お役立ち情報局~ありのままに~

気になるイベント&お役立ち情報を調査します

*

ハロウィンの起源やカボチャの意味は?日本で始まったのはいつ頃?

   

ハロウィン 起源近年、日本でも10月31日はハロウィンの日として、大きな盛り上がりを見せています。この日は街もハロウィン仕様に彩られ、仮装した方たちで賑わいを見せますが、そもそも日本でハロウィンが始まったのはいつ頃からでしょうか?

そこで今回は、ハロウィンの起源やカボチャを飾る理由などについて。さらに日本で始まったのはいつ頃なのか?詳しく調べてみました。

スポンサードリンク

ハロウィンの起源は?

ハロウィンの起源をさかのぼっていくと、古代ケルト人が行っていたお祭りに関係があるといいます。※古代ケルト人とは、中央アジアから馬や馬車などの乗り物を持ち、ヨーロッパに渡ったインド・ヨーロッパ語族ケルト語派の民族だそうです。

そして、ケルト人にとって1年の終わりが10月31日と考えられており、さらにこの日は夜になると、魔女やお化けなどが家にやって来るとも信じられていたそうです。この魔女やお化けを家に入れないようにするため、仮面を付けて魔物に扮しながらも、魔除けの御札を燃やしてお化け対策を行っていたといいます。

さらにお化け対策を行った翌日である11月1日には、司祭から聖なる炎を頂くことで、その年の家族の加護や秋の収穫を願ったといいます。

ケルト人が行っていたこの風習は、キリスト教が広まるにつれて少しずつ、キリスト教と同じような風習になっていったそうです。

カトリックのキリスト教では、11月1日が「諸聖人の日(万聖節)」ということで祝日になっており、諸聖人の日は全てのカトリックの聖人(キリスト教会が認定した、他のキリスト教徒の模範となるべき偉大な信者のこと)をお祝いする日ですが、この前日は「All Hallows eve」と呼んでいたといいます。

そして、このAll Hallows eveが訛って「Halloween(ハロウィン)」となったのが、ハロウィンの起源と言われているそうです。※カトリック以外のキリスト教では、呼び名は違うものの、11月1日は祝日となっているようです。

ハロウィンにカボチャを飾る理由は?

ハロウィンと言えば「カボチャ」が有名ですが、なぜカボチャが登場し、飾ったりするのでしょうか?

カボチャの中でもジャック・オー・ランタンといって、カボチャで作ったランタンが有名ですが、これはケルト人が魔女やお化けから身を守る「魔除けの炎」がアメリカに伝わった際に、「カボチャのランタン」として変化していったそうです。

また、カボチャのランタンが怖く作られている理由も、可愛く作ってしまうと魔女やお化けが怖がらなくなるからで、これもケルト人が行っていた魔除けの習慣の名残だといいます。

他にも、ハロウィンと言えば「仮装」も有名ですが、これもケルト人が行っていた魔除けの名残だそうです。

魔女やお化けなどの仮装=変装をすることで、お化けたちから見れば同類と見られ、見逃してもらえるようにするための仮装だといいます。※仮装をする習慣もアメリカに伝わったことで、怖い仮装よりも「楽しい仮装」へと変化していったようです。

そして、アメリカなどでは子供が仮装して、各家を周ってお菓子をもらう習慣があります。

この習慣もアメリカに渡った際に生まれたイベントだそうで、仮装した子供たちが各家を周った際に「トリックオアトリート」と言い、言われた人は「ハッピーハロウィン」と答えてお菓子をあげるのが習慣だといいます。

ちなみにトリックオアトリートは、「お菓子をくれないと、イタズラしちゃうぞ」という意味だそうで、しかしトリート=お菓子ではなく、トリート=招待や接待するという意味ですので、本来は「イタズラされるか?おもてなしするか?どっちが良いの?」という意味になるそうです。

このトリート=おもてなしするという意味が、子供たちをおもてなしする=お菓子をあげるという風習として、ハロウィンの定番イベントの1つとなっていったそうです。

スポンサードリンク

ハロウィンが日本で始まったのはいつから?

ハロウィンが日本で始まり、定着していったのは1990年代の後半頃からだそうです。

日本のハロウィン流行を作り出したのは、東京ディズニーランドが1997年に開催した「ディズニー・ハロウィン」というイベントがきっかけだといいます。

イベント当初は10月31日だけの限定イベントでしたが、このディズニー・ハロウィンがきっかけとなり年々規模が拡大すると、1999年には「ハッピーハロウィーン・トワイライト・パレード」が開催され、ミッキーマウスなどのキャラクターと共に、約400名のゲストが仮装してパレードを行ったそうです。

2001年頃になると1日限定イベントではなく、10月に開催される一大イベントとして定着し始め、今では9月上旬~10月末頃まで開催されるディズニーの目玉イベントとなっているそうです。

このことから、日本でハロウィンが始まり定着していったのは、ディズニーランドのイベントがきっかけとなり規模や認知度が拡大していった結果、秋の恒例イベントとして毎年行われるようになったといいます。

日本のハロウィンは、海外のハロウィンの雰囲気とは違い、コスプレパーティーのような独自イベントとなっているようです♪

まとめ

海外のハロウィンとは違い、独自の文化となりつつある日本のハロウィン。この日は仮装する・しないは別として、盛り上がる際はマナーだけは守るようにして、楽しいハロウィンの夜を過ごしていきたいですね♪

スポンサードリンク

 - 10月の行事 ,