お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

日焼けによるアレルギー症状の原因は?予防する方法はあるの?

   

日焼け アレルギー症状暑い時期になると服装も薄着になり、外に少し居ただけでもすぐに日焼けしてしまいます。日焼けすることでシミの原因となる他にも、首や腕などに湿疹ができる、赤く腫れるなどの症状が出ている場合は紫外線アレルギーの可能性があります。

そこで今回は、日焼けによるアレルギー症状の原因や、予防する方法について詳しく解説させて頂きます。

スポンサーリンク

日焼けによるアレルギー症状の原因は?

日焼けは、日光や紫外線を浴びることでなりますが、実は日焼けの大元である太陽の光には、暖かさを感じる赤外線。光が目で確認できる可視光線。暖かさも感じず、目でも確認できない紫外線があるそうです。

そして、この中の「紫外線」が日焼けによるアレルギー症状の原因となるそうです。

紫外線にも「UV-A」、「UV-B」、「UV-C」という3つの種類があり、UV-Aは長時間浴び続けると健康被害に影響が及ぶ。UV-Bは日焼けや皮膚ガンの原因、さらに目にも良くない。UV-Cは大気層で吸収されてしまうため、地表には到達しない。など、それぞれ特徴があるといいます。

その中でも、UV-AとUV-Bは人体にとって有害なもので、これらを浴びて日焼けすることで、アレルギー症状が出る原因となってしまうそうです。

日焼けによるアレルギー症状になると、体にどんな症状が出るの?

紫外線を浴びて日焼けするとアレルギー症状が出てしまうそうですが、この紫外線アレルギーは別名「日光過敏症」や「日光アレルギー」、「日光性皮膚炎」とも呼ばれるそうです。

紫外線アレルギーは、普通の人が紫外線を浴びても問題ない量でも、皮膚にアレルギー反応として症状が出てしまうこともあるといいます。

また、紫外線アレルギーになると多くの場合は、日光を浴びた皮膚の部分に症状が出ることが多く、それでも場合によっては頭痛などの全身症状が起きることもあるそうです。

紫外線アレルギーの主な症状には、

◆皮膚に症状が出る場合
・腫れ
・かぶれ
・赤み
・じんましん、みずぶくれ、丘疹などの発疹

◆全身に症状が出る場合
・頭痛
・吐き気
・発熱

などがあり、皮膚や全身に症状が出る以外にも「目」に症状が出てしまい、目が充血する・涙が出る・異物が入っているかのような違和感があるなどのアレルギー症状が出ることもあるようです。

ちなみに、自分は紫外線アレルギーかどうか?専門医がいる皮膚科や大学病院で診察してもらえば「光線過敏症テスト」で知ることができるそうです。

しかし、日光を浴びた後で皮膚や全身、目などに上記のような症状が出ている場合は、ほとんどの場合は「紫外線アレルギー」と診断されることが多いようです。

スポンサーリンク

日焼けによるアレルギー症状を予防する方法は?

日焼けによるアレルギー症状を予防するには「日焼け止め」を塗ることで、100%ではないですが、ある程度防ぐことができるそうです。

しかし、日焼け止めを選ぶ際にも、日焼け止めには「紫外線吸収成分(ケミカル)」「紫外線散乱剤(ノンケミカル)」という種類があるといいます。

それぞれ種類の特徴として、紫外線吸収成分(ケミカル)は紫外線をカットする効果は高いものの、お肌への負担も多く、場合によってはアレルギー症状が悪化してしまうことも。そして、紫外線散乱剤(ノンケミカル)は紫外線をカットする効果は低めですが、お肌への負担が少ないそうです。

このことからも、お肌が敏感な人はノンケミカルを使用するのが良いそうで、さらに「セラミド」成分が入った化粧水や乳液を併用することで、紫外線アレルギーを予防する効果が期待できるそうです。

※セラミドは、お肌の乾燥を防ぐ保湿成分で、紫外線などの刺激からお肌を守る「肌バリア機能」として、お肌へのダメージを軽減しつつ、失われやすい保湿成分も補ってくれる重要成分だといいます。

日焼け止めと併用して、セラミド成分が入った化粧水や乳液も、積極的に活用していきたいですね。

他にも、日焼けによるアレルギー症状を予防する方法として「食べ物」によってお肌を強くすることができるそうです。

日焼け止めなどによる体外のケアも必要ですが、アレルギー症状を少しでも予防するには体内のケアも重要だといいます。

アレルギー症状に効果のある食べ物は、野菜ならブロッコリー・パセリ・ほうれん草・小松菜・菜の花・パプリカ・トマト・スイカ。

果物ならレモン・グレープフルーツ・イチゴ・みかん・パパイヤ・グァバなどの、ビタミンAやビタミンC、リコピンが多く含まれた食べ物を積極的に食べることで、日焼けによるアレルギー症状を予防することができるそうです。

まとめ

紫外線が多くなる時期に外出する際は、日焼け止めを塗るなどをして、紫外線アレルギーにならないように注意しつつ、日傘や帽子を被るなどの対策も効果があるといいます。

紫外線アレルギーの症状は他にも、口周りの皮膚は弱いことから症状が出やすいそうで、紫外線が強い日はマスクをするなどの対策もしておいたほうが良いそうです。

最近ではUV対策グッズもたくさん発売されていますので、できるだけUVカット率が高いものを選びつつ、アレルギーに効果のある食べ物も摂取しながら、日焼けから身を守っていきたいですね。

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット , ,