お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

そうめんのカロリーは高い?ダイエット効果はあるの?

   

そうめん カロリー食欲が落ちやすい夏の暑い時期には、冷たくて手軽に食べられるそうめんがあります。しかし、炭水化物の一種であるそうめんは、夏には欠かせない食べ物だからといって毎日のように食べていると、夏太りの原因となってしまうのでしょうか?さらに、中にはダイエットに適しているという声もあるそうですが、本当なのでしょうか?

そこで今回は、そうめんの詳しいカロリーについて。ダイエット効果や食べる際の注意点についても調べてみました。

スポンサードリンク

そうめんのカロリーは高い?

そうめんは、水や小麦粉、塩や植物油などから出来ており、まず小麦粉に塩水を入れて混ぜたものを板状に伸ばし、乾燥を防ぐために表面に油を塗って寝かせるそうです。そして、寝かせた小麦粉を細く伸ばしていき、さらに乾燥させることで、普段食べているそうめんになるといいます。

そうめんには他にも製造方法がいくつかあるそうですが、多くの場合は乾燥を防ぐ油を使用することで、長期保存が可能になったり、そうめんが持つ独特の風味が引き出されるといいます。

しかし、油を使うことによってそうめんのカロリーは高くなってしまうそうです。

カロリーについては、ご飯よりも高いそうで、一般的に売られている乾燥状態のそうめんは、1人前で約127キロカロリー(麺2束分/100g)。

さらに茹でることでカロリーは127→343キロカロリーに、グラムも100g→270gまで増えてしまうといいます。※ご飯のカロリーは1膳252キロカロリー(約150g)ほど。

ご飯よりも高カロリーなそうめんですが、食べる際は茹でてから、冷たい水でしっかり洗うことで麺にコシが生まれ、あのツルっとした食感を味わうことができます。※そうめんを洗うときに、麺に付いている余分な油も抜けることから、食べるときにはカロリー量は多少、減っているそうです。

そうめんにダイエット効果はあるの?

ご飯よりもカロリーが高いそうめんですが、それでもダイエット効果が期待できるといいます。理由は、ご飯を食べる際はおかずや味噌汁など、他の食材を食べるためにカロリーも自然と高くなってしまいます。

そうめんを食べる際はおかずがあまり必要でないために、その分、カロリー量は増えていかないといいます。ですので、おかずと一緒に食べるご飯と比べると、そうめんのほうが全体的にカロリーが低く、ダイエット効果も期待できるようです。

※他にもそうめんには、ミネラル・ビタミンなどの栄養素が豊富に含まれ、食べることで代謝機能を高める効果もあるといいます。

そうめんダイエットの効果を高める方法としては、1日3食のうちの1食分を、そうめんに置き換えて食べるのが良いそうです。

ご飯と比べて、そうめんはミネラル・ビタミンが多く含まれますので、代謝機能の向上によって、体を痩せやすい状態に持っていきやすくなるといいます。

しかし、1日1食をそうめんに変えて食べていると味に飽きてしまい、途中で食べることが嫌になってしまうかも知れません。そんなときにはネギ・トマト・梅干し・納豆などを入れるだけでも、味にアクセントや美味しさが生まれ、飽きるのを防いでくれるといいます。

それぞれの食材には、

◆ネギ
ネギが持つ辛味や独特の香りはそうめんと相性も良く、ネギには雑菌作用があることから、健康な体作りにも最適な食材です。他にもネギには血液をサラサラにする「アリシン」という成分が含まれているそうです。

◆トマト
トマトには血糖値を抑えてくれる「リコピン」が含まれ、太りにくくなる効果や美肌効果も期待できるといいます。そうめんに添える際は、トマトを角切りにした状態で、麺の上に乗せてから麺つゆをかけると良いそうです。※黒こしょうを少し加えると、さらに美味しくなるそうです。

◆梅干し
梅干しには疲労回復を早める「クエン酸」が含まれ、さらに殺菌作用による胃腸の促進、夏場の熱中症対策に欠かせない塩分が補給できたりと、特に汗をかいた後にそうめんを食べると良いそうです。

◆納豆
好みが分かれる納豆ですが、疲労回復に効果があるビタミンB1やビタミンB2が豊富ですので、夏バテ対策としても高い効果が期待できるそうです。※ネギと一緒に食べると、さらに高い効果が期待できるそうです。

スポンサードリンク

そうめんを食べる際の注意点は?

そうめんを食べる際の注意点としては、特にダイエットをする場合は1日1食を目安にして、3食全てそうめんにしないように注意する必要があるそうです。

仮に3食全てそうめんにしてしまうと、栄養バランスが崩れるのはもちろん、冷たいものばかり食べていると体温も下がることから、内臓や肝機能が低下してしまう可能性もあるといいます。

さらに内臓などの機能が下がると代謝機能も低下することから、脂肪燃焼もされにくくなってしまうそうです。

ご飯よりも食べやすいからと言って、たくさんの量を食べてしまうのも、カロリー量が増えてしまうことから、肥満の原因となってしまうようです。

他にも、自宅以外でそうめんを食べる場合は、お店で注文すると天ぷらなどが付いてくると思います。しかし、天ぷらは油を使用しているため、そうめんと一緒に食べることで、カロリー量も非常に高くなってしまいます。

できるだけ、そうめん以外ではカロリー摂取を控えるようにして、もし天ぷらなどの付け合せを注文する際は、低カロリーなものを選ぶのが良いそうです。

あとは1日1食を目安にして、そうめんは1人前の量で食べるのが理想的だといいます。

まとめ

一見するとご飯よりもカロリーが高いそうめんですが、おかずがない分だけ、食べ過ぎなければダイエット効果が期待できるんですね。

味に飽きてきた場合はネギなどの薬味をプラスして、栄養が偏らないように美味しくそうめんを食べながら、夏のダイエットも成功させていきたいですね。

スポンサードリンク

 - 美容・健康・ダイエット ,