お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

お盆休みはいつからいつまで?山の日で連休は長くなるの?

   

お盆休み いつから いつまで8月のお盆休みは連休のため、家族揃って旅行に出かけたりと、特にお子さんにとっては楽しい休日になると思います。さらに2016年からは「山の日」という祝日が増え、これによって連休は増えるのでしょうか?

そこで今回は、2016年度のお盆休みはいつからいつまで?山の日によって連休は長くなるのか?詳しく調べてみました。

スポンサードリンク

お盆休みはいつからいつまで?

お盆休みは一般的に、8月13日~16日までの4日間となるそうです。

そして、2016年からは「山の日」が施行されたことで、毎年8月11日は祝日となりますが、山の日の翌日である12日は平日のため、連休になるかどうかは各会社ごとで違いが出てくるようです。

山の日で連休が長くなるの?

仮に山の日から連休になった場合は、2016年は8月11日(木)~8月16日(火)の6連休になるそうです。

ちなみに「山の日」は2014年に制定され、2016年から施行される祝日ですが、この祝日は日本山岳会や全国「山の日」協議会加盟諸団体。さらに地方自治体や山岳関係者、自然保護団体などの働きによりできた祝日だといいます。

山の日が施工されるにあたり、初めはお盆休みを合わせた長期連休にする目的で、8月12日を「山の日」にする案も出ていたそうです。しかし、8月12日は「日航機墜落事故」が起きた日であることから、8月11日に決定されたといいます。

スポンサードリンク

各企業のお盆休みはいつから?

各企業や業種によって、お盆休みの日数に違いがありますが、各業種の主なお盆休み期間について見ていきましょう。

◆一般企業
一般企業の多くは8月13日(土)~8月16日(火)がお盆休みになるそうですが、山の日ができたことにより、12日もお休みとなる企業もあるといいます。

◆製造業
製造業や福利厚生に力を入れている企業などは、特に製造業は生産ラインや機械の稼働状況の関係により、お盆休み自体が長い会社が多いそうです。そして、お盆休みは8月6日(土)~8月16日(火)の11連休ということで、有給を取ることができた場合は、さらに長くすることができるそうです。

※特に製造業でも大手自動車工場などでは、その会社独自の休日カレンダーがあるようで、中には「山の日」をお休みとせず、13日(土)~21日(日)までをお盆休みとする所もあるといいます。

◆市役所や銀行
行政機関である市役所、銀行や郵便局などの場合は、一般的にはカレンダー通りのお休みになるといいます。特に決まったお盆休みがある訳ではないので、休日は8月13日(土)~8月14日(日)の2日間だそうです。

◆販売・サービス業
販売業やサービス業をしている企業や個人の方は、お盆休みは「稼ぎ時」となるため、逆に忙しくなる時期だといいます。

まとめ

長期のお盆休みがある場合は、実家に帰省したり旅行に出かけたりと、楽しい休日を満喫できると思いますが、「お盆」という風習は日本独自のものだそうです。

お盆は一般的に、亡くなった方やご先祖様の霊を祀る行事のことを指すそうで、主に8月13日は迎え火(故人やご先祖様を家に迎える)。8月16日は送り火(故人やご先祖様を送る)となるそうです。

地域によっては迎え火と送り火のときに、ナスやキュウリに割り箸を刺し、牛や馬に見立てたモノである「精霊馬」を飾るところもあるといいます。

※迎え火と送り火の4日間のことを一般的にお盆と呼ぶそうですが、地域によっては7月13~15日。8月20日前後などがお盆の時期になるところもあるそうです。

お盆休みが長くとれる場合は、お子さんなども夏休みの時期になりますので、遠出する際に車を利用する場合は、気をつけて運転してくださいね。

【関連記事】
お盆の渋滞予測は?渋滞を回避する方法や、もし巻き込まれたら?

スポンサードリンク

 - 8月の行事 , ,