お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

花粉症は夏や秋にもなるの?予防する方法は?

   

花粉症 夏 秋花粉症といえばスギ花粉が舞う、春に発症するイメージがありますが、実は夏や秋にも発症することがあるそうです。

スギではなく、この季節の花粉症はヨモギなどの野草が原因といわれていますが、夏や秋になる花粉症の主な症状や原因について。さらに予防する方法について解説させて頂きます。

スポンサードリンク

夏や秋に発症する花粉症の症状は?

夏や秋に発症する花粉症は、春に起きる症状と同じく、鼻水や痒みなどの症状が出るといいます。そして、夏や秋の花粉症では「痒み」の症状が強く現れるそうで、特に「目の痒み」が強く出てしまうそうです。※秋の花粉症は全身の皮膚が痒くなることもあるようです。

しかし、花粉症=春になるという印象が強いことから、夏や秋に花粉症の症状が出てしまうと、風邪と勘違いしてしまう方も多いといいます。そもそも風邪と思ってしまうのも、鼻と喉は繋がっているために、花粉症は鼻以外に喉にも症状が出ることから、風邪と勘違いしやすいといいます。

夏や秋の花粉症は、鼻水やクシャミの他にも、喉がイガイガする・咳が出るなどの症状が出てしまうそうです。

鼻水の影響で炎症が起きてしまい、この影響による頭痛や微熱、倦怠感などの症状が出ることもあるため、やはり風邪の症状と間違えてしまうようです。※花粉症と風邪の見分け方については、「鼻水の状態」である程度は分かるといいます。花粉症の場合は鼻水に粘り気がなくサラッとしているのに対し、風邪は鼻水に粘り気が強く出るそうです。

さらに花粉症の症状には、クシャミ・鼻詰まり・目の痒みや充血・微熱などが起こるそうですが、これらの症状が1週間以上続く場合は、風邪よりも花粉症を疑うのが良いといいます。

ちなみに、夏や秋の花粉症は春になるものと比べて、症状は軽い特徴があるそうです。

夏や秋になる花粉症の主な原因は?

夏や秋になる花粉症の主な原因には、ヨモギやブタクサなどの野草にあるといいます。

これらの野草の特徴として、

◆ヨモギ
お彼岸のお供え物でよく使われる、草餅の原料となるヨモギですが、花粉症の原因となるそうです。キク科の植物であるヨモギは、8月~10月頃が花粉のピークとなり、主に関東以南で症状が出やすいといいます。(北海道や東北は気候の関係により、ヨモギはあまり生えないそうです)

◆ブタクサ
ヨモギと同じ、キク科の植物であるブタクサは、今では全国の道端や河川敷に生えており、こちらも8月~10月頃にピークを迎え、花粉症の原因となるそうです。※ブタクサは、昔は日本に生えている植物ではなく、明治維新の頃から、いつの間にか生えるようになったようです。

◆ススキ
イネ科の植物で、秋の七草の1つであるススキの花粉は、9月~10月にかけてピークを迎えるそうです。※十五夜の月見の飾りとしてススキを使う場合も、ご家族に花粉症の方がいないか?確かめておくと良いかも知れません。

また、ススキによって花粉症の症状が出てしまう場合は、ススキ以外のイネ科の植物(カモガヤ、ハルガヤなど)にも注意する必要があるといいます。イネ科の植物は早くて5月頃から花粉を飛ばすため、花粉症の症状が長引いてしまうこともあるそうです。※普段、主食としてよく食べるお米のイネも、花粉症の原因となることがあるようです。

◆カナムグラ
アサ科のツタ植物であるカナムグラは、8~10月頃にピークを迎え、全国のガードレールや電柱に絡まっているそうです。カナムグラは繁殖力がとても強く、電柱以外でも家の周りに生えることも多いですので、見つけ次第駆除するのが良いそうです。

夏や秋の花粉症には、植物の他にも「昆虫」が原因となる場合があるといいます。

例えば、秋はゴキブリ・蛾・ユスリカなどの「昆虫アレルゲン」が最も多くなる季節だそうで、これらの昆虫の死骸(粉状になったもの)を気づかぬうちに鼻から吸い込むことで、アレルギー性鼻炎や喘息などを引き起こすことがあるそうです。

他にも、ダニやペットの「通年性アレルゲン」や、カビ(空中真菌)なども花粉症の原因となるようです。

スポンサードリンク

夏や秋の花粉症を予防する方法は?

夏や秋の花粉症を予防する方法には、鼻や目に花粉が入らないように心がけることが1番だといいます。そのため、外出時はできるだけマスクをして、特に道端でよく見かけるブタクサの花粉は粒子がとても小さく、鼻や喉に入り込みやすいそうです。

マスクの他にもメガネや帽子、上着などでも花粉予防できるそうで、外出から帰宅した際に、室内へ花粉を持ち込まないように、例えば帽子や上着はツルツルした素材のものを着用するだけでも、花粉が付着するのを防止できるといいます。※玄関の前で毎回、帽子や上着を払いつつ、あらかじめ帽子や上着を脱ぐようにして、部屋の中に花粉を持ち込まないようにするのが良いそうです。

マスクを着用していても夏や秋の花粉は小さく、顔に付着しやすいといいます。そのため、外から帰宅した際は手洗い・うがいはもちろん、洗顔もできる限りしたほうが良いそうです。

女性の場合は、ファンデーションなどに花粉が付着していることが多く、帰宅後もメイクしたままでいると、部屋に花粉が侵入することがあるようです。※顔を洗うよりも、帰宅後はすぐにお風呂に入ることで、顔や髪に付いた花粉をすぐに落とせますのでおすすめです。

他にも、天気が良い日は窓を開けたくなりますが、窓を開けると花粉が入ってきますので、花粉症が酷い場合は空気清浄機を利用すると良いそうです。※部屋の花粉を除去するために、掃除機を使いたい場合は、掃除機の風で花粉が舞ってしまうそうです。そのため、濡らした雑巾を固く絞って「拭き掃除」をしつつも、普段からも小まめな掃除を心がけて、花粉を部屋に入れないことが大切だといいます。

さらに外出する場合は、特に風が強い日の午前中は、外出を控えたほうが良いそうです。

道端などでよく生えている、ブタクサなどの花粉は飛距離は少ないものの、午前中に花粉が飛ぶ特徴があるといいます。また、飛距離は少なくても風が強い日は花粉も遠くへ飛びますので、午前中で風が強い日は十分注意してくださいね。

まとめ

夏や秋にも飛ぶ花粉ですが、逆に花粉症を風邪だと勘違いしていると、症状が長引いてしまうこともあるそうです。

少しでもおかしいと感じた場合は、まずは耳鼻科などでアレルギー診断をしたうえで、適切な予防や治療をしていきたいですね。

スポンサードリンク

 - 美容・健康・ダイエット , ,