お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

鼻うがいの効果は?やり方や注意点は?

   

鼻うがい 効果鼻の炎症や鼻水、鼻づまりが酷い場合は鼻うがいをすることで、スッキリ解消することができるそうです。最近ではドラッグストアでも鼻うがいの薬液が売られ、誰でも手軽に行えるといいます。しかし、鼻うがいをするにあたり気をつけなければいけない点もあるといいます。

そこで今回は、鼻うがいの効果やり方注意点についてまとめてみました。

スポンサーリンク

鼻うがいの効果は?

鼻うがいは、水を鼻から入れて口から出すという洗浄方法ですが、この方法により、口でするうがいでは取れない鼻の中の粘膜に付着する、細菌・ホコリ・花粉などのアレルギー物質を除去することができるそうです。

また、粘り気のある鼻水により鼻がつまってしまう慢性の副鼻腔炎(ふくびくうえん)の症状にも、鼻うがいをすることで鼻づまりを解消する効果があるといいます。

鼻うがいの効果は他にも、粘液の乾燥を防ぐことで自浄作用が促進され、外から侵入したアレルゲンを排泄させる効果。また、蓄膿症(ちくのうしょう)の膿が排泄されることで炎症の悪化を防いだり、蓄膿症のせいで口臭の原因となってしまう膿栓(のうせん)の除去。

さらに、鼻うがいをすることで喉や目のかゆみが改善され、鼻の中の老廃物を除去することで鼻筋が通ることから、形が整う効果もあるといいます。

鼻うがいのやり方は?

鼻うがいを効果的に行うやり方については、もともと鼻は水を入れる器官ではないために、普通に水を入れてしまうと激しい痛みのせいで、2度とやりたくない!と思ってしまうかも知れません。

痛みや不快感をできるだけ防ぐには、人間の体液と同じ塩分濃度である0.9%の塩水を洗面器などを使い作ってから、鼻うがいをするのが良いそうです。(塩水は水1リットルに対して9グラムほど)

また、塩水を作る際の水は、水道水を使う場合は必ず煮沸消毒=殺菌をしてから使用するのがおすすめだといいます。※煮沸消毒した後は、人肌温度(約35度)になるくらい冷ました後に塩水を作ります。

そして、作った食塩で鼻うがいをしますが、通常のやり方は、水を鼻から入れて口から出すそうです。しかし、鼻から入れて口から出すのは慣れるまで結構難しいそうなので、始めの頃は水を鼻から入れて、鼻から出すやり方が良いといいます。

0.9%の塩分濃度で作った食塩水を、まずは片方の鼻から入れていきますが、入れる際は、もう片方の鼻を手で抑えてから水を吸い込みます。吸い込む際も、塩水を飲んでしまわないように息を止めて、必ず鼻から塩水を出すようにすると良いそうです。※これを両方の鼻で3~5回ずつやれば汚れなどを除去できるそうです。

鼻うがいが終わったら軽く鼻をかんで終わりですが、鼻をかむ前には、鼻の塩水を全て出してからかむのが良いといいます。

鼻うがいに慣れてきたら、今度は鼻から入れた塩水を口から出しますが、やり方としては、塩水を鼻に入れたら息を止めながら少し上を向くことで、塩水が口へ流れやすくなるそうです。

また、口から出すやり方で鼻うがいをする場合は、鼻から出すやり方よりも、塩水を勢いよく吸い込んでから口から出しますが、その際も塩水を飲まないように注意する必要があるといいます。※ごくまれに中耳炎になることがあるそうです。

洗面器などを使って鼻に塩水を入れていきますが、それでもうまく塩水を吸い込めない場合はスポイトを使ったり、ネット通販などでも鼻うがいを効率よく行うための器具が売られているそうです。

さらに自宅以外で鼻うがいをする際は、1から塩水を作ることができませんので、そのような場合はドラッグストアなどで購入できる専用液を使うのがおすすめだといいます。

スポンサーリンク

鼻うがいの注意点は?

鼻うがいを行う際の注意点としては、やはり水道水をそのまま使うのはやめておいたほうが良いといいます。水道水には細菌やアメーバなどの微生物が多少なりと含まれている可能性もあり、これらの細菌などは鼻の中で死滅することなく、神経を辿って脳に行きついてしまうと原発性アメーバ性髄膜脳炎などの感染症を引き起こす危険性があるそうです。

※水道水は、飲み水として飲む場合なら胃酸によって細菌などを死滅させることができますが、鼻うがいは死滅させることができないため、煮沸消毒する必要があるといいます。

また、煮沸消毒する前も「手洗い」をしてから行い、煮沸消毒して作った塩水もその日のうちに使い切ります。※鼻うがいで使った器具も毎回必ず洗浄し、しっかり乾燥してから保管するのが良いそうです。

他にも、緑茶やうがい薬で鼻うがいをする方もいるそうですが、鼻の粘膜は敏感なため、炎症が悪化したり、最悪の場合は他の部位にも影響が出てしまうこともあるといいます。

また、緑茶に含まれるカテキンは飲むことによって殺菌力・抗ウイルス作用などの効果を発揮しますので、鼻に使用するのは避ける必要があるそうです。※イソジンなどのうがい薬も殺菌力が高く、鼻に使用すると粘膜の炎症や副作用を招く恐れがあるといいます。

そして、子供の鼻づまりに対して鼻うがいをするのは控えておいたほうが良いそうです。子供の鼻づまりは、耳鼻科で医師の診察を受けてから鼻洗浄をしてもらい、病院なら鼻の中に薬を入れる器具もありますので痛みもなく、より効果的に鼻づまりを改善できるといいます。※大人の場合でも、鼻の中に無造作に水を入れるのも良くないそうです。

まとめ

鼻づまりには、鼻うがいが効果的ですが、絶対に水道水をそのまま使用するのは控えておき、煮沸消毒してから塩水を作ってくださいね。また、鼻うがいは朝と帰宅後の夜にやるのが良いそうで、やり過ぎもかえって粘膜や線毛にも負担が掛かってしまい、大切な免疫成分も洗い流してしまうことになるといいます。

朝夜の1日2回ほどを目安にして細菌や汚れ、花粉などをしっかり落としていきたいですね。

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット , ,