お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

夏風邪で下痢になったときの対処法は?予防する方法はあるの?

   

夏風邪 下痢夏風邪が長引いてくると下痢の症状が出てしまうことがあります。特に、下痢の症状が外出中に出てしまったら、たまったものじゃありませんよね。

そこで今回は、夏風邪で下痢になる原因や対処法。さらに下痢を予防する方法について、詳しく解説させて頂きます。

スポンサーリンク

そもそも夏風邪が長引く原因は?

夏風邪が長引く大きな原因の1つに、室内と室外の温度差にあるといいます。

暑さ対策のために室内ではエアコンをかけることが多いと思いますが、室内の冷えた環境から、室外に出るときの温度差によって、自立神経が乱れてしまうそうです。

自立神経が乱れてくると、人間の体は体温調整がうまくできずに、自然と免疫力も低下してしまい、風邪をひきやすくなってしまうといいます。

そして、風邪をひいてしまっても、室内と室外の温度差が激しい環境に居ることで、風邪の治りも遅く長引いてしまうそうです。

夏風邪で下痢になる原因は?

夏のエアコンの温度差によって風邪をひきやすくなる他にも、夏の時期はお腹を壊しやすい環境が整っているといいます。

暑さのために、冷たい飲み物や食べ物を摂取し過ぎることで下痢になりやすく、また寝冷えなどによっても下痢になってしまうことが多いようです。さらに夏の暑い時期は、食べ物が傷むのが早く、食中毒によって下痢が起きてしまうといいます。

下痢は夏風邪のせいでお腹が痛くなり、下痢の状態が長く続いてしまうこともあるそうです。※夏風邪のウイルスの特徴は、乾燥を好む冬の時期のウイルスとは違い、湿度を好むといいます。

夏風邪でみられる主なウイルスには、アデノウイルスやエンテロウイルス(コクサッキーウイルス、エコーウイルスなど)などがあり、これらのウイルスは健康な人でも感染しますが、体の免疫力が落ちているとき程、より感染しやすくなるそうです。

スポンサーリンク

夏風邪で下痢になったときの対処法は?

夏風邪が原因で下痢になった場合は、市販の下痢止めをむやみに飲んでしまうと逆効果になってしまうです。

下痢の症状は、腸内で繁殖しているウイルスを体外に出すための症状だそうで、下痢止めを飲んで症状を止めてしまうと、かえって下痢が長引いてしまうといいます。

また、腸の粘膜に付着したウイルスによって、睡眠不足や疲れ、ストレスなどの症状が起きやすく、免疫力も低下していきます。すると、免疫力のい低下によってウイルスの繁殖がさらに活発になり、これにより炎症が起きてしまい、下痢の症状が出てしまうそうです。

ですので、下痢だからと言って市販の下痢止めを服用してしまうと、症状が長引くのはもちろん、抗生物質を服用するのも控えたほうが良いといいます。

※抗生物質を服用することで、風邪ウイルスを退治することはできますが、一緒に腸内細菌も退治されてしまうそうです。腸内細菌が退治されてしまうと善玉菌まで減少してしまい、今度は悪玉菌が増えることによって腸内環境が悪化=下痢が長引いてしまうようです。

しかし、下痢が何日も続く。仕事があるので何度もトイレに行けない。体力的に下痢が続くのは辛いなどの場合は、下痢止めを使用したほうが良いケースもあるそうです。

下痢止めを使用する場合は自己判断で使用せずに、まずは病院で診察してもらった上で、医師から処方してもらった薬を服用するのが良いといいます。

夏風邪の下痢を予防する方法は?

下痢を予防するためには、まず夏風邪にならないように気をつける必要があるといいます。夏風邪の原因であるウイルスに感染しないために、外から帰宅したときは手洗い・うがいを入念に行うのが良いそうです。

また、外出するときは夏風邪が流行している時期などは、できるだけウイスルが蔓延しやすい人混みを避けつつ、マスクを付けるなどの予防対策がおすすめだといいます。※目薬を使用しても、ウイルスを洗い流せるそうです。

自宅でクーラーを使用する際も、できるだけ室内を冷やさないように、クーラーの温度を28度に設定して、風邪をひきにくい環境を作ります。

普段の食事にも気を配りながら、特に腸内の善玉菌を増やしてくれる「発酵食品」を食べるだけでも、善玉菌が腸を守りながら免疫力も向上していくそうです。

夏の暑さで食欲がないからと言って、食生活が乱れてくると、悪玉菌が増えることで有害物質もどんどん増えていき、腸内環境が悪くなった結果、免疫力が低下して夏風邪や下痢になりやすくなります。

他にも、食べ過ぎや飲み過ぎ、疲労やストレスでも悪玉菌は増えてしまいますので、睡眠を充分にとって健康維持することも、夏風邪や下痢を防止する効果が高いといいます。

まとめ

下痢の症状が起きた場合ですが、特に慢性的な下痢が続くときは別の病気の心配もありますので、すぐに病院で診察してもらったほうが良いそうです。

夏でも健康に過ごすために日頃から、正しい生活習慣や栄養のある物を摂取して、夏風邪や下痢にならないように気を配っていきたいですね。

スポンサーリンク

 - 美容・健康・ダイエット , ,