お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

お盆の渋滞予測は?渋滞を回避する方法や、もし巻き込まれたら?

   

お盆 渋滞予測お盆休みになると実家に帰る・旅行へ出かけたりなど、混雑すると分かっていても、高速道路を利用する機会が多いと思います。しかし、お盆休みともなると高速道路は渋滞し、なかなか進まない事態にイライラしてしまうことも。

そこで今回は、少しでも混雑を回避するためのお盆期間の渋滞予測について。さらに効率よく渋滞を回避する方法や、もし巻き込まれてしまった場合の対処法についてお伝えします。

スポンサードリンク

お盆の渋滞予測は?

お盆休みは各企業によって違いはありますが、2016年度のカレンダーを見てみると、多くの場合は8月13日~8月16日の間がお盆休みとなるそうです。

さらに2016年からは「山の日」という祝日が増えたために、8月11日が山の日であることから、8月11日と13日に挟まれた12日もお休みになる企業も多いようです。

お盆 カレンダー

山の日の祝日が11日であることから、2016年のお盆の帰省ラッシュは、例年よりも少し早めになることを予想した上で、渋滞予測をしてみると・・・

◆帰省ラッシュ
・8月10日(水):17時~20時頃
・8月11日(木):6時頃~
・8月13日(土):17時~20時頃
・8月14日(日):6時頃~

◆Uターンラッシュ
・8月15日(月):17時頃~
・8月16日(火):6時頃~

となるようです。

特に2016年は山の日があることから、帰省ラッシュについては予測しにくい部分もあるそうですが、例年のデータを見る限りは、8月10日(水)の夕方から混雑する可能性も考えられるといいます。

渋滞を回避する方法は?

お盆の渋滞を回避する1番の方法は「深夜に出発する」ことだといいます。

特にお盆期間中に高速道路を利用する場合は、深夜に出発する以外の方法はないそうです。また、深夜は昼間に比べて車は少ないものの、「関越道下り線」や「中央道下り線」などの一部の区間では、深夜でも混雑している所もあるといいます。

それでも深夜は、昼間と比べて空いていますので、渋滞をできるだけ避けたい方は、深夜から出発するのが良いそうです。

深夜以外でも、「早朝」から出発するのも良いのでは?と思われる方もいらっしゃるかも知れません。しかし、お盆休み期間中の高速道路は早朝5時頃から混雑し、場所によってはすでに30~40キロの渋滞になる所もありますので、できるだけ混雑するピーク時間は避けたほうが良いそうです。

スポンサードリンク

もし、渋滞に巻き込まれたら?

深夜に出発することができずに、渋滞のピークの時間に巻き込まれた場合は、どうすればイライラすることなく、渋滞から抜け出せるのでしょうか?

渋滞に巻き込まれてしまった場合の回避方法については、まずは「車線」を意識すると良いそうです。

高速道路が渋滞している時は、車線の中でも「1番左の車線」が早く進むそうで、理由は1番左の車線では、サービスエリアと合流する・遅い車が走るなどのイメージがあることから、1番左の車線=遅いと思っているドライバーが多いそうです。

そのため、高速道路が渋滞している時は「左車線は遅い」と認識している人が多いことから、1番左の車線に乗るだけで、結果的に車の流れも良くなることが多いといいます。※1番左の車線は流れが良くなると言っても、例えば20キロの渋滞を抜けるとしても1分弱の差くらいしかないようです。

お盆の渋滞に巻き込まれてしまった場合は、頻繁に車線変更することもストレスの原因となりますので、とりあえず1番左の車線で運転して、例え隣の車線の動きが少し良くなったとしても、気にせず車の流れに乗って運転するのが良いそうです。

しかし、少しでも早く渋滞から抜け出したい場合は、「パーキングエリア」や「サービスエリア」を使う方法があるといいます。

渋滞中に車がゆっくり進む中でも、サービスエリアなどがあったら、そのまま入っていくと同時に、すぐに出ます。そして、サービスエリアをすぐに出て本線と合流することで、前の車を20~60台くらい追い越すことができます。

※サービスエリア自体が混雑している場合は、あまり意味がないそうです。このような場合はできるだけ、充実した設備があるサービスエリアよりも、トイレや自販機くらいしかないパーキングエリアを活用するのが良いといいます。

他にも、渋滞を回避する方法として、料金所が混雑している場合はETCレーンではなく「一般料金所」を通るのがおすすめだそうです。

ETCカードを搭載している車でも、一般料金所でカードを抜いて渡せば、割引も含めてETCカード払いで処理してくれるそうです。中には混雑を回避するために、目的地の手前で高速道路を降りてしまう方も多いそうですが、この方法は逆に時間が掛かってしまうので、通行止めなどのトラブル以外は、そのまま高速で運転したほうが良いといいます。

さらに渋滞から抜け出す方法として、トラックなどの「大型車」の後方を運転する方法があるそうです。

トラックなどの大型車は、運転席も高い位置にあるため、先を見通すこともできることから、後ろに付いていくだけでも多少の時間短縮になるといいます。また、大型車の後ろに付いて料金所を通過すれば、トラックなどの車体は1台の大きさが普通車の3倍近くあることから、その後ろに付いているだけでも、約3台分の時間短縮ができ、早く料金所を通過できるようになるそうです。

それでもお盆の時期は車の数がとても多く、上記の方法で渋滞から抜け出すにしても、何時間も短縮できる訳ではありませんので、車内でイライラすることなく、いかに快適に過ごせるのかに注力したほうが良いのかも知れません。

渋滞した時に、車内にあると便利な持ち物は?

車が渋滞したときはなかなか進みませんので、そんな時に車内にあると便利な持ち物が、

◆飲み物
車の中で脱水症状にならないためにも、飲み物は必ず必要になります。しかし、水分を摂ることでトイレが近くなるのでは?と心配になる方もいらっしゃると思いますが、水分を摂る際は一気に飲むよりも、少量を口に含んでこまめに飲むようにすると、乾きも潤うといいます。

飲み物を選ぶ際は、利尿作用がある緑茶・紅茶・コーヒーなどは避けるようにして、ノンカフェインのほうじ茶や麦茶、ミネラルウォーターを飲むと良いそうです。

◆携帯トイレ
トイレが我慢できなかった時のために、携帯トイレがあると安心です。※携帯トイレはネット通販やホームセンターなどで購入できますので、万が一のために持っておくと便利です。

◆薬
長時間も車に乗っていると体調を崩すこともありますので、特に酔い止め薬や下痢止めの薬は持っておくと良いそうです。

◆ガム
車の運転で眠くなった時の眠気覚ましとして、ガムがあると便利です。また、サービスエリアが混雑して立ち寄れないことも考え、お腹が空いた時にパンやおにぎり、お菓子などを用意しておくと良いそうです。

その他にも、ウエットティッシュやティッシュペーパー、ビニール袋なども持っておくと便利です。※渋滞予想を調べる時にも活躍してくれる、スマホなどの充電が切れないように、充電器も忘れずに持っておくと便利です。

まとめ

お盆の渋滞に巻き込まれないようにするため、なるべく深夜に出発するのが1番ですが、深夜以外の時間でもピークの時間帯だけは避けるようにしたいですね。

お盆期間中の高速道路は、給油するだけでも混雑しますので、高速に乗る前にガソリンを満タンにして、安全運転で目的地を目指してくださいね。

スポンサードリンク

 - レジャー , ,