お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

パイナップルに美容効果があるの?カロリーや保存方法は?

   

パイナップル 美容効果スーパーなどで手軽に買えるパイナップルですが、食べることで美容効果があるといいいます。美容効果がある理由については、パイナップルに含まれるある成分が美容に良いそうで、その他にも体にとってプラスとなる働きをしてくれるといいます。

そこで今回はパイナップルの美容効果についての詳しい説明や、カロリーや保存方法について解説させていただきます。

スポンサードリンク

パイナップルに美容効果があるの?

美容効果があるパイナップルには、美肌作りには欠かせない「ビタミンC」が豊富に含まれているといいます。ビタミンCは100gあたり27mgと多く含まれ、さらにパイナップルにはレモンのような酸味がないため、食べやすいのも魅力の1つです。

美容効果のあるビタミンCは他にも、シミの原因となる「メラニン」が生成されるのを抑える働きや、シミの黒ずみを抑える効果もあることから、日焼け対策として補っておきたい成分だといいます。

他にもパイナップルに含まれるビタミンCには、お肌の免疫力を高める効果や、シミ以外にもニキビを予防する効果もあるそうです。

美肌効果が期待できる以外にも、パイナップルの酸味成分である「クエン酸」は、胃腸の消化や食欲増進、疲労回復の効果があるといいます。

また、パイナップルに含まれる「ブロメリン」という酵素がタンパク質を分解。さらに消化も手助けしてくれるため、胃もたれした時に食べることで、胃もたれが解消されやすくなり、栄養も吸収されやすくなるそうです。

パイナップル自体は繊維質なので、とても食べ応えがありますが、この繊維は「不溶性食物繊維」と呼ばれるもので、体内に摂取すると胃の中で水分を吸収して膨らみ、腸内に溜まった不要物を掃除する働きもあるといいます。※腸内を掃除してくれる=便秘解消も期待できるそうです。

その他にも、パイナップルにはビタミンB1によって糖質を素早く分解し、エネルギーに変える効果。ビタミンB6によってタンパク質を分解し、アミノ酸に変える効果もあるようです。

ちなみにパイナップルに含まれる「ブロメリン」は、加熱したりすると効果がなくなることから、できるだけ生のまま摂取するのが良いといいます。

スポンサードリンク

パイナップルのカロリーは?

パイナップルは食べ応えがあることから、一見するとカロリーが高いように見えます。

しかし、実際のところは生で食べる場合のカロリーは、100gで約51キロカロリーと低くそうです。※100gの目安としては、約3センチの厚さに切った「輪切り状態」での重さだといいます。

ちなみに、生で食べるパイナップルとは違い、「缶詰め」のカロリーについては、100gあたり約90キロカロリーと、少しカロリーは高くなってしまうようです。

理由は、缶詰めのパイナップルは「砂糖入りシロップ」を使っているため、どうしてもカロリーは高くなってしまうそうです。※パイナップルは、砂糖入りシロップにつけたままの状態で加熱処理を行うことから、ビタミンCやブロメリンの効果も弱まってしまうそうです。

また、缶詰めに入っているシロップは、水1に対して砂糖1~2割ほどで作るそうで、よく売られている「3号缶」の場合は、シロップは約200g含まれていることから、砂糖も200g前後使われているといいます。※砂糖100gのカロリーは約384キロカロリーですので、シロップ200gで見ると768キロカロリーになってしまうことからも、缶詰めのパイナップルを食べる際は、シロップは飲まないほうが良いそうです。

パイナップルの保存方法は?

切る前の、そのままの状態で買ったパイナップルを保存する方法は、新聞紙にくるんでから風通しの良い冷暗所に置いておくと良いそうです。※冷蔵庫の野菜室でも良いそうです。

冷暗所に保存しておけば4~5日ほどは持つそうで、保存する際にパイナップルの葉の部分を下にすることで、甘い果汁が全体に行き渡るといいます。また、購入してからすぐに切って食べるよりも、1晩置いておくほうが美味しくなるそうです。

カットしたパイナップルを保存する場合は、皮がついている状態のものは、サランラップをして冷蔵庫にいれておけば2~3日ほどは持つそうですが、できるだけ早めに食べるのが良いそうです。

また、皮を取って食べやすいサイズにカットしたものは、ジップロック袋に入れて、空気を抜いた後で冷蔵庫に保存すれば、
2~3日ほどは持つようです。※ジップロックに入れたパイナップルを冷凍庫に保存すれば、約1ヶ月は持つそうです。解凍する場合は、自然解凍でOKだそうです。

まとめ

パイナップルには美容効果や疲労回復効果など、健康作りにも最適な成分が多く含まれています。特に生のものはカロリーも低いですので、高カロリーな缶詰めのものよりも、生パイナップルを中心に食べていきたいですね。

スポンサードリンク

 - 美容・健康・ダイエット, 食品・飲料 , ,