お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

角館のお祭りの日程は?見どころやアクセスは?

   

角館のお祭り 日程秋田県仙北市で開催され、「日本三大喧嘩祭り」の1つとしても有名な角館のお祭り。中でもお互いの曳山を激しくぶつけ合う「やまぶっつけ」は迫力満点で、まさに喧嘩祭りにふさわしい光景が見られるといいます。

そんな角館のお祭りについて、詳しい日程や見どころ、アクセスについて解説させて頂きます。

スポンサードリンク

角館のお祭りの日程は?

毎年9月上旬に開催される角館のお祭りの日程については、

2016年度は9月7日(水)~9日(金)の日程で行われます。

7日:神明社の宵祭り
8日:神明社の本祭り・薬師堂の宵祭り
9日:薬師堂の本祭り

開催場所:秋田県仙北市角館町内の一帯

角館のお祭りとは?

今から約350年前に始まった角館のお祭りは、家族の健康・地域の発展や商売繁盛を祈願するお祭りとして、神明社で行われていたお祭り(9月7・8日)と、薬師堂で行われていたもの(9月8・9日)が一緒になったお祭りだといいます。

角館のお祭りでは、各町内の18台の曳山(ひきやま)が曳き廻され、7日に曳山は神明社で参拝をして、8日は武家屋敷通りを抜けた場所にある佐竹北家当主への上覧に向かうそうです。そして8日と角館のお祭りの最終日である9日に薬師堂で参拝をするといいます。

各町内から集まった18台の曳山は、歌舞伎人形や武者人形などが乗せられた豪華な作りになっており、この曳山には大太鼓・小太鼓・鼓・笛・摺り鉦・三味線を演奏する「お山囃子(おやまばやし)」と呼ばれる人達が乗り、「秋田おばこ」の艶やかな手踊りも披露されるそうです。

これらの曳山は若者達によって、神明社と薬師堂への参拝や佐竹北家への上覧を目指しながら、山車(やま)を曳き廻すそうです。

スポンサードリンク

角館のお祭りの見どころは?

角館のお祭りの1番の見どころは「やまぶっつけ」で、相手の曳山と話し合うことを「交渉」と呼び、参拝などを終えた曳山は進行する目的がなくなり、進行の優先権がなくなってしまうそうです。

そして、進行の優先権がなくなった曳山は、他の曳山と鉢合わせしてしまった場合に、どちらを優先的に進行されるのか?交渉をするそうです。交渉が決裂した場合に、お互いの曳山をぶつけ合う「やまぶっつけ」で勝負を決めるといいます。

※ちなみに、参拝する際に行く道を「上り山」。参拝から帰る際に通る道を「下り山」と呼ぶそうで、実は「下り山が道を譲る」という礼儀作法があることから、上り山と下り山では、やまぶっつけは行われないそうです。

激しいぶつかり合いが見どころの「やまぶっつけ」ですが、特に参拝が終わったお祭り3日目の夜が1番多く見られるそうで、曳山の中には前年の遺恨から、相手を待ち伏せしてまで「やまぶっつけ」を仕掛けることもあるようです。

また、やまぶっつけの勝敗については、曳山をひく若者達の力が続く限り延々と行われ、中には夜明け近くまでぶつかり合いをすることもあるといいます。※体力的にも厳しいやまぶっかけは、連日行うことは難しいそうで、普通は3日目の夜だけに1回だけ行うことが多いそうです。

特に角館のお祭りの最終日はクライマックスにふさわしく、曳き手はもちろん、お囃子の演奏も最高潮に達するといいます。

やまぶっかけには、観光客に楽しんでもらうための「観光やまぶっつけ」も行われるそうで、8日の18時頃から始まるといいます。※18時~22時頃まで

いつ始まるのか分からない「やまぶっつけ」と違い、観光ぶっつけは時間が決まっていますので、踊りや芝居を見ながら楽しめるそうです。

角館のお祭りのアクセスは?

角館のお祭りのアクセスは、

◆電車でアクセスする場合
JR角館駅から徒歩ですぐ

◆車でアクセスする場合
秋田道大曲ICから国道105号経由で約40分

車で向かわれる際は、角館のお祭りでは無料の専用駐車場はなく、有料駐車場に停める必要があるそうです。

有料駐車場については、田町山駐車場・旧角高グラウンド駐車場・市営桜並木駐車場・仙北市健康管理センター横などの駐車場があるようで、普通車500円・中型車1000円・大型車2000円程となっているそうです。

しかし、角館のお祭りでは交通規制も実施されますので、特に仙北市健康管理センター横や田町山駐車場に停める場合は、交通規制の時間に注意してくださいね。※交通規制の場所や時間については ⇒ コチラから

・住所:秋田県仙北市角館町
・お問い合わせ:0187-43-3352
(角館のお祭り実行委員会)

まとめ

角館のお祭りの1番の見どころである「やまぶっつけ」ですが、実は2015年のお祭り最終日の夜に、やまぶっつけで死亡事故が起きてしまいました。

張番(はりばん)と呼ばれる、責任者の男性が2台の曳山に挟まれて亡くなり、張番はやまぶっつけを行う際にも絶対的な権限を持っていますが、ぶつけ合う前の交渉が終わっていないにも係わらず、張番の指示を無視して曳山を突進させたことが、事故の原因だといいます。

そして、この事故により角館のお祭りの開催も危ぶまれていましたが、2016年は無事開催されるそうです。

※2016年1月に事故の再発防止のため、安全講習会実施や泥酔者の参加禁止などを含め、新たに14項目のルールが追加されといいます。これらのルールは、物損行為の禁止・安全講習会の実施が柱となっており、角館のお祭り実行委員会などが現在、実現の可否を検討しているそうです。

そのため「やまぶっつけ」については、公式でやるという発表はないものの、「観光やまぶっつけ」については公式で開催されるそうです。

それでも、角館のお祭りは『国指定重要無形民俗文化財』に指定されるほど、伝統や歴史あるお祭りですので、マナーやルールを守りながら楽しく見学したいですね。

スポンサードリンク

 - 9月の行事 ,