お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

柏崎花火大会の日程は?穴場スポットやアクセスは?

      2017/04/30

柏崎花火大会 日程新潟県柏崎市で開催されるぎおん柏崎まつり 海の大花火大会では、海上から特大級の三尺玉とワイドスターマインが同時に打ち上がる「海上三尺玉2発同時打ち」や、波打ち際から水面に向かって打ち上がる「海中空スターマイン」など、大迫力の花火が楽しめるといいます。

ぜひ生で見てみたい柏崎花火大会ですが、詳しい日程はいつなのか?さらに穴場スポットやアクセスについて調べてみました。

スポンサーリンク

柏崎花火大会の日程は?

新潟県柏崎市にある中央海岸の一帯(中央海岸・鵜川河口・みなとまち海浜公園)で、花火が打ち上げられる柏崎花火大会ですが、

2017年度は7月26日(水)の日程で開催されます。

時間は19時30分~21時10分頃まで。※多少の雨なら開催されますが、悪天候の場合は翌日に延期となるそうです。

柏崎花火大会は新潟県で開催される花火大会の中でも「海の柏崎」と呼ばれ、「川の長岡(長岡まつり大花火大会)」、「山の片貝(片貝まつり大花火大会)」と並び、越後三大花火に数えられるほど人気の花火大会だといいます。

正式名称は「ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会」と呼ぶ柏崎花火大会ですが、元々、このぎおん柏崎まつりは京都府にある八坂神社の流れをくんだ、柏崎市にある八坂神社にて、毎年7月になると祇園祭が開催されるそうです。

そして、昭和25年に地元の商工会が開催していたイベントと同時に行うようになり、「ぎおん柏崎まつり」として行われるようになったといいます。

花火大会については、昔から祇園祭でも打ち上げられていたようですが、花火大会として定着していったのは昭和40年頃からで、それ以降は花火の規模も年々大きくなっていき、現在のような柏崎を代表する花火へと進化していったそうです。

柏崎花火大会の見どころは?

柏崎花火大会は、打ち上げ会場が広い海ということもあってか、他の花火大会では見ることができない圧倒的なスケールが見どころだといいます。

特に「三尺玉」と呼ばれる花火は、1個の重さが280キロ・直径88センチ程で、花火が空に花開いたときの直径は500メートル程になるそうです。さらに、海上から打ち上げられる三尺玉はワイドスターマインと同時に打ち上げられ、この2発同時打ち上げは、柏崎花火大会にて日本で初めて行われたといいます。

他にも柏崎花火大会の見どころとして、波打ち際から水面に向かって、斜めに設置された筒から打ち上がる「海中空スターマイン」は、水面に光の弧を描くスケール感いっぱいの花火だといいます。

しかし、柏崎市が誇る圧倒的なスケールの花火を見るために、毎年20万人以上もの観覧客が訪れ、打ち上げ会場付近はとても混雑するそうです。

ゆっくりと花火を見学したい方のために、「有料観覧席」も設置されるそうですが、申し込みは4月4日からすでに開始されており、人気の席はすでに売れ切れになっている場合もあるといいます。

料金については、マス席(定員5名まで)2万円。イス・テーブル席(定員6名まで)2万4千円。階段席(定員2名まで)9千円となっています。

※2017年のチケットの販売期間については3月21日~4月1日まで。(販売時間は月曜~金曜の朝9時~夕方6時まで/土曜は朝9時~正午まで(日曜・祝日は休み)

有料席の申し込みやお問い合わせは、0120-910-390(FAX:0257-23-8897)ぎおん柏崎まつり有料観覧席予約センター(友愛会旅行センター内)

スポンサーリンク

柏崎花火大会の穴場スポットは?

柏崎花火大会の会場付近はとても混雑しますが、有料席以外でも花火をキレイな位置から見られる、穴場スポットがあるそうです。

現地の人が利用する穴場スポットが、

◆みなとまち海浜公園
みなとまち海浜公園は、実は有料席の後ろにあり、無料観覧席として花火をしっかり見ることができるそうです。

しかし、この無料観覧席は人気があるため混雑は避けられないようです。が、午後までに入ることができるなら比較的、良い位置を確保できるそうです。※無料観覧席は朝8時30頃から開放されるようです。

◆海岸公園
柏崎花火大会の打ち上げ会場から少し離れた場所にありますが、みなとまち海浜公園と柏崎中央海水浴場のすぐ横にある海岸公園は、混雑が避けられる穴場スポットとして、花火を楽しむことができるそうです。

◆イトーヨーカドー丸大柏崎店
海岸公園のすぐ近くにあるイトーヨーカドー丸大柏崎店の屋上駐車場からは、花火の全体像を見ることもでき、混雑を避けてゆっくり見学することができるそうです。

また、新潟県はお米の生産で有名な街ですので、柏崎市から離れた場所に行くと、すぐに田園風景が広がるといいます。そこで、打ち上げ会場の海岸から3キロほど東に向かった所にある「田園地帯」なら、車を停めて花火を見ることができるそうです。

田園地帯は、打ち上げ花火はキレイに見れますが、ナイアガラの滝などの仕掛け花火は見ることができないようです。また、田園地帯に車を停める際は一般道路はもちろん、周りの田んぼは私有地ですので、ゴミはしっかり持ち帰るなどのマナーだけは守るようにしてくださいね。

柏崎花火大会のアクセスは?

柏崎花火大会のアクセスは、

◆電車でアクセスする場合
JR柏崎駅から徒歩で約20分

◆車でアクセスする場合
・東京 関東方面は、関越道小千谷ICから新潟産業大学駐車場まで約40分
・上越 北陸方面は、北陸道米山ICから新潟産業大学駐車場まで約25分
・長岡 新潟方面は、北陸道柏崎ICから佐藤池野野球場駐車場まで約10分

車で向かわれる際は、打ち上げ会場の周辺駐車場は、どこも有料観覧席用の駐車場となっているそうです。そのため、一般で花火を見る場合は、会場から少し離れた場所にある新潟産業大学駐車場などに停めてから、そこからはシャトルバスを利用して、約30分ほどで会場に到着するようです。

・打ち上げ会場:柏崎中央海岸一帯
※トイレは会場周辺に数ヶ所(計約210基)あるそうです。
・住所:新潟県柏崎市
・お問い合わせ:0257-22-0726
(ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会事務局)

まとめ

毎年、およそ1万5000発以上もの花火が上がる柏崎花火大会。特に柏崎でしか体験することができない「海中空スターマイン」は、まるで3D映画を観ているような、迫り来るスケール感を味わうことができるそうです。

越後三大花火の1つとして数えられる柏崎花火大会をぜひ生で楽しみつつ、花火大会当日は混雑しますので、できるだけ余裕を持って現地へ到着するようにしたいですね。

スポンサーリンク

 - 7月の行事 ,