お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

日焼け止めは去年のものは使える?使用期限や保存方法は?

   

日焼け止め 去年夏の紫外線からお肌を守ってくれる日焼け止め。これから暑くなるにつれて使う機会も増えると思いますが、去年使っていた日焼け止めや、1年以上経ったものでも使用できるのでしょうか?

そこで今回は、去年の日焼け止めは使えるのか?詳しい使用期限や保存方法についても調べてみました。

スポンサーリンク

日焼け止めは去年のものは使える?

去年の日焼け止めでも使えるのか?については、国内で生産されたほとんどの日焼け止めは、容器を開封してから1年間は品質が保たれるように作られているそうです。

しかし、1年間といっても高温多湿など悪条件の下で保管していた場合は、日焼け止めの成分が分離してしまい、去年のものでも使わないほうが良いこともあるようです。

また、通常のコスメと比べて日焼け止めは成分が強く、この強い成分が劣化することによって、お肌に悪い影響を及ぼすことも考えられるそうです。

夏の紫外線からお肌を守ってくれる日焼け止めですが、実は1年以上経過すると、日焼け止めとしての効果がなくなることもありますので、容器にまだ残っていたとしても1年経ったものは処分して、新しいものを使うのが良いといいます。

どうしても去年の日焼け止めを使いたい場合は、

・異臭はしないか?
・液体が分離していないか?
・液体が変色していないか?

の3点をチェックして、それでも顔に塗るものは、できるだけ新しいものに変えたほうが良いそうです。

日焼け止めの使用期限は?

日焼け止めの使用期限は、開封してから1年ほどは使用できるそうですが、日焼け止めには乳液・ジェルタイプのものや、シュッと吹きかけるスプレータイプのものがあります。※これらのタイプも使用期限がありますが、期限については各メーカーでもほぼ同じだといいます。

それぞれの使用期限を調べてみたところ、

◆乳液・ジェルタイプ
・開封している:1年以内
・開封していない:3年

◆スプレータイプ
スプレータイプのものは、開封・未開封のものでも製造してから3年は使用できるそうです。

日焼け止めの種類の中でも殺菌剤・防腐剤が含まれていない「無添加」のものについては、他の種類と比べて使用期限が短くなってしまうといいます。

◆無添加タイプ
・開封している:6ヶ月以内
・開封していない:1年以内

※無添加タイプのものは、製品に記載されている使用期限は必ずチェックするようにして、記載されている使用期限に従って使い切るのが良いといいます。

ちなみに、日焼け止めには使用期限がある=成分が劣化する仕組みについては、乳液などの化粧品のベースとなる成分の中には、酸化して腐食するのを防ぐために「防腐剤」が入っているそうです。

このため、日焼け止めなどに設けられている使用期限というのは、「防腐剤の使用期限」を意味するのだそうです。

※腐食の原因となる雑菌の繁殖を防ぐため、パラベンなどの防腐剤が化粧品には含まれているそうですが、それらは製品に記載されている有効期限の日数分だけ入っているといいます。

そして、防腐剤が入っている製品を開封して使っていけば、同時に防腐剤の効力も失われていくことで、日にちが経てば経つほど製品は劣化していきます。

特に防腐剤が含まれていない無添加タイプのものは、それだけ劣化も早いことから、できるだけ早めに使い切るのが良いそうです。※スプレータイプのものは酸素に触れることがなく酸化しないことから、使用期限も長くなるといいます。

スポンサーリンク

日焼け止めの保存方法は?

日焼け止めは、保存する状態が悪いと、それだけ早く酸化・劣化が進んでしまうそうです。

正しい日焼け止めの保存方法としては、開封や未開封のものに限らず、直射日光や高温多湿の場所には置かないようにするのが良いといいます。

また、洗面所に置いておくのも湿気や温度も高くなりがちなので、日焼け止めの保存方法としては適していないそうです。

中には、冷蔵庫に日焼け止めを入れて保存するケースもあるようですが、こちらは水分や油分が分離してしまう可能性が高いといいます。

しかし、日焼け止めはあくまで常温保存することを前提に製造されており、冷蔵庫で冷やすのはもちろん、出して使うことでも温度が急激に変わってしまいますので、製品自体の質感が変わってしまうそうです。

また、冷蔵庫に入れることで使用期限が伸びることはないですので、高温多湿の場所も避けて保管するのがおすすめだといいます。

※無添加タイプの日焼け止めの中には、冷蔵庫保存を勧めている製品もあるそうなので、購入する前に説明書きを一応チェックするのが良いそうです。

日焼け止めは常温保存をするようにして、逆に直射日光や高温多湿な場所に保存しておくと、雑菌も繁殖しやすくなるので注意してくださいね。

使う際も雑菌の繁殖を少しでも防ぐために、容器の口の部分はできるだけ、手で触れないようにします。また、容器の口の部分に液体が付いたままの状態でも、雑菌が繁殖しやすくなりますので、口の部分はティッシュなどでしっかり拭き取るのが良いそうです。

まとめ

日焼け止めは、できるだけ1年以内に使い切るのが1番ですが、それでも容器にまだ残っている状態で捨ててしまうのは勿体なく感じてしまうかも知れません。そのような場合は、最近では1シーズンで使い切れる小さな容器の製品もありますので、そちらを購入して使うのが良いと思います。

また、紫外線は夏と比べて少ないものの、冬の季節でも存在するそうです。お肌対策を万全にするためにも、冬の時期でも塗りつつ、日焼け止めの長期保存だけはしないように注意していきたいですね。

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット ,