お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

夏太りの原因は?食事で改善できる?

   

夏太り 原因暑い夏のせいで、普通なら食欲が衰えてしまい、体重は落ちていくと思います。しかし食欲がないにも係わらず、体重が減るどころか増えてしまうことも!

そこで今回は、夏太りの原因について。さらに食事で夏太りが改善できるのか?予防する方法についても調べてみました。

スポンサードリンク

夏太りの原因は?

夏は食欲が落ちやすく、汗もかきやすいために、普通に考えれば体重は落ちると思います。

しかし、夏は1年を通して一番太りやすい季節だといいます。

夏太りになる原因の1つに「冷え」があるそうで、暑い時期には電車やバス、オフィスや自宅でもクーラーが効いており、これによって体が冷えてしまうといいます。※体が冷えてしまい、例えば体温が1度下がると、基礎代謝は12%程落ちてしまうそうです。

体が冷えることで基礎代謝は落ちていき、その影響によって、燃焼されない余分なカロリーが脂肪となって蓄積されることが、夏太りの原因となってしまうようです。また、冬よりも夏のほうが代謝が低くなるために、何もしなければしない程、体はどんどん肥えていくといいます。

運動が好きな方であれば、積極的に体を動かすことで代謝を上げることができると思いますが、それでも蒸し暑い夏の時期に、わざわざ汗だくになってまで運動したくない方も多いはずです。すると運動不足に加えて何もしないでいる状態が続くことで、夏太りとなってしまうそうです。

他にも、夏は食欲がないために水ばかりを飲んで太ってしまうこともあるようです。

特に砂糖が多く含まれる清涼飲料水などを、毎日ガブ飲みしていては当然太ってしまいますが、なぜ砂糖が入っていない水やお茶を飲んでも太ってしまうのでしょうか?

飲料でも水は、体の循環を行う上ではとても重要な飲み物です。また、カリウムと水を一緒に飲むことでダイエット体質を作ることもできるそうです。最低でも水は、1日2Lは飲んだほうが良く、それなのに夏太りになってしまう大きな原因は「冷たい水を飲む」ことにあるといいます。

暑い夏に、例えばキンキンに冷えた水を一気に飲んでしまうと、内臓も冷えていきますので代謝が落ちていき、さらに血流も悪くなっていくことから、体の循環もスムーズにいかなくことで、脂肪となって蓄積されていくそうです。※体を冷やさないためにも、夏でも冷えた水ではなく、少し温めの水が良いといいます。

夏太りは食事で改善できる?

冷たい飲み物の他に、冷えたスイカやソーメンなどの食事によっても、体は冷えてしまいますので代謝が落ちる=夏太りとなってしまいます。

また、人間の体は冷えから守るために水分や脂肪を蓄えていくそうですが、夏に食べると美味しいソーメンや冷やし中華などは、一見するとカロリーが低く太らないイメージがありますが、実はソーメンは炭水化物なので摂取し過ぎると脂肪が蓄積しやすくなるようです。

※スイカなどの果物も「果糖」が含まれており、果糖は体内に脂肪として吸収されやすいために、食べ過ぎると夏太りの原因になるそうです。

夏は体力も落ちやすいので、夏バテ防止にスタミナをつけるために、あえてカロリーの高いものや脂っこいものを食べてしまうのも、もちろん太る原因となってしまうようです。

夏太りを食事で改善するポイントしては、やはり栄養バランスの良い食事を心がけるのが1番だといいます。

食事で改善する方法として、ソーメンや冷やし中華、他にもアイスクリームなどの炭水化物や糖分を摂る際は、魚・肉・果物・野菜などの副菜を必ず取り入れるようにすると良いそうです。※ビタミンやタンパク質、ミネラルや食物繊維が入った食材は毎日摂取したほうが良いそうです。

また、冷やし中華などの冷えた食材ばかりを食べたり、食欲がないからと何も食べないでいると下痢になる可能性もあるといいます。栄養バランスを考えた食事を摂るだけでも夏太りの改善や、健康維持にも繋がりますので、何も食べない日がないように注意してくださいね。

さらに夏太りを改善するには、カリウムが含まれるキュウリやトマトなどの夏野菜を摂ることで、水分の排出を手助けしてくれますので、代謝改善に効果があるといいます。

スポンサードリンク

夏太りを予防する方法は?

夏太りを予防する方法として、

◆温めの水を飲む
夏太りを予防するにも、やはり水は、冷たいものよりも温めの水を飲むのが良いといいます。夏場で飲む水は、外気で温まった水を飲むのがおすすめだそうです。

※同時にリンゴやバナナなどの果物を食べることでカリウムが摂取でき、体の循環もしやすくなるといいます。

◆軽い運動をする
ハードな筋力トレーニングや有酸素運動では、やること自体が苦痛となってしまう可能性もありますので、軽い運動をして内臓の代謝を促進してあげるのが良いそうです。また、暑い時間に運動するのが嫌な場合は、早朝や夜などの涼しい時間帯にウォーキングをするのがおすすめだそうです。

※運動をする場合はナトリウムの摂取も重要ですので、汗を多く流した後は、軽く塩を舐める程度で良いので摂取すると良いそうです。

◆睡眠をしっかりとる
熱帯夜が続くと寝付きも悪くなってしまいます。睡眠不足も夏太りの原因となるそうで、自立神経の乱れによって食欲がなくなってしまうそうです。すると、体に必要なエネルギーも不足することから、脂肪燃焼に必要なレプチンの分泌も減ってしまい、太りやすくなってしまうようです。

夏太りを予防するためにも、睡眠不足にならないようにエアコンを使う(設定温度は25~28度の間で)。窓の近くに扇風機を置く。氷枕や冷感シーツを使うなどの工夫をして、少しでも寝やすい環境を整えます。

他にも、夏は暑いからと言ってシャワーだけを浴びるよりも、しっかり湯船に浸かるのが良いといいます。湯船に浸かることで疲労回復や冷え予防にもなるそうで、湯船に浸かりながら足の指や裏を揉みほぐしたり、手の指などもしっかり揉みほぐすことで疲労回復にも繋がるそうです。

※手の平の中心あたりには「労宮(ろうきゅう)」というツボがあり、この部分を押してあげることで、疲労回復や循環器系統に効果があるようです。

まとめ

夏が1番太りやすいのも初めて知りましたが、食欲がないからと言って食べなかったり、冷たい水をグビグビ飲んでしまうのも夏太りの原因となってしまいます。

夏太りが原因で体調まで崩さないためにも日頃から、バランスの良い食事や温めの水を心がけて夏を乗り切っていきたいですね。

スポンサードリンク

 - 美容・健康・ダイエット ,