お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

熱田祭りの花火大会の日程は?穴場スポットやアクセスは?

      2017/04/15

熱田祭り 花火大会 日程どこよりも早い夏のお祭りとして、愛知県名古屋市では6月になると「熱田祭り」が開催されます。祭り期間中には花火大会も行われ、毎年25万人以上もの観覧客が訪れるそうです。

約1000発もの美しい花火が見られる熱田祭りの花火大会について、詳しい日程や穴場スポット、アクセスについてお伝えします。

スポンサーリンク

熱田祭りの花火の日程は?

毎年6月5日の日程で行われる熱田祭りですが、

2017年度の花火大会も6月5日(月)の日程で開催されます。

花火の時間は19時40分~20時30分頃まで。また、6月といえば梅雨の時期と重なっているため、雨天の場合は翌日に延期(多少の雨なら開催)。

熱田祭りが行われる熱田神宮ですが、こちらの神社は三重県にある伊勢神宮に次ぐ、最も権威ある神社として有名だといいます。

皇族とゆかりの深い品である「草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)」をご神体とする神社である熱田神宮は、その他にも「ヤマトタケル」や「スサノオノミコト」、「天照大神(あまてらすおおみかみ)」を祀っているそうです。

また、熱田神宮の歴史も古くから存在し、奈良時代の歴史書である「日本書記」にも、この神社の名前が記されていたといいます。※708年頃には、すでに熱田神宮は存在していたようです。

熱田祭りについては、別名を「尚武祭(しょうぶさい」と呼び、熱田神宮で行われる行事の中で最も重要で格式高く、荘厳なお祭りとして知られているそうです。

そして、熱田祭りはその格式ゆえ、毎年、天皇陛下の勅使(おつかい)が参向されるといいます。6月5日の午前10時頃から、熱田神宮の本宮で神事が行われ、宮司の手による皇族の弥栄(いやさか:ますます栄えること)や国の繁栄を祈願する儀式が執り行われるといいます。

神事の他にもこの日は、献灯まきわらや花火大会などさまざまな行事が行われますが、これらは全て「神様に捧げるための奉納儀式」として執り行われるそうです。

さらに熱田祭りでは、普段は見ることができない天皇陛下の勅使による御幣物(ごへいもつ)の奉納や、御祭文(ごさいもん)の奏上(そうじょう)が見学でき、装束姿で執り行われる奏上は、まるで宮中行事を見ているかのようだといいます。

他にも祭りでは、神楽の奉納・茶席を設け、献茶・演武などの奉納行事も行われるそうです。※行事の中では、一般の方も参加できる「演芸奉納」があり、こちらはのど自慢大会や相撲甚句、詩吟などが行われるそうです。

スポンサーリンク

熱田祭りの花火の穴場スポットは?

夜に行われる熱田祭りの見どころである花火大会は、約1000発以上もの花火が熱田公園にて打ち上げられますが、花火大会の時間は園内は立入禁止となるそうです。

そのため、花火をできるだけ良い位置から見学するための穴場スポットが、

◆神宮公園
神宮公園の西に流れている「堀川」の川沿いにある遊歩道は、花火をしっかり見られるものの、この場所は多くの人が知っているため、混雑は覚悟する必要があるといいます。

◆白鳥庭園
熱田祭りの花火の打ち上げ会場である、熱田公園から近い場所にある白鳥庭園は、神宮公園から堀川を向かいに挟んだ所にあります。

この庭園は花火を間近で見られる穴場スポットとして有名ですが、人気スポットとしても有名だそうで、混雑は避けられないといいます。

◆イオンモール熱田
神宮公園から少し北の位置にあるイオンモール熱田は、屋上の駐車場から花火を見学することができるそうです。

こちらの場所も穴場スポットとして有名ですので、早めに行って良い位置を確保するのがおすすめだといいます。

◆名古屋国際会議場
名古屋国際会議場は花火の打ち上げ会場から離れた場所にあるため、穴場スポットとしては比較的混雑はしないようです。

※熱田祭りでは、神宮公園の周辺では前夜祭が行われる6月4日~5日まで屋台が出店されるそうです。屋台の時間については6月4日は14時~19時頃まで。6月5日は8時~21時頃まで出店される予定です。

熱田祭りのアクセスは?

熱田祭りのアクセスについては、

◆電車でアクセスする場合
・名鉄名古屋本線 常滑線の神宮前駅から徒歩ですぐ
・名古屋市営地下鉄 名城線の伝馬町駅・神宮西駅から徒歩ですぐ
・JR東海東海道本線 熱田駅から徒歩ですぐ

車でアクセスする場合は、熱田祭りの開催期間中は交通規制が実施されますので、公共機関を利用して向かわれるのが良いといいます。※熱田神宮の無料駐車場や神宮公園、高倉公園などの駐車場も、祭り期間中は閉鎖され立入禁止となるそうです。

・住所:愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1-1
・お問い合わせ:052-671-4153
(熱田神宮/総務課)

まとめ

名古屋の夏の到来を告げる花火大会ですが、彩り豊かで迫力ある花火が見られるのはもちろん、熱田祭りでも普段は見ることができない、貴重な行事の数々も見学できます。

特に花火大会は混雑が予想されますが、屋台なども出店されますので、美味しいグルメでも食べながら熱田祭りを楽しみたいですね。

スポンサーリンク

 - 6月の行事 ,