お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

京都五山送り火とは?日程や見どころ、アクセスは?

   

京都五山送り火 日程街そのものが日本の文化と言われる京都には、昔から受け継がれてきた風習や伝統のお祭りが数多くあります。中でも「京都四大行事」の1つとして、毎年夏の時期になると五山送り火が行われます。

そこで今回は、京都を代表する五山送り火は何をする行事なのか?詳しい日程や見どころ、アクセスについても解説させて頂きます。

スポンサードリンク

京都五山送り火とは?

毎年、夏になると行われる「京都五山送り火」は、京都の街を取り囲んでいる山々に大・妙・法・鳥居・船などの文字をかたどった「火文字」を灯す行事だといいます。

この京都五山送り火は、お盆に行う「送り火」の規模を大きくしたような行事で、京都では昔から、お盆に帰ってくるご先祖の霊を「お精霊さん(おしょうらいさん)」と呼ぶ風習があるそうです。

そして、お盆に帰ってきたお精霊さんを送り届けるための行事が、京都にて大規模で行われる「五山送り火」だといいます。

※京都五山送り火を見るために、毎年海外からもたくさんの観光客が訪れるそうですが、この行事自体の起源については、ハッキリとしたことは分かっていないそうです。

起源の中には、平安時代から続いている。江戸時代から始まったなど、さまざまな説があるようですが、五山送り火の詳しい内容が記録されるようになったのは「江戸時代」からのようで、この時代から現在のような形になったのでは?と言われているようです。

京都五山送り火の日程は?

京都五山送り火は、毎年8月16日の日程で行われることから、

2016年度も8月16日(火)の日程で開催されます。

※五山送り火は京都市内各区で行われますが、台風や大雨、災害などが起きない限りは、雨天でも決行されるそうです。

火が灯される市内各区の場所については、

大文字
「大」の文字が灯されます。
・場所:左京区浄土寺・如意ヶ嶽(大文字山)
・時間:20時

妙法
「妙」と「法」の文字が灯されます。
・場所:「妙」の文字は左京区松ヶ崎・西山。「法」は東山。
・時間:20時5分

船形
船をかたどった文字が灯されます。
・場所:北区西賀茂船山・船山
・時間:20時10分

左大文字
「大」の文字が灯されます。
・場所:北区大北山鏡石町・左大文字山
・時間:20時15分

鳥居形
鳥居をかたどった文字が灯されます。
・場所:右京区嵯峨鳥居本一華表町・曼荼羅山
・時間:20時20分
※曼荼羅山(まんだらやま)は別名、仙翁寺山・万灯籠山とも呼ばれるそうです。

スポンサードリンク

京都五山送り火の見どころは?

京都五山送り火の見どころは「大」の文字が灯されると、5分ごとに「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居形」の順番で点火される姿だといいます。

それぞれの炎は約30分ほどで消えてしまうため、全体で50分と短い時間ではありますが、それでも静かに燃え続ける姿は、京都を代表する夏の風物詩の1つだといいます。

京都の市内各区で灯される五山送り火ですが、それぞれの地域でも、送り火が良く見えるおすすめスポットがあるそうです。

大文字
よく見えるスポットは、下鴨神社や京都御所、今出川大橋や鴨川の河川敷などがおすすめだといいます。

しかし、「大」の文字は送り火の中でも特に有名で、この文字は1番最初に点火されることから、周辺の地域は混雑するそうです。※京都御所は、わりと混雑が避けられるそうです。

妙法
「妙」の文字なら北山通。「法」なら高野川堤防付近がよく見えるそうです。

船形
北山通や御薗橋からキレイに見えますが、特に北山通なら「妙」の文字も同時に見ることができるそうです。

左大文字
平野神社や金閣寺の周辺で見えますが、金閣寺は京都の観光スポットですので、混雑は避けらないといいます。

鳥居形
嵐山・渡月橋と広沢池ならキレイに見ることができますが、嵐山の渡月橋も有名観光スポットですので、混雑が苦手な場合は広沢池がおすすめだといいます。

京都五山送り火のアクセスは?

京都五山送り火にアクセスする場合は、送り火は市内各区で行われるため、移動方法は変わってきますが、

それぞれの見やすい場所への最寄り駅が、

大文字
京阪電鉄 出町柳駅

妙法
京阪電鉄 出町柳駅

船形
市バス 北山など

左大文字
京阪電鉄 北野白梅町など

鳥居形
市バス 山越など

・住所:京都府京都市
・お問い合わせ:075-366-1498
(京都市文化市民局/文化芸術都市推進室文化財保護課)

まとめ

京都五山送り火は毎年行われる中でも、たった1時間足らずの行事ですので、各場所で見学する際も早めに現地に着くようにして、京都の夏の風物詩をぜひ楽しんでみてくださいね。

スポンサードリンク

 - 8月の行事 ,