お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

アイスクリームにダイエット効果があるって本当?

   

アイスクリーム ダイエット効果冷たくて美味しいアイスクリームは、一見するとカロリーが高いイメージがあります。しかし、アイスを上手に食べることで、ダイエット効果が期待できるそうですが、それって本当なのでしょうか?

ダイエットに効果のあるアイスクリームの種類や食べ方も含め、調べてみました。

スポンサードリンク

アイスクリームにダイエット効果があるの?

ダイエット中にアイスクリームを食べてしまうと、肥満の原因になるのでは?と思ってしまいます。

そして、アイス以外にも肥満の原因である「油」も、ダイエット中はできるだけ控えておきたいですよね。しかし、油を控え過ぎてしまうと体内では、控えてしまった油の代わりに、他の食べ物で補おうとするそうです。

すると、他の食べ物で急速に油を補おうとすることで、脂肪分が蓄積しやすい体になってしまい、結果的に脂肪が燃焼されにくい体になってしまうといいます。

脂肪分については、1日55gほど摂取するのがダイエット時には理想とされるものの、普段の食事で脂肪分55gも摂取するのは意外と大変で、ヘタをするとカロリーオーバーになることも。

そこでアイクリームを上手に食べることで、理想の脂肪分を摂取することができ、ダイエット効果が期待できるといいます。しかし、ダイエットで脂肪を燃やすためには体を温める必要がありますが、冷たいアイスクリームを食べることで、体が温まらないのでは?と思ってしまいますよね。

アイスを食べることで、確かに体は冷えてしまいますが、実は冷えたアイスを食べた後こそ、体は元の温かい体温に戻そうとするために、新陳代謝が活発になるといいます。

このことからもアイスクリームを食べることで、代謝機能も促進されることから、ダイエットには効果があるそうです。

アイスクリームにはどんな栄養素が含まれるの?

牛乳が主原料となっているアイスクリームですが、牛乳に含まれる成分には、ダイエットに効果のある色々な栄養素が含まれているそうです。

牛乳は、ダイエット中の食事制限により不足しがちな、ビタミンAやビタミンB郡を補うことができ、髪の毛・爪や骨作りには欠かせないカルシウムも補うことができるといいます。※カルシウムを摂取することで、ダイエット時のイライラを補うこともできるそうです。

このように、さまざまな成分が含まれた牛乳が主原料となるアイスクリームは、体作りに必要な栄養が摂取できる反面、カロリーだけ見れば乳脂肪分がメインとなってしまいます。

しかし、この乳脂肪分は摂取すると「脂肪」として蓄積されるのではなく、エネルギー源として体内で消費されますので、ダイエットには効果的な成分だといいます。

スポンサードリンク

ダイエット効果のあるアイスクリームの種類は?

ダイエット効果が期待できるアイクリームを購入する際は、必ず種類を選ぶ必要があるそうです。

特に、「乳脂肪分」「乳固形分」の含有量は必ずチェックしたほうが良いそうで、一般的にアイクリームと言われるものは乳固形分が15%以上で、そのうち乳脂肪分は8.0%以上のものだけだそうです。

逆に、ラクトアイスやアイスミルクと呼ばれる種類のものは、アイスクリームと比べて乳脂肪分が低く、製品によっては「植物油脂」が入っていることもあります。ダイエット中に食べるアイスはできるだけ良質な脂肪分を摂るためにも、乳脂肪分と乳固形分の含有量には気をつけてくださいね。

また、アイスクリームの種類にもバニラやイチゴ、チョコやミント味など色々なものがあります。しかし、ダイエット効果が期待できる種類は、バニラ味だけですので、何も混ざっていないものを選ぶのがおすすめだといいます。

※バニラの香りには血糖値を上げる効果があるそうで、血糖値が上がることで満腹感を覚える効果によって、少量のバニラアイスを食べるだけでも、お腹を満たしてくれるそうです。

バニラアイスを購入する際も「種類別:アイスクリーム」と記載されているものを選んでくださいね。

アイスクリームの効果的な食べ方は?

ダイエット中にアイスクリームを食べる際の、効果的な食べ方については「朝食」をアイスに置き換えることで、高い効果が期待できるといいます。

朝からアイスクリームを食べたとしても、元々アイスは栄養価も高く、栄養のバランスも良い食べ物ですので、ダイエットや体にも良いそうです。

朝食としてアイスクリームを食べる際は、約80ml~120mlほどの量を目安として、量の目安としては「ハーゲンダッツ」のミニカップが110mlほどだといいます。※アイスを食べた後に温かいハーブティーや紅茶を飲むと、体の冷え過ぎを予防することもできるそうです。

また、朝食をアイスクリームにする食べ方以外にも、朝は普通に食べて「間食」にアイスを食べる方法があるといいます。

間食として食べる量は80ml~120mlを目安にして、間食は1日1回だけにしたほうが良いそうです。ダイエット中は特に、1日に何本も食べてしまうと、高カロリーとなってしまいます。※間食は、人間の体温が1番高いとされる15時~18時の間で食べるのが良いそうです。

まとめ

ダイエット中は甘いものを我慢しがちになり、我慢はストレスの原因となりますので、そこで甘くてダイエット効果が期待できるアイスクリームを食べることで、満足感や満腹感を得ることができます。

アイスクリームを食べてダイエットに成功した方の多くは、1ヵ月ほどで約2~4キロも体重が落ちるそうで、あとは食べ過ぎだけには注意して、美味しくダイエットしていきたいですね。

スポンサードリンク

 - 美容・健康・ダイエット , ,