お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

常総きぬ川花火大会の日程は?穴場スポットやアクセスは?

      2017/05/27

常総きぬ川花火大会 日程茨城県常総市で開催される常総きぬ川花火大会では、日本を代表する煙火業者による芸術性の高い花火や、コンピューターを駆使したスペシャルスターマインなど、他では見られない最高水準の花火が楽しめるといいます。

そこで今回は常総きぬ川花火大会の日程や見どころ、穴場スポットやアクセスについて解説させて頂きます。

スポンサードリンク

常総きぬ川花火大会の日程は?

毎年8月中旬頃に開催される常総きぬ川花火大会は、

2017年度は8月11日(金)の日程で行われます。

・打ち上げ時間:18時30分~20時25分
・打ち上げ場所:鬼怒川河畔にある橋本運動公園
(仮設トイレ:約72基)

雨天の場合は8月12日(土)に延期となるそうです。

常総きぬ川花火大会の見どころは?

2017年で53回目を迎える常総きぬ川花火大会ですが、見どころは、花火の芸術性にこだわった数々の演出だといいます。

中でも花火芸術家BIG3による究極の花火が披露され、他にも日本煙火芸術協会会員による8号玉の創作花火競技会「ファイヤーアートコンテスト」など、日本屈指の煙火業者による芸術性の高い花火が楽しめるそうです。

また、内閣総理大臣賞を獲得した花火職人による「ミュージックスターマイン」や、音楽とコンピューター制御を使った「スペシャルスターマイン」も見どころで、国内最高水準の花火はどれも目が離せない演出となっているそうです。

スポンサードリンク

常総きぬ川花火大会の穴場スポットは?

常総きぬ川花火大会には、毎年10万人以上もの観覧客が訪れるため、打ち上げ会場周辺は混雑するといいます。

そのため、花火をゆっくり見学したい方には「特別観覧席」も用意されているそうです。

特別観覧席は6月19日から発売されていますが、料金はマス席:5名で1万円、イス席:1名で3千円など、他にもプレミアムシート席やペア席なども用意されているそうです。

特別観覧席の購入方法や詳細などについては、常総市商工会のHPから確認できます。※特別観覧席は人気があるため、すぐに売り切れてしまうそうです。

会場周辺の混雑をできるだけ避けながら花火を見学したい場合は、打ち上げ会場から少し離れた穴場スポットで見るのがおすすめだといいます。

おすすめの穴場スポットについては、

◆鬼怒川河畔の対岸
花火の打ち上げ会場である鬼怒川河畔の対岸なら、しっかり花火を見られるそうです。また、対岸付近はビルなどの花火を遮るものがなく、見晴らしの良い穴場スポットとしても人気があるといいます。

◆一色クリニックの土手
一色クリニックの前にある土手も見晴らしが良く、花火をゆっくり楽しむことができるそうです。

◆共栄酪農業協同組合の近くにある土手
打ち上げ会場から少し離れた場所にあるものの、共栄酪農業協同組合の近くにある土手からは、花火全体を見ることができる穴場スポットとなっているそうです。

常総きぬ川花火大会のアクセスは?

常総きぬ川花火大会のアクセスは、

◆電車でアクセスする場合
関東鉄道水海道駅から徒歩で約15分

◆車でアクセスする場合
常磐道谷和原ICから国道294号経由で約10分

車で向かわれる際は、打ち上げ会場の周辺には、約2100台停められる無料駐車場があるそうですが、すぐに満車となってしまうそうです。※鬼怒川河畔の河川敷周辺にも臨時駐車場が設けられますが、こちらは有料(1台1000円程)となってしまうようです。

常総きぬ川花火大会の当日は17時~21までの間、会場周辺の道路は進入禁止となりますので、なるべく公共機関を利用するのが良いそうです。

・住所:茨城県常総市水海道橋本町
・お問い合わせ:0297-22-2121
(常総きぬ川花火大会実行委員会)

まとめ

常総きぬ川花火大会は、迫力ある花火の共演も去ることながら、夏のイベントの楽しみでもある「屋台」も数多く出ているそうです。毎年、鬼怒川河川敷の土手の上に、数多くの出店がズラリと並んでおり、焼きそばやタコ焼き、金魚すくいなどの定番の屋台が楽しめるといいます。

「全国の花火大会100選」にも選出される常総きぬ川花火大会は、都心からも意外と近く、最寄り駅からも歩いて15分ほどで到着しますので、ぜひ夏の思い出作りに足を運んでみたいですね♪

スポンサードリンク

 - 8月の行事 ,