも、問題なく遊べるといいます。

しかし、10年前の未使用の花火だとしても、花火業界では「10年以上経過している花火は使用しないほうが良い」と決められているそうですが、これもあくまで基準であることから、仮に10年以内の花火でも、火薬の部分が湿っている場合はすぐに捨てる必要があるそうです。

ですので、10年以上の花火と火薬が湿っている花火は処分対象になる!と認識しておくのが良いと思います。※これらの花火を捨てる場合も、水に漬けてから処分します。

花火の保存方法は?

新しく買った花火でも、全部使い切れずに保存することがあるかも知れません。しかし、ビニール袋に入っている花火セットなどを保存する場合に、そのままビニール袋に入れて保存するのは、火薬が湿る1番の原因となるそうです。

火薬を湿らせないように保存するには、余った花火は新聞紙で包む・大きめのビニール袋か箱に乾燥剤と一緒に入れるなどが良いようです。

保管する際は直射日光が当たらないように、湿度が低く、高温にならない場所に置くのがおすすめだといいます。※保管してある花火の上には、重い物を置かないように注意が必要です。

まとめ

花火を捨てるときは必ず、水に漬けてから処分するのが大事ですが、水に漬けた花火は火薬も溶け出しているので、取り出す作業は面倒だと思います。そこで、できるだけ面倒をかけずに取り出す方法として、あらかじめバケツに「少し厚めのスーパーなどの袋」をかぶせます。

そして、袋をかぶせた上に水を入れて花火を漬けておきますが、捨てる際はビニール袋をバケツから取り出し、袋の角の部分を2ヶ所ほど少し切ることで水だけが流れますので、バケツや手も汚さずに処分できるそうです。

スポンサードリンク

 - 生活・ライフスタイル ,