お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

敬老の日の人気プレゼントは?選ぶ際の注意点や人気ブランドは?

   

敬老の日 人気プレゼント敬老の日には、日頃からお世話になっている祖父や祖母に感謝の気持ちをこめて、何か喜んでくれるプレゼントを贈りたいですよね。しかし、プレゼントをいざ贈るとなると、何を贈れば良いのか?迷ってしまうことがあると思います。

そこで今回は、敬老の日の人気プレゼントや選ぶ際の注意点について。さらに、プレゼントで人気のあるブランドについて、お伝えさせて頂きます。

スポンサーリンク

敬老の日の人気プレゼントは?

日頃からお世話になっている祖父・祖母に向けてプレゼントを贈る際は、まずは贈る前の「プレゼント選び」にポイントがあるようです。

※敬老の日は毎年9月の第3月曜日ですので、2016年は9月19日(月)になります。

プレゼントを選ぶ際のポイントとしては、

・普段、自分では買わないような物
・相手が欲しいと思っている物
・気持ちがこもっている物

を基準に選んでいけば、外すことはないそうです。

特に敬老の日で喜ばれる人気のプレゼントには、

◆花
贈り物の定番である花ですが、敬老の日にプレゼントすれば、まず間違いないそうです。

お花を選ぶ際は、渡した後のお手入れが大変な場合もありますので、できれば「花束」を選ぶのがオススメだといいます。

◆食品
祖父や祖母が普段買わないような、グルメやスイーツ、フルーツなどの食品も喜ばれるといいます。

最近では、有名和菓子や洋菓子店が作った食品なども、ネットで敬老の日のプレゼント用として購入できますので、食品類以外でも日本酒や焼酎などのお酒類もオススメだそうです。

◆洋服やカバン
洋服やカバンは普段、着たり持ち歩いたりできますので、プレゼントで貰う物としては毎年、人気があるといいます。また、洋服やカバン以外にもパジャマや靴下なども贈り物として、喜ばれるアイテムだそうです。

◆ネックレス
最近では血流を良くして、肩コリを緩和する磁気ネックレスなどもあり、見た目もオシャレで普段でも愛用できるため、プレゼントとしても人気があるといいます。

◆手紙
手紙はプレゼントと一緒に添えるだけでも、凄く喜んでもらえるそうです。

日頃の感謝の気持ちを手紙で伝える際は、手書きでかいたほうが、より気持ちが伝わりやすくなるそうです。

スポンサーリンク

敬老の日のプレゼントを選ぶ際の注意点は?

敬老の日のプレゼントを選ぶ際の注意点としては、特に洋服を選ぶときは「服のサイズ」に注意する必要があるといいます。

洋服を選ぶときは、「着丈」と「お腹まわり」には気をつけたほうが良いそうです。

※洋服のサイズは、事前に調べておくのが良いですが、それでもサイズが分からないときは、カーディガンやTシャツを選ぶのがオススメだといいます。

カーディガンやTシャツなどは服のサイズにゆとりがあるため、およそのサイズ選びでも、幅のあるサイズ選びができるそうです。

また、祖母の洋服を選ぶ際は、女性服はS~Lサイズの他にも、色々なサイズ表記がある場合がありますので、購入する前は店員さんに確認しておくのが良いそうです。

洋服以外でもアクセサリーの場合は、すでに高価なものを持っている場合も考えられますので、贈り物としてプレゼントする際は同じ物を持っていないか?注意が必要です。

また、プレゼントで良い物がないからと言って、「現金」をそのまま渡すのも、敬老の日には控えておきたいものです。

そんなときは、現金よりも全国の百貨店で使える「商品券」を気持ちとして渡すのがオススメだといいます。受け取る側も商品券のほうが、現金よりも貰いやすく、手紙と一緒にサプライズとして渡すことで、より喜んでもらえると思います。

敬老の日に贈るプレゼントの中で、人気ブランドは?

敬老の日に贈るプレゼントの中で、特に人気のあるブランドには、

祖父に贈る場合
・ラルフローレン
・ヴァンジャケット
・ダックス
・キプリス

祖母に贈る場合
・フェイラー
・ヒロココシノ
・レオナール
・レリアン

などのブランドが人気が高いそうです。

※これらの人気ブランドの中でも、祖父や祖母の両方で人気があるのが「バーバリー」だといいます。

また、敬老の日にプレゼントを貰うお年寄りの中には、ブランド物の場合になると特に「どこのお店で買ったのか?」を重視される方もいらっしゃいますので、そのような場合は三越や高島屋などの有名デパートで買うのが良いそうです。

他にも、今まで使い慣れている物から、新しい物に変えるのに抵抗を持っている場合もありますので、プレゼントを選ぶ前に何が欲しいのか?入念にリサーチするのが良いようです。

まとめ

敬老の日は、「多年に渡って社会のために尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」という意義があるそうで、この中にある老人とは、国の老人福祉法において65歳以上と定められているようです。

しかし、65歳といっても最近の祖父・祖母は老人とは言えないほど元気ですし、中には老人と捉えられることに抵抗がある方もいらっしゃることも確かです。

ですが、日頃良くしてくれる祖父や祖母に、感謝の気持ちやプレゼントをしつつも、相手を敬う気持ちも大切にしていきたいですね。

スポンサーリンク

 - 9月の行事 ,