お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

びわ湖大花火大会の日程は?穴場スポットやアクセスは?

      2017/05/27

びわ湖大花火大会 日程日本一の湖として有名な琵琶湖では、毎年夏の時期になると約1万発もの花火が打ち上がるびわ湖大花火大会が開催されます。湖上から打ち上がる色とりどりの花火は色鮮やかで、琵琶湖でしか味わうことのできない、印象的でロマンチックな光景を見ることができるそうです。

そこで今回は、びわ湖大花火大会の日程や穴場スポット、アクセスについてお伝えさせて頂きます。

スポンサーリンク

びわ湖大花火大会の日程は?

滋賀県大津市の琵琶湖で行われるびわ湖大花火大会は、

2017年度は8月8日(火)の日程で開催されるそうです。

・打ち上げ会場:大津港沖の水面一帯
・時間:19時30分~20時30分頃まで
・荒天の場合は翌9日に延期

※毎年、8月8日の日程で開催されるびわ湖大花火大会ですが、8日が土日にあたる場合は金曜日に行われるようです。(2015年の8月8日は土曜日だったため、前日である7日に開催されたそうです)

日本一の湖で開催されるびわ湖大花火大会は、2017年で34回目を迎えるそうで、琵琶湖の夏の風物詩として、毎年約30万人以上もの人で賑わうといいます。

花火大会そのものは1984年からスタートし、当時は「世界湖沼会議」という名前で開催されていたそうです。また、それ以前にも観光協会が主催となって行われていた花火大会はあったようで、回を重ねるうちに滋賀県や大津市も関わるようになり、現在のような大規模な花火大会へと進化していったそうです。

びわ湖大花火大会の見どころは?

毎年、1万発以上もの迫力ある花火が打ち上がるびわ湖大花火大会。中でも見どころなのが、色とりどりの花火が連続で打ち上がる「スターマイン」だといいます。

びわ湖大花火大会で打ち上がるスターマインは通常のものとは違い、地上からではなく水上から打ち上げられるそうです。※水上から打ち上がったスターマインは、見事な扇形に広がっていくため、湖面と地上の景色はまるで1つの美しい花のようだといいます。

さらに琵琶湖でしか見ることができない見どころとして、湖面近くに花火を斜め30度まで傾けて設置する「ワイドスターマイン」は、打ち上がる際も花火が斜めに飛ぶため、こちらも圧巻の迫力ある光景を楽しむことができるそうです。

※びわ湖大花火大会には毎年30万人以上もの人が訪れるため、会場付近はどこも大混雑するようです。そのため、ゆっくり花火を見物したい人には約1万7千席の有料席が用意されるそうです。

有料席は滋賀県営大津港管理用通路・修景緑地などに設置され、料金は前売り券:3900円。当日券が4400円程となっているそうです。チケットは例年、7月1日から「滋賀県観光物産情報センター」などで販売されるようで、日本旅行やチケットぴあでも購入できるそうです。

また、当日券については有料観覧席付近仮設販売所やJR大津駅前日本旅行でも購入できるといいます。(チケットについてのさらに詳しい情報はびわ湖花火大会特設サイトでも確認できるそうです。)

スポンサーリンク

びわ湖大花火大会の穴場スポットは?

びわ湖大花火大会を良い位置から見るなら、やはり有料席で見るのが1番ですが、それでも地元の方が利用している穴場スポットからでも、花火をキレイに見ることができるそうです。

おすすめな穴場スポットについて、

◆矢橋帰帆島
人工島である矢橋帰帆島(やばせきはんとう)は、花火の打ち上げ会場である大津港の対岸にあるため、混雑を避けて見ることができる穴場スポットのようです。また、矢橋帰帆島は無料駐車場もあるそうなので、車で行きたい方にはおすすめな場所だと思います。

◆比叡山の山頂
比叡山の山頂は花火会場から離れた位置にありますが、山頂から花火を見下ろせるそうで、湖の水面に反射した花火もキレイに見ることができるといいます。比叡山も車で行く方には穴場スポットのようで、比叡山ドライブウエイは通行料が掛かってしまいますが、その分混雑は避けられるそうです。※料金は普通車で1670円程

しかし、比叡山ドライブウエイにある「夢見が丘駐車場」も穴場スポットとして有名だそうですが、こちらの駐車場は混雑しつつも、2014年からは追加料金も掛かることから、あまり利用しないほうが良いかも知れません。

◆大津駐屯地
陸上自衛隊の大津駐屯地では、びわ湖大花火大会の日は例年、グランドやヘリポートなどを無料開放するそうで、花火を楽しむことができるそうです。

また、大津駐屯地は花火会場から離れた位置にあるため、打ち上げ花火はキレイに見ることはできますが、湖の水面の花火を見ることは難しいといいます。※大津駐屯地は事故や災害が発生した場合は、急遽開放が取りやめになることがあるそうです。

◆びわ湖競艇場
普段は、ボートレースが開催されているびわ湖競艇場は入場料が必要となりますが、びわ湖大花火大会の当日は無料で入場することができるそうです。びわ湖競艇場は打ち上げ会場となる大津港から近い場所にあり、椅子席で花火が見学できる穴場スポットとなっていますが、こちらは混雑が予想されるといいます。

◆皇子が丘公園
皇子が丘公園は、打ち上げ会場から少し離れた位置にありますが、小高い丘の上にある公園なので、琵琶湖方面の見やすい場所さえ確保できれば、花火を楽しめるといいます。

◆アル・プラザ瀬田店
アル・プラザ瀬田店では、びわ湖大花火大会の当日は屋上駐車場を開放してくれるそうで、少し離れた場所にありますが花火は充分楽しめるといいます。※屋台なども小規模ですが出ているそうです。

びわ湖大花火大会のアクセスは?

びわ湖大花火大会のアクセスは、

◆電車でアクセスする場合
・JR大津駅から徒歩で約15分
・JR膳所駅から徒歩で約20分
・京阪浜大津駅から徒歩で約5分

車で向かわれる際は、びわ湖大花火大会の当日は広い範囲で交通規制が敷かれ、メイン会場周辺である浜大津~JR大津駅の他にも、対岸の草津や湖周道路も一方通行となってしまうそうです。

どうしても車で向かう場合は、最寄り駅の一駅か二駅ほど前の駐車場に停めて、電車で移動するのがおすすめだといいます。

・住所:滋賀県大津市
・お問い合わせ:077-511-1530
(びわ湖大花火大会実行委員会事務局)

まとめ

約1万発ものさまざまな花火や湖面を鮮やかに彩るスターマインなど、琵琶湖の夏を代表する一大イベントとしてびわ湖大花火大会が開催されます。

しかし、花火大会当日の会場付近は毎年混雑しますので、できるだけ早めに現地に着くようにして、ぜひ絶景ポイントが見える位置を確保しつつ、湖面の美しい光景も楽しみたいですよね。

スポンサーリンク

 - 8月の行事 ,