お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

便秘解消に「つま先立ち」が効くって本当?他にも塩レモン水や・・・

   

便秘解消 つま先立ち便秘になると便が硬くなったり、服を着たときにお腹がポッコリしたりと、特に女性の約6割が便秘に悩まれているそうです。そんな便秘に対し、何か良い解消法はないか?調べてみたところ、「つま先立ち」が便秘解消に効果があるといいます。

そこで今回は、便秘解消に「つま先立ち」が効くって本当?さらに塩レモン水も効果があるそうなので、作り方についても調べてみました。

スポンサードリンク

便秘解消に「つま先立ち」が効くの?

便秘解消に「つま先立ち」は・・・とても効果があるといいます。

やり方はとても簡単で、つま先立ちになった状態を5分ほど続けるだけです。

つま先立ちなら室内でも場所を取らず、いつでも手軽にできますが、つま先立ちでバランスが取りにくい場合は、壁に手を当てて実践するのが良いといいます。

また、ある程度慣れてくるまでは、つま先立ちをいきなり5分やるよりも、まずは1分くらいから始めて、じょじょに慣れていくのがオススメだそうです。

それでも、できるだけ長くやったほうが効果は高いそうですが、バランスを崩してケガだけはしないように、注意してくださいね。

便秘解消に「つま先立ち」が効果的な理由は?

便秘の原因は腸内環境が悪化することで、腸のはたらきが悪くなることで起きてしまうそうですが、さらに便秘時には血行不良によって、新陳代謝機能も低下しているといいます。

そこで、つま先立ちをすることで血行も良くなり、新陳代謝も活性化されることで、腸の働きも活発になる=便秘解消に繋がるそうです。他にも、便を排出する際には「腹筋」の力も必要になるそうで、特に女性の場合は腹筋の力が弱いために、便秘にもなりやすいといいます。

そして、便をしっかり排出するために必要な腹筋も、つま先立ちによって鍛えることができるそうで、腹筋はもちろん、お尻周りも鍛えることができますので、便を排出するのに必要な筋肉を全て鍛えることができるそうです。

特に便秘の症状が軽い方なら、つま先立ちをすることですぐに効果が期待できるといいます。

スポンサードリンク

便秘解消に効く「塩レモン水」の作り方は?

便秘解消には塩レモン水も効果があるそうで、塩レモン水は「塩水洗浄」と呼ばれるほど、腸をデトックスしてくれる飲み物として有名だといいます。

塩レモン水の作り方も簡単で、

・水を500ml
・ヒマラヤ岩塩(ピンク岩塩)を小さじ1杯程
・レモンを1個

を混ぜて飲むだけです。

塩レモン水は、胃が空っぽの状態の朝一番に飲むのが効果的で、水はミネラルウォーターや浄水器を通した水道水などを使うと良いそうです。※レモンを絞る際は「レモン絞り器」を使うと便利です。

また、ヒマラヤ岩塩はデパートや通販などでも手軽に購入でき、塩分が苦手で500mlも飲むのが辛い場合は、300mlに減らして飲んでも良いそうです。

300mlに減らして塩レモン水を作る際は、岩塩の量は小さじ3分の2くらいで、レモンはそのまま1個で大丈夫だそうです。

便秘を根本から解消する体質改善法は?

便秘の症状が重い場合は、つま先立ちや塩レモン水を飲んでも、すぐに解消されないこともあるそうです。これらの方法は続けることで効果が出てきますが、中には即効性を期待するあまり、浣腸や便秘薬に頼ってしまう方もいらっしゃるかも知れません。

しかし、浣腸などは即効性は期待できるものの、根本的な便秘解消にはなりませんので、便秘を改善するには「体質」から根本的に変えることが大事だといいます。

そこで、便秘を根本から解消するための体質改善法として、

◆運動
適度な運動をすることで腸内の働きも活性化されますので、運動が苦手な方でも「軽いストレッチ」や「ウォーキング」するだけでも、十分に効果があるといいます。また、疲労やストレスも腸や体にとって良くありませんので、睡眠をしっかり摂ることも体質改善には必要だそうです。

◆1日に水をたくさん飲む
便秘時は、便が硬くなっている状態ですので、水をたくさん飲むことによって、便も柔らかくなるといいます。※水を飲む際は、1日1~1.5リットルを目安に飲むと良いです。

◆食物繊維が豊富な食べ物を摂取する
便秘にヨーグルトが効くのが有名ですが、実は「納豆」も便秘改善に効果があるといいます。納豆には水溶性食物繊維と呼ばれる、便秘改善に効果のある食物繊維が多く含まれているそうで。

また、食物繊維には水溶性と不溶性があるそうで、例えば水溶性なら納豆・オクラ・山芋。不溶性ならゴボウ・キャベツなどがありますが、便秘改善に効果があるのは納豆などの水溶性食物繊維だといいます。※水溶性食物繊維の食べ物でも、腸にとっては良い食べ物ですが、特に便秘のときは便が硬くなってしまうそうなので、便秘時に過剰に摂取するのは良くないそうです。

それでも水溶性食物繊維の食べ物は、体にとっては良い食べ物ですので、食べ過ぎない程度にしておきつつ、あとは肉や魚、野菜などもバランスよく摂取することが大切だといいます。

◆白湯を飲む
塩レモン水を飲む方法以外にも、朝起きて「白湯」を飲むことで便秘解消効果があるそうです。白湯を飲む際は、朝目覚めてから5分以内をメドに、48度ほどに温めた白湯を1杯飲むだけだといいます。

温かい白湯を飲むことで腸の働きも活発になり、腸内にこびりついた便などを溶かして清潔にしてくれるそうです。※白湯は1週間ほど続けて飲むことで、高い効果が期待できるといいます。

まとめ

便秘解消には、つま先立ちや塩レモン水なら、便秘薬を使用するよりもリスクなく効果が期待できますので、運動などと合わせて実践してみてくださいね。

あとは日頃の生活習慣や食事にも気を配りながら、便秘解消や便秘予防に努めていきたいですね。

スポンサードリンク

 - 美容・健康・ダイエット , ,