お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

日焼け後のケアはどうすれば良い?注意点はあるの?

   

日焼け後 ケア日焼けして小麦色になったお肌は、一見すると健康的で美しくみえます。しかし、紫外線はシミやソバカス、最悪の場合は皮膚ガンになったりと、お肌にとっては良くないことも。

そこで今回は、日焼け後のケアはどうすれば良いのか?日焼けした当日や翌日からのケア方法や、注意点についてお伝えさせて頂きます。

スポンサードリンク

日焼けした当日のケアは?

日焼けした直後は、軽いヤケドのような状態になっているため、日焼けした当日は「とにかく冷やすこと」が大事だといいます。

お肌を冷やすために水風呂に入ったり、または冷たいシャワーを浴びるなどをしますが、あまり長い時間浸かると体が冷えてしまいますので、冷やし過ぎには注意が必要です。

お肌を冷ました後は、日焼けして赤くなった部分に濡らしたタオルを巻き、特に日焼けが酷い部分には、保冷剤や袋に氷や水を入れたものを当てて、念入りに冷やしてあげると良いそうです。

十分にお肌を冷やすことができたら、次に化粧水を体全体にたっぷりつけて水分を補ってから、乳液やクリームなどを塗り、お肌を保湿してあげます。

化粧水をつけるときのポイントとしては、コットンは使わずに手でつけるのが良いそうです。日焼けケア以外ならコットンを使っても良いですが、日焼け後のお肌はデリケートな状態になっていますので、お肌への摩擦を少しでも減らすために、手の平を使って優しくなじませてあげるのが良いそうです。

また、海水浴に行ったり、1日中外にいる場合は、出かける前に化粧水を冷蔵庫に入れて冷やしておけば、帰宅後はお肌への水分補給と一緒に、お肌を冷やすことができるそうです。※日焼けしたお肌に化粧水をつけた時にヒリヒリする場合は、使用するのは控えるようにして、皮膚に違和感があったなら我慢せずに、皮膚科で診てもらったほうが良いといいます。

日焼けした直後はお肌以外にも、体内の水分が足りない状態になることから、小まめに水分補給も摂るようにします。そして、お肌のケアや水分補給をした後は、日焼けした当日は体全体もデリケートな状態になっていますので、体をしっかり休めるために早めに睡眠をとるのが良いそうです。

日焼けした翌日からのケアはどうする?

日焼けした翌日でも、赤くなっていることが多いと思いますが、日焼け後のお肌ケアで気をつけたいのが「新たに日焼けしない」ことだといいます。

日焼けした翌日からは、新たに日焼けしないためのケア方法として、日焼け止めクリームを塗ったり、できるだけお肌を日光にあてないようにするのが大事です。また、外出する際は上着を羽織る・帽子を被る・日傘をさすなどの対策をして、新たに日焼けしないようにお肌を隠すのが効果的だといいます。

他にもケア方法として、日焼け後の体もデリケートな状態になっていることから、体の調子を整えるために栄養価の高い食べ物を摂取するのがおすすめです。

栄養価の高い食べ物の中でもタンパク質やビタミンC、亜鉛などが多く含まれるものが良く、これらの栄養素が含まれている食材が・・・

◆タンパク質
卵、大豆、肉、魚、乳製品

◆ビタミンC
キウイ、アセロラ、ブロッコリー、ピーマン、パセリ

◆亜鉛
肉、牡蠣(かき)、シジミ、納豆、海苔

などがあり、

特にビタミンCは亜鉛と一緒に摂取することで栄養効果がさらに高まるそうです。

日焼けした翌日以降になると、日焼けした皮膚がポロポロと剥がれてきます。しかし、無理に皮膚を剥がしてしまうと、お肌が傷ついてしまうこともありますので、その部分に保湿クリームを塗って、お肌に潤いを与えてあげてくださいね。

※保湿クリームなどは普段から、小型サイズのものをカバンに入れておくと便利です。

スポンサードリンク

日焼け後のケアで注意する点は?

日焼け後のケアで注意する点としては、日焼け後の顔にメイクをすると、症状が悪化することもありますので、それでもファンデーションなどを塗りたい場合は、なるべく薄く塗るのが良いそうです。

日焼け後にファンデーションなどを塗る前には必ず、顔を十分に保水するために乳液や美容液で保湿をしてから、メイクをするのがおすすめです。

他にも、新たに日焼けしないように日焼け止めクリームを塗る際は、例えばクリームの量が少な過ぎてしまうとムラとなって、塗れていない箇所も出てきます。

日焼け止めクリームを塗る際は使用容量を確認しつつ、顔に塗る場合のおおよその目安としては、500円玉ほどのサイズが適量だといいます。しかし、500円玉ほどのサイズでも1度で塗るのは難しいので、半分ずつの量で、2回に分けて重ね付けしてあげると塗りやすいです。

日焼け止めは、外出する前にしっかり塗っていても、汗や皮脂などによって落ちてしまうそうです。

そのため、外に居る場合はクリームを2~3時間置きに塗り直すことで、日焼け効果を持続させることができるといいます。※仮に「ウォータープルーフタイプ」の日焼け止めを使用している場合でも、ウォータープルーフは水に強いというだけで、水を100%はじく訳ではありませんので、こちらも塗り直すことで効果が期待できるそうです。

日焼け止めを塗り直す時間がなかったり、少しの時間だけ外にいる場合なら、外出する前にフェイスパウダーを重ねて塗るのがおすすめだといいます。

まとめ

紫外線は夏の時期よりも、実は春~秋にかけてが1番多くなる季節だといいます。

季節ごとのレジャーや旅行を楽しむ際は日焼け対策をしつつ、それでも日焼けしてしまった場合はきちんとお肌ケアをして、健康的なお肌をキープしていきたいですね。

スポンサードリンク

 - 美容・健康・ダイエット ,