お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

横須賀花火大会の日程は?穴場スポットやアクセスは?

      2017/05/27

横須賀花火大会 日程神奈川県横須賀市では夏に開かれる「よこすか開国祭」のメインイベントとして、開国花火大会が開催されます。そして、花火大会ではスターマインや水中花火、キャラクター花火に尺玉など、多彩で美しい花火が横須賀の海を背景に約6000発も打ち上がるそうです。

そんな横須賀花火大会の日程や穴場スポット、アクセスについて詳しく解説させて頂きます。

スポンサーリンク

横須賀花火大会の日程は?

例年、よこすか開国祭は7月最後の週の日曜日~8月最初の土曜日までの日程で開催され、2017年の開国祭については、まだ詳しい日程は発表されていませんが、例年通りで見ると7月31日~8月6日になるのでは?と思われます。

そして、開国祭の最終日に花火が打ち上げられることから、

2017年度の横須賀花火大会の日程は、8月5日(土)に開催される見込みです。

横須賀花火大会の会場は、うみかぜ公園や三笠公園になりますが、花火の打ち上げ時間は19時15分~19時45分までと、他の花火大会と比べると比較的短い時間となっているそうです。※悪天候の場合は延期はなく、その年は中止となってしまうそうです。

また横須賀といえば幕末時代、黒船に乗ったペリーが初めて上陸したことで有名な街で、明治維新後は海外に開けた貿易拠点の港町として発展したといいます。

そして、ペリー来航150周年を記念するイベントとして、2003年から「よこすか開国祭」が毎年開催されるようになり、最終日にフィナーレを飾るイベントとして「開国花火大会」が行われるようになったといいます。

花火大会では、横須賀の夜空を鮮やかに彩るスターマインに尺玉、キャラクター花火に水中花火など、約5000発もの花火が打ち上がるそうですが、横須賀花火大会の最大の特徴と言えば、やはり他の花火大会よりも打ち上げ時間が30分程と短いことにあるといいます。

通常の花火大会は1時間~2時間ほど花火が打ち上がりますが、横須賀花火大会は30分で5000発もの花火が上がるため、他では味わえない、とても濃厚なひと時として花火を楽しめるそうです。

横須賀花火大会の穴場スポットは?

打ち上げ時間が30分程と短い横須賀花火大会ですが、その分、速射連発花火のスターマインや連続打ち上げ花火、さらに海上で扇型に花開く水中花火など、趣向をこらした花火を楽しむことができるそうです。

毎回、横須賀花火大会は花火の演出も違うため、この短い時間に打ち上がる花火を見るために、例年17万人以上もの方が訪れるといいます。

そして、花火をゆっくり見学したい方のために、2015年から「有料観覧席」が設けられ、市民協賛観覧席として「チケットぴあ」などでチケットを購入できるそうす。※2017年度のチケットについては、まだ詳細は発表されていませんが、2015年の販売価格は2500円(自由席で1ドリンク付・販売席数は2500席)。

チケットぴあ以外にもJTB首都圏横須賀中央店、京急観光久里浜旅行センター、スカナビi(横須賀観光インフォメーション)、京急観光横須賀旅行センターなど販売されていたようです。

また、有料のチケットを購入してゆっくり花火を楽しむ以外にも、穴場スポットで横須賀花火大会を楽しむ方法もあるといいます。

おすすめの穴場スポットは、

◆中央公園
横須賀市文化会館の近くに位置する中央公園は、小高い丘にあることから、天候が良ければ東京湾を一望できるため、花火もしっかり見ることができるそうです。

しかし、水中花火などは打ち上げ場所から少し離れた位置にあるため、見え辛くなってしまうそうですが、穴場スポットとして比較的空いているといいます。

◆新安浦港
打ち上げ会場の1つである「うみかぜ公園」から近い場所にある新安浦港は、打ち上げ花火はもちろん、水中花火などの仕掛花火もしっかり楽しめるそうです。

また交通の便も、うみかぜ公園と同じ京急本線・県立大学駅なので便利ですが、最近は穴場スポットとして新安浦港は有名になりつつあることから、今年は混雑する可能性もあるといいます。

※花火大会以外でも新安浦港は漁港ということで、土日になると魚介類などが安く購入できるそうです。

◆アメリカ軍横須賀海軍基地
横須賀海軍施設でもあるアメリカ軍横須賀海軍基地は、よこすか開国祭の開催期間に合わせて「ネイビーフレンドシップデー」として、一部が入場できるようになるそうです。※朝10時~夜9時まで入場可能。

横須賀花火大会の当日も入場できるそうで、打ち上げ会場である三笠公園に近い場所を確保できれば、花火がキレイに見られる穴場スポットとなっているようです。

◆海辺つり公園
芝生広場や全長約500メートルのボードウォークがある、釣り広場が人気の海辺つり公園ですが、花火の打ち上げ会場からは少し離れた場所にあるため、水中花火などは見えにくいいものの、打ち上げ花火は見ることができるそうです。

また釣りができますので、朝は釣りを楽しんだ後に、夜は花火を楽しむというのも良いかも知れませんよね。


スポンサーリンク

横須賀花火大会のアクセスは?

横須賀花火大会のアクセスは、

◆電車でアクセスする場合
・京浜急行 横須賀中央駅東口から徒歩で約25分
・京急汐入駅から徒歩で約15分
・JR横須賀駅から徒歩で約20分

車で向かわれる際は、横須賀花火大会の当日の周辺は、夕方頃には通行止めとなるそうで、特にうみかぜ公園は一般車両の駐車は禁止されるといいます。

さらに、打ち上げ会場近くに駐車できたとしても、花火終了後も22時頃まで車を出せなくなるそうなので、できるだけ公共機関を利用するのがおすすめだといいます。

※電車についても、花火大会後は電車に乗れないほど混雑するそうなので、花火が終わった後はしばらく現地に居て、余韻を楽しむのが良いそうです。

・住所:神奈川県横須賀市平成町など
・お問い合わせ:046-822-8301
(横須賀観光インフォメーション スカナビi)

まとめ

横須賀花火大会は打ち上げ時間は少ないものの、一気に連続して打ち上げる光景は迫力満点だといいます。

よこすか開国祭の期間中には他にも、「開国ダンスドリームス」や「開国わいわい広場」など、色々なイベントも開催されるそうなので、昼と夜とで横須賀を満喫するのも良いかも知れませんね。

スポンサーリンク

 - 8月の行事 ,