お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

子供があせもになる原因は?治し方はどうすれば良いの?

   

子供 あせも 原因あせもが出来やすい夏の時期は、特に大人よりも汗をかきやすい子供のあせもが心配になってしまいます。悪化すると、皮膚の炎症などが起きる可能性もあるというあせも。

そこで今回は子供があせもになる詳しい原因や、あせもになった際の治し方について解説させて頂きます。

スポンサーリンク

子供があせもになる原因は?

あせもは汗をかくことで発症してしまうと思いがちですが、実は普段の生活でかく汗では、あせもになる可能性は低いそうです。

しかし、普段の生活でかく汗ではなりにくいものの、夏の時期などの高温多湿な環境によって汗をかく時間が長くなることで、汗が出る毛穴や汗の中にある成分に、ホコリや垢などが詰まりやすくなってしまうといいます。

そして、ホコリや垢が詰まることで、普通なら汗腺を経由して出るはずの汗が体外に放出されないために、皮膚の中に蓄積されていくことで炎症を起こし、皮膚にあせもの症状が出てしまうそうです。

特に子供は大人と比べて基礎代謝量が高いことから、自然と汗をかく量も多くなってしまうそうです。

汗そのものは汗腺から分泌されるそうで、子供や大人の汗腺の数はほぼ同じだといいます。しかし、汗腺の量が大人と同じでも子供は体が小さいために、その分、子供の小さな体(面積)に汗腺が密集し、大人よりも多く汗をかいてしまうといいます。

また、子供があせもになる原因には、子供は大人と比べて皮膚バリア機能がまだ発達しておらず、外界からの刺激に弱いことから、あせもになりやすいといいます。

皮膚は本来、1番外側にある「角質層」が、外界からの刺激を和らげるバリア機能の役割をしていますが、大人の角質層の厚みが約0.02ミリあるのに対し、子供の角質層は大人の半分程しかないそうです。

そのため、バリア機能の強い大人よりも、ちょっとした外界からの刺激によって、皮膚に湿疹や炎症が起こりやすくなってしまうようです。

子供のあせもの症状は?

あせも自体は、頭・オデコ・首周り・ヒジの内側・ヒザの裏側・お尻・足の付け根などの汗をかきやすく、汗が溜まりやすい部分にできることが多いそうです。

あせもになると症状として、皮膚の表面に約1~3ミリ程の透明な水ぶくれができるといいます。

また、この水ぶくれには「紅色汗疹(こうしょくかんしん)」と「水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)」と呼ばれる種類があるそうです。

水晶様汗疹の場合は症状が出ても痒みがなく、数日程度で治ってしまうことが多いそうですが、紅色汗疹の場合は皮膚に赤いブツブツが出て痒くなり、さらに炎症が起きてしまうといいます。

特に子供は痒みが出ると掻きむしることが多いため、これによって症状が悪化することのないように、適切な治し方が必要になってくるそうです。

スポンサーリンク

子供のあせもの治し方は?

もし、子供にあせもの症状が出てしまった場合は、できるだけ症状が悪化しないように、子供の様子を見ながら治していくのが良いそうです。

◆乳幼児のあせもの治し方

・オムツを小まめに取り替える

・汗をかいていないか、小まめにチェックする

・汗をかいている場合は、乾いた状態のタオルやハンカチで優しく拭き取る(汗を大量にかいている場合は、ぬるめの沐浴やシャワーで汗を洗い流してあげると良いそうです)

・肌の上に直接着るような服は、できるだけ通気性や吸水性が高いものを着せてあげる

・ベビーパウダーを使う

◆子供のあせもの治し方

・汗をかいて皮膚が痒くなっても、掻きむしらないように注意する

・どうしても痒みが強い場合は、冷たいタオルなどを患部にあてて冷やしてあげる

小学生くらいのお子さんなら、汗をかいた場合は自分で拭くよう指導し、ある程度の年齢になれば自然と汗を自分で拭いたり、痒くても我慢するようになるといいます。

スキンケアによって、ある程度はあせも改善に繋がるようですが、紅色汗疹の症状が出ている場合は炎症を抑えてくれる「ステロイド外用剤」を使う方法もあるそうです。

皮膚の掻きむしりによって炎症が酷くなると化膿してしまうこともあり、さらに悪化すると「とびひ(伝染性膿痂疹)」などの感染症を引き起こす場合もあるといいます。

このような感染症を予防するためにも、紅色汗疹によって症状が酷くなるそうな時は、ステロイド外用剤の中でも抗生物質の配合されたものを使用するのが良いそうです。※お子さんに薬を塗る場合は、まずは皮膚科で診てもらってから、適切な薬を処方してもらうのが良いといいます。

特に小さなお子さんが皮膚科で診察してもらう場合ですが、「小児科」は症状を治すことよりも、肌に優しい=薬の効き目が弱いことを重視していることが多いそうです。しかし、薬の効き目が弱いことで治るのにも時間が掛かるため、さらに長期に渡って薬を使用することで別の副作用が出る可能性もあるといいます。

このため、小児科よりも「皮膚科」に行けば、効き目が強いステロイド系の薬が処方されますが、その分、治りも早くなることで症状の悪化も防げるそうです。※小児科でも、アレルギーやアトピー治療などに力を入れている、皮膚専門の病院なら問題ないそうです。

まとめ

夏の時期はどうしても汗をかきやすくなりますが、汗をかくことは人間にとって大切なことでもあります。

汗をかいたときは、そのまま長時間放置させないようにして、日頃からお子さんのあせもが悪化しないように、気を配っていきたいですね

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット , , ,