お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

口周りが乾燥する時期や原因は?防ぐ方法はあるの?

   

口周り 乾燥皮膚の中でも特に口周りは乾燥しやすく、カサカサした状態を放置しておくと、粉吹きや痒み、赤みなどの症状が出てくることも。

そんな口周りの乾燥が酷くならないためにも、特に乾燥しやすくなる時期はいつなのか?口周りが乾燥する原因や防ぐ方法も含めて、解説させて頂きます。

スポンサードリンク

口周りが乾燥する時期は?

口周りが乾燥してくると粉や痒み、赤みなど辛い症状が続くことがあります。しかし、口周りの乾燥は1年中続くことは少なく、秋頃から症状が気になりはじめ、特に空気が乾燥しやすくなる冬の時期に症状が悪化するケースが多いそうです。

肌が乾燥することで痒みや赤みなどの、気になる症状が出てしまいますが、本来は肌にとって快適な湿度は60~70%と言われているそうです。

そして、湿度が60%以下になると肌は乾燥しやすくなり、湿度60%以下の日が最も多い季節が「10月」だといいます。10月から肌が乾燥しやすくなり、12月になると湿度の平均数値が60%を切る日が続くそうで、その状態がなんと4月まで続くといいます。

このことから、口周りが最も乾燥する時期は12月~4月までで、この時期の間は特にケアが必要になるそうです。

口周りが乾燥する原因は?

口周りの乾燥で気になる症状の1つに粉吹きがありますが、これは皮膚が乾燥することで角質がめくれ、本来なら剥がれ落ちるものが、そのまま剥がれ落ちることなく残ってしまうのが原因だといいます。

口周りが特に乾燥しやすい原因については、

◆口周りの皮膚は薄いから
会話するために、よく動かすことの多い口周りの皮膚は元々薄く、少しの刺激でも傷つきやすいことから、乾燥に対しても抵抗力が弱いそうです。

◆摩擦
メイク落としで落ちにくい口紅を擦り落としたり、また食事の際に口を拭いたりと、口周りは他の体の部分と比べて過酷な環境にあるために、どうしても乾燥しやすいといいます。

◆保湿ケアの見落とし
口周りの皮膚の他にも、目元も皮膚が薄いそうで、そんな薄い目元をケアするためのクリームやパックがある反面、口周りのケアはあまり注目されていないそうです。

また基礎化粧品を塗る際も、唇や鼻などの凹凸が多い箇所は化粧品の塗り漏れも多く、乾燥を防ぐための保湿ケアがしっかり行き届いていない場合が多いといいます。※しっかりと保湿ケアをしていた場合でも、食事によって拭き取られてしまうことも多いそうです。保湿ケアをする場合でも、化粧水や乳液は2度塗りするのが良いといいます。

スポンサードリンク

口周りの乾燥を防ぐ方法は?

気になる口周りの乾燥を防ぐ方法としては、

◆摩擦を抑える
口周りの皮膚は薄く、摩擦に弱いことからも食事の際に口周りを拭き取るときは、そのまま拭き取るのではなく「押さえて拭く」のが良いといいます。押さえて拭くだけでも、だいぶ違ってくるそうです。

◆リップを小まめに塗る
唇の乾燥を防ぐことができるリップクリームですが、唇に塗るときは口周りも一緒に塗ると良いそうです。また、使用するリップクリームは唇と口周りにも塗れる「バームタイプ」のものがオススメだといいます。

外出時でも小まめに塗れるように、カバンやポケットなど手の届きやすい場所に入れておき、保湿を常に心がけてくださいね。

◆化粧品は重ね塗りする
口周りを保湿ケアするための基礎化粧品は、1度塗るのではなく、再度重ね塗りするのが良いといいます。塗る際も手の平で優しく包み込むような感じで、その際も押さえるようにして、肌になじませて塗ります。

◆コットンパックをする
保湿化粧水をコットンに含ませてから、口周りにパックする方法も、乾燥を防ぐためにはオススメな方法だといいます。やり方としては、まずコットンを水で濡らした後に軽く絞り、普段使っている化粧水を含ませます。

そして、乾燥が気になる口周りに乗せて3分ほど置き、3分経った後は乳液を塗っておしまいです。

口周りの乾燥を防ぐ際に、絶対にやってダメなことは?

口周りの乾燥を防ぐためにケアする方法の中でも、余計に症状が悪化してしまう、絶対にやってはダメなことがあるといいます。

◆強く擦って洗顔をする
口紅などの落ちにくい化粧品を落とすために、ゴシゴシ擦って洗顔をするのはNGだそうです。口周りは皮膚が薄く、強く擦ることで肌荒れや乾燥が悪化してしまうそうです。

口紅を落とす際はポイントメイクリムーバーなどを使うようにして、クレンジングする際は、しっかり化粧品となじませてから落とすのが良いといいます。

また、洗顔料を使うときの泡はキメ細かく泡立てるようにして、強く擦らないようにしながら、泡を肌の上で転がすようなイメージで洗うのがオススメだそうです。※洗顔で使う水も、熱すぎる温度で洗うと皮脂を落とし過ぎてしまいます。ですので、洗顔をする際は32度くらいのぬるま湯で洗うのが良いそうです。

◆コットンで何度も塗る
口周りの乾燥を防ごうとして、何度もコットンでパッティングしてしまうと、摩擦によって毛細血管の損傷・バリア機能の弱った肌が余計に傷つく・赤みなどの原因になってしまうそうです。

◆使い慣れていない化粧品を使う
口周りが乾燥し、粉吹きや赤みなどの症状が出ている場合は、肌のバリア機能が低下している状態ですので、そこに普段使い慣れていない新しい化粧品を使うのはオススメできないといいます。

よく、化粧品を変えたら肌が荒れた!という話を聞くことがあると思いますが、人によって肌に合う・合わない化粧品がありますので、新しい化粧品を使いたい場合は、肌の状態が落ち着いてから。または敏感肌用の低刺激の化粧品を使うのが良いそうです。

まとめ

特に12月~4月が口周りの乾燥しやすい時期ですが、春の時期は花粉・黄砂などが飛ぶ機会が多いため、肌のバリア機能低下やターンオーバーの乱れ、肌の水分不足になりやすくなるといいます。そのため、鼻をかんだり、マスクを付ける摩擦によって乾燥肌が進行してしまうことも多いそうです。

乾燥肌や口周りがカサカサしないためにも、日頃から肌への摩擦を避けるようにしながら、しっかり保湿して乾燥を防いでいきたいですね。

スポンサードリンク

 - 美容・健康・ダイエット , ,