お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

暑中見舞いの時期はいつまで?残暑見舞いは?返礼の期限は?

   

暑中見舞い 時期夏の時期に送る暑中見舞いですが「いつ出せば良いの?」と迷われることがあるかも知れません。また、頂いた暑中見舞いの返礼についても、すぐに出すべきなのか?こちらも迷ってしまったり、さらに残暑見舞いもあることから余計に分からなくなることも。

そこで今回は暑中見舞いと残暑見舞いを出す時期や、返礼の期限について詳しく解説させて頂きます。

スポンサーリンク

暑中見舞いの時期はいつまで?

暑中見舞いを出す時期については、いくつか説があるようですが、一般的に梅雨が明ける頃~お盆に入る前の時期と言われているそうです。

暦でみてみると、二十四節記の1つである小暑(しょうしょ)からで、この日は毎年前後するものの、2016年は7月7日が小暑になるようです。

また暑中見舞いが終わるのは、暦では秋の時期となる立秋(りっしゅう)の前日までで、2016年は8月7日が立秋となることから、前日である6日までに暑中見舞いを出すのが良いそうです。

2016年は、7月7日~8月6日までが暑中見舞いを出す時期となるようです。

※暑中見舞いを出す時期には、ある程度の時期はあるものの、絶対にその日に出さなければいけない!という決まりはありませんので、出す時期が少し早くても、暑い時期なら出しても失礼にはあたらないといいます。

残暑見舞いの時期はいつまで?

暑中見舞いの他にも「残暑見舞い」というのがありますが、こちらを出す時期は、暦の上で秋になってからだといいます。※秋は暦で立秋となりますので、2016年は8月7日になります。

また残暑見舞いを出せる時期は、暦で白露(はくろ)と言われる、外の気温が下がり霧や露が出始める頃までで、2016年は9月7日になるそうです。

2016年は、8月7日~9月7日までが残暑見舞いを出す時期となるようです。

※残暑見舞いを出す時期については9月7日となっていますが、9月を過ぎてから残暑見舞い受け取るのは遅いと感じられる方も多いそうなので、現在では8月31日までに出すのが一般的だといいます。

最近では、暑中見舞いや残暑見舞いが手軽に出せるような「かもめ~る」というハガキが郵便局で販売されており、年賀ハガキのように商品が当たるクジが付いているそうです。

かもめ~るには始めから、イラストや挨拶などの文面がプリントされたハガキもありますので、そこに自分で一文を添えるだけで、すぐに出すことができるそうです。※かもめ~るのクジ付きのハガキは2016年は6月1日から販売されますが、購入する際はクジの抽選が9月5日に行われるため、できるだけ8月31日までに相手先に届かないといけません。

また、抽選日である9月5日以降に届いてしまうと、外れクジのハガキを送ることになり失礼になってしまいます。※かもめ~るのクジ付きは8月26日頃まで販売されるそうなので、暑中見舞いとして出すのが良いといいます。

スポンサーリンク

暑中見舞いの返礼の期限はいつまで?

暑中見舞いを頂いた際の返礼の期限については、できるだけ早いうちに返礼を出すのが良いといいます。※うっかり返礼を出し忘れてしまわないためにも、頂いたその日のうちに出すのがおすすめです。

また、返礼用のハガキがない場合はすぐに出せないこともあると思います。そのような場合でも、遅くても最低3日以内に返礼を出すようにして、暑中見舞いを頂いた1周間以内には相手先に届くようにするのがマナーだといいます。

さらに返礼を出す際には、時期によっては暑中見舞いとして出すのか?残暑見舞いとして出すのか?と迷われることがあるかも知れません。

返礼を出す際の目安としては、

◆暑中見舞いの時期に届いた場合
暑中見舞いの時期に届いた際の返礼は、暑中見舞いの返礼として出せば良いそうです。

◆8月に暑中見舞いが届いた場合
8月に入ってから暑中見舞いが届いた場合は返礼を出す際に、相手先に届く時期をある程度計算しておくのが良いといいます。

例えば、相手先に届く返礼の時期がお盆前なら「暑中見舞い」として。また相手先に届く時期がお盆の最中・お盆が終わった後なら「残暑見舞い」として出すのが良いといいます。

◆白露の前に残暑見舞いが届いた場合
白露の時期よりも前に、残暑見舞いを頂いた場合は、返礼は残暑見舞いの書き方ではなく、「お見舞い頂き、ありがとうございます」というような秋の挨拶の文面を添えたハガキを出すのが良いそうです。

また返礼の言葉を添える際は、基本的には暑中見舞いや残暑見舞いと同じ文章の構成にプラスして、相手から頂いた暑中見舞いに対するお礼や感謝の言葉を入れます。

感謝の言葉としては、「お見舞状を頂きまして、誠に恐縮に存じます。」、「ご丁寧に暑中見舞いを頂き、大変ありがとうございました。」、「暑中お見舞いを頂きまして厚く御礼申し上げます。」などがあります。

※感謝の言葉の他にも、相手先から頂いた暑中見舞いの内容に対して、一言付け加えるとさらに良いそうで、例えば「◯◯様はお元気でお暮らしのご様子、嬉しく存じます。」、「皆様にはお健やかにお過ごしのご様子、何よりと喜び申し上げます。」などを加えるだけでも、より気持ちが伝わると思います。

まとめ

暑中見舞いや残暑見舞いは、本来なら日頃からお世話になっている方々の元に訪れ、直接贈り物をしたり暑い時期に相手先を見舞うと同時に、自分の近況を知らせるものだったそうです。そして郵便制度が発達すると暑中見舞いは簡略化されていき、年賀状のような書状の交換になっていったといいます。

しかし、いくら簡略化されたからと言って、感謝の気持ちや相手を想う気持ちに変わりはないと思いますので、こちらの近況を含めて暑中見舞いを出し、先に頂いた際もきちんと返礼していきたいですね。

スポンサーリンク

 - 7月の行事, 8月の行事 ,