お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

浅草ほおずき市とは?日程や値段は?

   

浅草ほおずき市とは?東京下町の風情が漂う街として浅草は、伝統工芸や演芸場、美味しいグルメなどが楽しめることから、東京を代表する観光地として国内や海外からも、たくさんの観光客が訪れます。

そんな浅草で夏になると、ほおずき市が浅草寺にて開催されるそうですが、浅草ほおずき市の詳しい日程や値段、アクセスについて調べてみました。

浅草ほおずき市とは?

浅草ほおずき市は、昔から観音信仰と深い関わりがあるといいます。昔から観音さまと、特にご縁がある日(縁日)が毎月18日とされており、この日にお参りすると良いことがあると言われていたそうです。

そして縁日は室町時代になると欲日(功徳日)という名の新しい縁日が誕生し、この功徳日は、普通にお参りした場合は1日分の良いこと=ご利益が得られるのに対し、功徳日は100日分のご利益が得られるといいます。

中でも、7月10日は特別な大功徳日とされ、この日にお参りすることで1000日分のご利益がある「千日詣」とされたそうです。

功徳日は江戸時代になると浅草で、「四万六千日」としてご利益の数が倍増していき、これは四万六千日を現在の暦にすると約126年分もあることから、1日で一生分のご利益を得られるといいます。

※四万六千日という数には、他にも違う説があるそうで、お米一升分の米粒の数が四万六千粒ということで、一升=一生とかけているのでは?という話もあるようです。

また、ほおずき市は浅草が発祥の地ではなく、東京港区にある愛宕神社(あたごじんじゃ)が「千日詣」に合わせて、ほおずきを売っていたといいます。

ほおずきは昔から薬草として使用され、子供の夜泣きに煎じて飲ませることで、効果があると愛用されていたそうです。このことから愛宕神社で売られているほおずきは、千日詣のお土産品として人気があったといいます。

※愛宕神社も時代の流れと共に、千日詣から「四万六千日」へと変化していきましたが、こちらの四万六千日は浅草寺が発祥ということで、浅草寺でもほおずきが売られるようになったそうです。

こうして浅草寺では「ほおずき市」として、今でも毎年続いているといいます。

浅草ほおずき市の日程は?

浅草ほおずき市の日程については、毎年7月9日と10日に開催されるそうです。

※普通は、「四万六千日」は7月10日だけですが、前日である9日から開催されるようになったのも理由があるといいます。それは、四万六千日分ものご利益があることから、10日は物凄い行列が出来てしまったそうです。

そのため、前日である9日にお参りしても、四万六千日と同じご利益があるとして、2日間の日程で開催されるようになったようです。

浅草ほおずき市の時間は、朝8時~夜9時頃まで。
(浅草寺の本堂は朝6時~夜8時頃まで)

スポンサーリンク

浅草ほおずき市の値段は?

浅草ほおずき市では、たくさんのほおずきが売られおり、2日間で約10万鉢も販売されるそうです。

ほおずきの値段については、「鉢植え」のもので2500円程。枝に鈴なりのほおずきが結んである「枝ほおずき」は1000円程で購入できるそうです。※枝ほおずきは厄除けとして家に飾るそうです。

他にも、竹ひごにほおずきが1つ付いている「ひごほおずき」は50円程。また鑑賞用として、実を袋詰めにしたほおずきなら500円程で買えるようです。

さらに、ほおずきを購入する際は、値切り交渉によってはかなり安くこともあるそうで、特にほおずき市が終わる1時間前の夜8時以降がおすすめだといいます。

値切り交渉には場合によっては、半額くらいになることもあるそうですが、それでもマナーだけは守るようにして、度の過ぎた値切りだけはしないように注意が必要です。お店の方と楽しく買い物ができるように、心がけていきたいですね。

また、浅草ほおずき市で売られているほおずきの中でも、2500円程で買える、風鈴が付いた「釣りカゴ入りのほおずき」も人気があるといいます。軒先に吊るして風鈴の音で夏を感じつつ、オシャレなインテリアとして利用できるそうです。

ほおずきは直射日光にさらしておくと枯れてしまうそうで、できるだけ軒先などの日陰がある場所に置いて、朝と夕方に多く水をあげると良いそうです。※夏が終わり秋の季節になると、ほおずきの実を覆っている外側の部分が枯れて網状になることから、夏の時期とは違う美しさが楽しめるといいます。

ほおずきは昔は薬草として使用されていましたが、実はほおずきには、微量ですががあるといいます。特に妊娠されている方が口にすると流産する可能性もあることから、口に入れるのは控えたほうが良いそうです。

浅草ほおずき市のアクセスは?

浅草ほおずき市のアクセスは、

◆電車でアクセスする場合
・東京メトロ銀座線 浅草駅から徒歩で約5分
・つくばエクスプレス線 浅草駅から徒歩で約5分
・東部スカイツリーライン 浅草駅から徒歩で約5分

車で向かわれる際は、浅草寺の周辺には駐車場が少なく、特にほおずき市の開催期間中は混雑しますので、公共機関を利用するのが良いそうです。

まとめ

浅草寺で江戸時代から続くというほおずき市ですが、多年草であるほおずきは、しっかり育てれば次の年も実がつくそうです。鑑賞用としても長く育てつつ、縁起物として購入してみるのも良いですよね。

また、ほおづきを販売する出店は100軒ほど並ぶそうですが、それ以外にも美味しいグルメが味わえる定番屋台も数多く出るそうなので、夏の旅行を計画する際は、ぜひとも「浅草ほおずき市」も予定に入れておきたいですね。

スポンサーリンク

 - 7月の行事 ,