お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

青森ねぶた祭の日程は?見どころやアクセスは?

      2017/05/27

青森ねぶた祭 日程東北を代表するお祭りとして青森ねぶた祭では、「ラッセラー ラッセラー」の掛け声と共に、豪華に装飾された大型の山車が街中を練り歩くなど、迫力満点のお祭りとなっています。

毎年、全国から300万人以上もの観光客が訪れる、まさに日本を代表するお祭の1つである青森ねぶた祭について、詳しい日程や見どころ、アクセスについてお伝えさせて頂きます。

スポンサードリンク

青森ねぶた祭の日程は?

青森県青森市で開催される青森ねぶた祭は、毎年8月2日~7日の日程で行われるといいます。

2017年度は、8月2日(水)~7日(月)までの日程で開催されますが、8月1日は前夜祭が行われるそうです。

主に行われる行事日程は、

◆8月1日(18時~21時頃)
青い海公園特設ステージにて前夜祭が行われます。また、この日は19時~20時40分頃まで浅虫温泉では、浅虫温泉花火大会が開催されるようです。

◆8月2日~3日(19時10分~21時頃)
大型ねぶた(約15台)と子どもねぶた(約15台)が運行されます。

◆8月4日~6日(19時10分~21時頃)
大型ねぶた(約20台) が運行されます。※6日には「ねぶた大賞」など各賞が発表され、受賞したねぶたを観覧することができます。

◆8月7日(13時~15時頃)
大型ねぶた(約20台)が運行されます。また、19時15分~21時まではねぶた海上運行(青森港)にて、青森花火大会が開催されるようです。※「ねぶた大賞」などの各賞を受賞したねぶたが青森港を運行し、花火と一緒にお祭りのフィナーレを飾るそうです。

また、「ねぶた」は青森市の他にも、東北地方のさまざま場所で開催されているそうですが、ねぶたの起源についても、さまざまな説があるといいます。

説の1つとして、平安時代に東北一帯を支配下に治めていた「蝦夷(えぞ)」を討伐する際に、征夷大将軍・坂上田村麻呂が戦場を灯籠で照らし、さらに笛や太鼓を使って蝦夷をはやし立てたことが、ねぶたの起源とも言われているそうです。※しかし、この説も歴史上の事実ではないようです。

そして最も有力な説として、ねぶたは七夕とお盆がきっかけで誕生したといいます。七夕の行事で行われる「迎え火」とお盆の「送り火」が合わさり、それが「ねぶた」として変化していったそうです。

また、ねぶたという呼び方については、青森市では「ねぶた」と呼ぶ一方で、弘前市などで開催されるお祭りは「ねぷた」と呼ぶ地域もあるようです。

なぜ呼び方が違うのか?については、元々の呼び方は同じだったそうですが、地域によってしゃべり方(なまり方)に違いが生まれ、呼び方に違いが出ていったようです。

青森ねぶた祭の見どころは?

青森ねぶた祭の見どころは「ねぶた師」と呼ばれる、熟練の職人さんの手作りによる、高さ約5メートル・幅9メートル・奥行き7メートル・重さ4トンの山車が街中を練り歩く姿だといいます。

※ねぶた師が手がけたねぶたは、人によって特徴に違いがあるそうなので、それらを見比べてみるのも楽しいと思います。

また、巨大な山車の動きは激しく、昔はさらに激しかったといいます。以前のねぶたでは、山車が出発するスタート地点~ゴール地点まで1台ずつ練り歩いていましたが、その後は形式が変わり、現在では山車が練り歩く各コースにねぶたを配置しておき、1台ずつではなく一斉に練り歩く方式になったそうです。

※スタートは花火の合図で始まり、花火の合図で一斉に終了しますので、終わるときは意外とあっけなく終了してしまうそうです。

他にも、青森ねぶた祭の見どころと言えば、ねぶた祭を語るうえで欠かせない「ハネト(跳人)」の存在だといいます。ハネトと呼ばれる踊り子たちは「ラッセラー ラッセラー」と勇ましい掛け声をあげながら、20台前後の山車と一緒に跳ね歩くそうです。

※ハネトは一般の方でも、公認衣装を着ていれば誰でも参加できるそうで、衣装は青森市内の各デパートで1万円程で購入できるようです。(レンタルは4千円程)

ハネトの衣装を着ていれば、受付や事前登録する必要なしに飛び入り参加できるそうですが、中には参加できない団体もあるといいます。

また青森ねぶた祭では年々、ハネトの参加条件が厳しくなっているそうで、理由は特攻服や黒装束を着た、ハネトの衣装ではない「カラス」と呼ばれる輩の存在にあるといいます。

ハネトとして参加される際は、

・運行委員の指示に従い、みんなが楽しめる明るい祭りする。
・ねぶたが出発する30分前までには、待機場所に集合する。
・花笠をかぶった正装で参加する。
・ねぶたと関係ないホイッスル等の持ち込み禁止。
・行列の中で花火や爆竹は禁止。
・一升瓶などのお酒の持ち込み、空缶の投げ捨て禁止。
・途中参加や運行中の逆戻りはやめる。
・救急車や消防車が出動した際は、速やかに道路を空ける。

などのルールを守りつつ、怪我などにも注意してお祭りを楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

青森ねぶた祭のアクセスは?

青森ねぶた祭のアクセスは、

◆電車でアクセスする場合
JR青森駅から徒歩で約10~20分

◆車でアクセスする場合
青森道青森中央ICから約15分

住所:青森県青森市
会場:青森市中心部
お問い合わせ:017-723-7211
(青森観光コンベンション協会)

青森ねぶた祭は、県庁前・新町通り・アスパム通りなどの交差点付近は道も広く、ねぶたの山車の見せ場になるので毎年、大混雑するといいます。

そこで、ねぶた祭りのおすすめスポットとしては、

◆国道4号線沿い
国道4号線沿いは6車線ある広い道路で、山車が大きく回転したり動いたりと、躍動感あふれる姿が見れるおすすめスポットだといいます。

さらに、国道4号線の中間地点である「柳町通り」の交差点付近でも、長い直線を走る山車の迫力を楽しむことができるそうです。※「平和公園通り」の交差点付近もおすすめスポットとなっているようです。

◆新町通り沿い
国道4号線沿いの反対側となる新町通り沿いは、道幅は狭くなるものの、近い距離から山車を見学することができるそうです。

※ハネトとして参加すれば見る側ではなく、運行側として参加できるので、おすすめだといいます。

まとめ

暑い夏の一大イベントとして、前夜祭も合わせ7日間開催される青森ねぶた祭。特に最終日の夜には、花火大会とねぶたの海上運行の競演もあり、これは青森でしか見ることのできない貴重なイベントとなっているそうです。

普通に見るのも、もちろん楽しいと思いますが、せっかくならハネトの正装に着替えて、さらに熱い青森のお祭りを体験してみたいですね♪

スポンサードリンク

 - 8月の行事 ,