お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

アイスノンの効果は?使い方や注意点は?

   

アイスノン 効果熱が出てしまったときや、寝苦しい熱帯夜などにアイスノンを使ったことがあるかも知れません。しかし、アイスノンを使用する場合でも、効果的に使うことでより効果を発揮してくれるそうです。

そこで今回は、アイスノンの効果や使い方、また使う際の注意点について解説させていただきます。

スポンサーリンク

アイスノンの効果は?

アイスノンは使い捨てタイプのものでない限りは、使用した後は冷凍庫に入れて凍らせておけば、何度でも使えるメリットがあります。暑さ対策にも効果があるアイスノンですが、特に熱が出てしまった際に使うことで、熱が下がるのでは?というイメージがあるかも知れません。

しかし、アイスノン自体には熱を下げる解熱効果はないそうで、熱が下がるイメージがあるのは、頭の血液が冷やされることにあるそうです。

人間の体に流れる血液には、栄養を運ぶ役割の他にも、体全体を冷やさないように熱を届ける役割があるといいます。そして、風邪をひいて熱が出ることで血液も暖かくなっていき、暖かくなった血液が頭に届くことで、頭が痛くなる・ぼんやりするなどの症状が出てしまうそうです。

このような症状が出たときにアイスノンを使うことで、暖まった血液が冷やされていく=体温も少し下がることによって、熱が下がったという感覚になるそうです。

ですのでアイスノンには解熱効果というよりは、血液を冷やす効果があるといいます。

その他にもアイスノンで頭を冷やすことによって、脳の働きが活発になる効果があると言われています。人間にとって脳はコンピューターの役割をしていますので、例えば勉強や頭を使う仕事、考え事などをしていると、自然と熱が上がってしまうそうです。

そんなときにアイスノンで頭を冷やしてあげると、暖まってしまった脳を冷やすことができ、同時に脳のエネルギー源となる糖分を補給することで、さらに脳がリフレッシュされ集中力もUPするといいます。

また、アイスノンを使うことで血液も冷やされますので、特に体温が上がりやすい夏の時期に使用することで血液も冷え、体全体に冷えた血液が巡ることから体温が下がる=快適に過ごすことができるそうです。

スポンサーリンク

アイスノンの使い方は?

アイスノンをより効果的に使うコツとして、アイスノン自体は冷凍庫で凍らせても固まらず柔らかいタイプのものを使用するのが良いそうです。

使用する際も、持続時間ができるだけ長いもの(8~10時間)を使うようにします。※寝るときに使うアイスノンの持続時間が短いと、途中で起きてしまう可能性も高くなってしまうそうです。

また、特に暑い熱帯夜では1箇所だけでなく、体の複数箇所にアイスノンを当てたい場合には、大きめのサイズの他にも、小さいサイズのものを2~3個ほど用意しておくのが良いそうです。

ちなみにアイスノンは、完全に冷える状態になるまで約6時間ほど掛かることから、すぐに使う場合や毎日使うことも考えて、冷凍庫に保管する際は少し多めにストックしておくのが良いようです。

より効果的に体を冷やすアイスノンの使い方としては、首・ワキの下・手首・太モモの付け根・足の付け根・ヒザの裏などの、脈拍が取れる箇所を冷やすのが効果的だといいます。

脈拍が取れる箇所は、特に血管との距離が近いことから、よりアイスノンの冷たさが血液に伝わり、冷えた血液が効果的に体中を巡るそうです。

それでも、寝る際にワキの下や足の付け根などは固定して眠ることはできませんので、おすすめの使い方としては、小さめのアイスノンや保冷剤をタオルで包み、首に巻くことで快適に冷やすことができるといいます。

他にも、熱が出たときにアイスノンや冷えピタシートなどを、オデコに当てて冷やすことがあると思いますが、オデコには太い血管はないことから血液を冷やす効果はないそうです。

このことからもオデコを冷やす場合は、あくまで気分をスッキリさせたいときに使用するのが良いといいます。

アイスノンを使う際の注意点は?

アイスノンを使う際の注意点として、寝るときに暑いからと冷やし過ぎてしまうと、起きたときに頭痛や倦怠感、吐き気や肩こりなどの症状が出てしまう場合もあるといいます。

アイスノンで血管が冷え過ぎてしまうと、逆に血液の巡りが悪くなるそうなので注意が必要です。

また使っている途中で寒かったり、冷え過ぎると感じた場合はアイスノンの使用をやめたり、タオルをもう1枚重ねるなどをして調整すると良いそうです。

※首も冷やし過ぎてしまうと、血管が収縮し血流が悪くなる・体温調節がうまく働かなくなるなどの症状が出る可能性もありますので、冷やし過ぎには充分な注意が必要だといいます。

さらにアイスノンを使う際の注意点として、直接お肌に当ててしまうと低温やけどの原因になりますので、タオルを巻くことは忘れないようにしてくださいね。

まとめ

寝苦しい暑い夜には、実際にアイスノンを首に巻いて寝るだけでも、エアコンを使わなくても良いほど心地よく眠ることができます。

しかし、体を冷やし過ぎると体調を崩してしまうこともありますので、ほどほどに体を冷やしつつアイスノンを上手に活用しながら、暑い時期でも快適に過ごしていきたいですね。

スポンサーリンク

 - 生活・ライフスタイル ,